WordPressのログイン時のツールバー

WordPress

WordPressウィジェット内でPHPコードが使用できるプラグイン「PHP Code Widget」

個人的にとてもうれしいプラグインを発見したので備忘録がてらメモしておきます。WordPressのウィジェット内でPHPのコードを使用できるようにしてくれるプラグイン「PHP Code Widget」です。これを使えばウィジェット内に自分の好きなPHPのコードを記述できます。

[ads_center]

使い方

まずは管理画面のプラグイン新規追加から「PHP Code Widget」を検索してインストール&有効化します。

PHP Code Widgetインストール&有効化

次に管理画面のウィジェットへ行ってみると、「PHP Code」というのが追加されています。

PHP Codeが追加

あとは、通常どおり使用したい箇所へドラッグ&ドロップして、ボックス内に自分の好きなPHPコードを記述することができます。

好きなPHPコードを記述

このように、特に難しい設定とかも全然ないのでシンプルでとても使いやすいですね。ウィジェットで色々と管理したい方は、これを入れるとできることの範囲が広がるのでオススメです。

指定した色を基準にグラデーションから好きな色を選択できる「0to255」前のページ

薄くて軽い!外付けHDD「カクうす9 – 500GB HDPX-UT500S」レビュー(フォーマット〜データ移行)次のページ

関連記事

  1. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでアイキャッチ画像のサイズによって出力を振り分ける条件分岐のやり方

    WordPressでアイキャッチ画像をサイズ別で出力を振り分ける条件分…

  2. WordPress

    WordPressの公式ロゴマークは公式サイトでダウンロードすることができる

    何気なくWordPress公式サイトを見ていたら、WordPressの…

  3. Broken Link Checker

    WordPress

    リンク切れをチェックできるWordPressプラグイン「Broken Link Checker」

    そういえば自分のサイトでリンク切れのチェックをしたことがなかったので、…

  4. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでカテゴリーとタグのリストを一緒に出力して表示させるやり方

    色々と悩んだ結果、これが一番手っ取り早くて簡単だったのでメモしときます…

  5. WordPress

    WordPressでマルチサイト化した時にアイキャッチ画像の設定が表示されない

    ローカル環境でWordPressをマルチサイト化してみたところダッシュ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. メキシコ オアハカ
  2. ドリップ
  3. チェリー
  4. 温泉水99

アーカイブ

PAGE TOP