CASEKOO iPhoneクリアケース

買いもの

CASEKOOのiPhoneクリアケース

先日うっかりポケットからiPhoneが落下し、その衝撃で背面ガラスが割れてしまうというアクシデントにみまわれた。残念だけど、まあフロントの液晶は無傷だったし買い替えせずにこのまま使うことにする(どうせもう少しで新型iPhoneが発売されるだろうし)。そんなわけで背面ガラスに大きな、かつ節々に細かなヒビができてしまったのでクリアケースでも装着し、ひどく痛んだ背面ガラスから手を保護することにした(そのまま使いつづけても大丈夫そうだけど、念のため)。クリアケースにブランドだとか機能だとか値段だとかとくにこだわりはなかったため、てきとうにAmazonで上位表示されたものを購入する。CASEKOOというクリアケースがおすすめとしてヒットした。というわけでこのCASEKOOを購入し、到着し、開封し、装着してはみたものの、どうもケース内に不自然な遊びがあり、上下に揺するとiPhoneがなかでカタカタ動くというハプニングが発生する。はて、どうしたものかと首をひねりながらケースに装着されたiPhoneをしげしげと見つめると、どうやら上部(もしくは下部)に3、4mmのすきまを確認することができた。つまりフィット性に問題ありというわけです。でもAmazonのおすすめに選出されてるし、レビュー評価だってかなり高いし、問題が起こりうるとしたら自分側になにか落ち度があるはずだと感じ、注意深く考えこんでみたところ、これiPhone 12 Pro用だった。どうやら僕は自分のiPhoneが12 Proだと勘違いしていたらしい。よくよく思いかえしてみるとiPhone 11 Proでした……。どうりでうまくケースと馴染まないわけだ。うっかりiPhoneを落下させ、うっかりべつのケースを購入するというなんともまぬけな一連のできごとに我ながら開いた口がふさがらない。あらためてiPhone 11 Pro用のケースを購入しようか迷ったけれど、まあ強めに揺さぶっても外れるほどズレたフィット感ではないのでもうこのまま使いつづけることにした。ちなみにクリアケースとしての品質はなかなか上等なものに感じる。ほどよくしなやかで着脱しやすく、四隅に備わるAIRクッションのおかげで強度も申し分ありません。コンクリートや砂利に落としても大丈夫みたい。最初からiPhoneにこれをつけとけば背面ガラスが割れることもなかったんだろうな。まあでも今後はこれを機に新しいiPhoneにはしっかりとケースを……つけないな。やっぱりiPhoneは裸で使いたい。人は失敗から学び、そうやって成長していく姿が健全だとは思うけど、その失敗の代償と回避をてんびんにかけたとしてもこの件について、僕としては受け入れることはできそうにない。そしていつの日かふたたび同じ過ちを繰りかえすのだろうな……。

デザートブーツクラークス(デザートブーツ)のお手入れ前のページ

3種のきのことチキン 石窯フィローネ次のページ3種のきのことチキン 石窯フィローネ

最近の記事

  1. ドリップコーヒー
  2. コールドブリューコーヒー
  3. カマキリ
  4. チキンサブジ
  5. trolox(トロロックス)
PAGE TOP