WordPressのログイン時のツールバー

WordPress

the_tagsを使ってWordPressの投稿タグを表示させたり表示形式を替えたりしてみる

WordPressで各記事につけた投稿タグを表示させたい場合にはthe_tags()を使えば簡単に表示させることができます。この時に引数にパラメータを渡すことで区切り文字を替えたりHTMLのタグを追加したりといったことができます。ちょっと表示形式を変更したいなーといった時でもこれを指定するだけで簡単に変更できるので結構お手軽かと思います。以下、具体的な使い方です。

[ads_center]

the_tagsの使い方

基本的にはこんな感じで使用します。

<p><?php the_tags(); ?></p>

これで次のようなHTMLを出力します。ちなみに以下はタグが複数ついていた場合です。

<p>タグ: <a href="..." rel="tag">タグ01</a>, <a href="..." rel="tag">タグ02</a></p>

デフォルトでは複数タグがついている場合には「,」で区切られます。先頭には「タグ: 」という文字がつけられます。別にこれでもいいんですが、もうちょっとカスタマイズしたいという場合は次のようなパラメータを渡すことで簡単に変更できます。

the_tags('前', '区切り文字', '後');

例えば、デフォルトの「タグ: 」を「Tags: 」に変更したい場合はこんな感じで指定します。

<?php the_tags('Tag: '); ?>

さらに区切り文字を「,」から「|」に替えたい場合には以下のように第二引数に指定します。

<?php the_tags('Tag: ', '|'); ?>

HTMLを追加したいっていう場合もあるかと思います。例えばulでリスト化したいっていう場合にはこんな感じで指定してあげるといいです。

<?php the_tags('<ul><li>',', </li><li>','</li></ul>'); ?>

なかなか自由度があって使いやすいかと思います。

参考サイト

ボタン1つでCSSファイルを軽量化!圧縮や整形が簡単にできる「csCSSc」前のページ

jQueryで好きな要素を浮遊させることができるプラグイン「jqFloat」を使ってみた次のページ

関連記事

  1. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで現在のページのタグ名を出力するにはsingle_tag_titleを使う

    先日「WordPressで現在のページのカテゴリー名を出力するにはsi…

  2. WordPress

    WordPressの管理画面にメモを残せるプラグイン「Quick Notes on the WP D…

    おもしろいプラグインを試してみました。おもしろいというかとても便利だな…

  3. WordPressで投稿IDを指定した記事をランダム表示

    WordPress

    WordPressで複数の投稿ID(記事ID)を指定した記事をランダムで表示させるやり方

    個人的にやってみたかったので備忘録。WordPressで自分が作った関…

  4. WordPress

    プラグインを使わないでWordPressにページナビを実装してみる

    WordPressのトップページなどの一番下によくあるページナビをプラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 甘柿
  2. 冬用のふとん
  3. 田沢湖
PAGE TOP