スイセンの芽

雑記

春の訪れ

オレンジ色の朝日が燦々とまぶしく顔に差しこんでくるなか朝の日課である散歩にくりだす。遠くの景色を見つめながら伸びをして新鮮な空気を肺いっぱいに送りこみApple Watchのワークアウト(屋外ウォーキング)を起動させ、一歩また一歩と足をまえに進めてゆく。いままで散歩中に音楽を聴いたりニュースを流したりしていたけれど最近はなにも聴かずにただ静かなまわりの環境音に耳を澄ませながら、なにを考えるともなくてくてくと歩くのが好きだ。今日は芝生のうえに一羽の山鳩がポツンと立っていて僕がそちらへ近づいていくと(べつに山鳩に興味があったわけではなく散歩コース上にいたので……)びっくりしたように反対方向へバサバサと飛んでいった(こっちがびっくりするわ)。山鳩が飛び去ったあと、ふと地面に目をうつすとスイセンの芽がちょこちょこと生えていておもわず春の訪れを感じてしまった。いままで真っ白だった地面も少しずつ草と土がその領域を拡大し、どっしりと腰を据えていた重い雪のかたまりは隅っこに追いやられていた。ひさしぶりに芝生のうえを歩くとふかふかしてこんなにも歩きやすいのかとちょっとした感動につつまれた。すべって転ぶ心配もなく安心して足を踏みこんでいける。朝の散歩だけ防寒用のシューズを履くのだけど(寒すぎてふつうの靴だとしもやけになるのです)これからはもうふつうの靴でも問題なさそうだ。いつもどおり厚着してきたせいで今日は散歩中だいぶ暑かった。でも明日はまた雪マークがついていて気温も今日より下がるらしい。春がきたと思ったらまた冬が戻ってきたりとせわしない気候にいささか呆れてしまうのだけど、おそらく今回が最後の冬になるんじゃないかと勝手に想像している。3月に入ればきっとぽかぽかするだろうし、4月になればあのスイセンだって、なんなら桜だって満開に咲くはずだ。寒くて暗い冬をしっかり体感するからこそ春のあたたかみに感謝の念がわくのだろう。

デコポンとみかんデコポンとみかん前のページ

さくら咲くサク フラペチーノ次のページさくら咲くサク フラペチーノ

最近の記事

  1. バレンシア風パエリア
  2. フロランショコラサンド
  3. マーナのfit歯ブラシ(カーブ)
  4. ドリッパー
PAGE TOP