WordPress

メトロスタイルなSNSアイコンをウィジェットで実装できるWordPressプラグイン「Metro Style Social Widget」

Metro Style Social WidgetというWordPressプラグインを使ってみたらとてもいい感じだったのでご紹介します。メトロスタイルのSNSアイコンをウィジェットで管理・実装することができます。見た目もかっこよくてオススメです。

[ads_center]

Metro Style Social Widgetの使い方

実際に使ってみると、こんな感じで簡単にSNSアイコンを表示させることができます。Facebook、Twitter、Google +、YouTube、RSSといった色々なメジャーなアイコンがあります。

Metro Style Social Widgetの使い方

使い方はとても簡単です。Metro Style Social Widgetをインストールして有効化したら、ウィジェットに入れるだけです。各SNSのアカウントIDやRSSのURLもウィジェットで設定できるようになっています。

サイドバーやフッターなんかにウィジェットエリアを作っていれば簡単に移動させることもできるので管理もしやすいですね。

ちなみに、個別に使わないアイコンは非表示にするといったこともできます。以下の「don’t show ○○○」にチェックを入れるとそのアイコンは表示されなくなります。

使わないアイコンを非表示

というわけで、メトロスタイルなSNSアイコンを実装できるMetro Style Social Widgetの使い方でした。

関連記事

  1. WordPress

    WordPressのContact Form 7にCAPTCHAを導入するためのプラグイン「Real…

    WordPressのお問い合わせフォーム(Contact Form 7…

  2. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで現在のページのカテゴリー名を出力するにはsingle_cat_titleを使う

    WordPressで現在開いているページのカテゴリー名を出力したい時は…

  3. WordPress

    プラグインを使わないでWordPressにページナビを実装してみる

    WordPressのトップページなどの一番下によくあるページナビをプラ…

  4. WordPressテーマ「Ignite」

    WordPress

    レスポンシブ対応のクリーン&エレガントなフリーのWordPressテーマ「Ignite」

    個人的にとてもいいなーと思ったWordPressテーマがあったのでメモ…

  5. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで現在のページのタグ名を出力するにはsingle_tag_titleを使う

    先日「WordPressで現在のページのカテゴリー名を出力するにはsi…

  6. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでカテゴリーとタグのリストを一緒に出力して表示させるやり方

    色々と悩んだ結果、これが一番手っ取り早くて簡単だったのでメモしときます…

最近の記事

  1. スタンスミス(EDIFICE/IENA別注)
  2. WI-1000XM2
  3. mill オイルヒーター
  4. Anker PowerWave 10 Pad & Stand セット

アーカイブ

PAGE TOP