WordPress

WordPressのショートコードをテンプレート(テーマ)内で使用したい時のやり方

WordPressのショートコードってとても便利ですよね。
AddQuicktagに登録しておくと記事を書いてる時にもボタン一つ押すだけで目的のものを表示させたりすることができます。で、そのショートコードを今回はテンプレート(テーマ)内で使うやり方の備忘録です。何気に使う機会があるので記事として残しておきます。

[ads_center]

ショートコードをテンプレート内で活用

まずは普通にショートコードを作成するようにfunctions.phpに適当なショートコードを作ってみます。とりあえず今回はTwitterアカウントを表示させるショートコードを作ってみました。

// Twitterアカウントを出力
function twitter_account(){
    return '<a href="Twitterアカウントのリンク">アカウント名</a>';
}
add_shortcode('show_twitter', 'twitter_account');

一般的な新規投稿画面で使う時は以下のようにして使っていました。

[show_twitter]

これだけで記事の本文内でいつでも好きな時に呼び出せます。

これをテンプレート内で表示させたい場合には、表示させたい場所に以下のように記述するだけです。

// Twitterアカウントを表示
<?php echo do_shortcode('[show_twitter]'); ?>

これで、自分のTwitterアカウントのリンクが貼られたアカウント名が、テンプレート内で表示されます。

といった感じでこれはあくまで一例にすぎないのですが、応用次第でとても便利に活用できそうですね。よく使いそうなものをショートコードに登録しておけば新規投稿画面でも簡単に使うことができるので登録しておくといいかもです。

一般的な、投稿画面でのショートコードの使い方は以前書きましたのでそちらも合わせてどうぞ。

関連記事

  1. WordPress

    WordPressのシングルページで前後の投稿やページ分割のリンクを出力

    WordPressのシングルページで記事の最後に「前の投稿」や「次の投…

  2. WordPress

    WordPressでトップページのURLを変更する方法

    WordPressでWebサイトを作成した時にトップページのURLを「…

  3. ベストなWordPressテーマ集

    WordPress

    無料&有料のベストなWordPressテーマ集(2014年8月)

    ベストなWordPressテーマ集(無料&有料、2014年8月)「Be…

  4. Monsterrat

    WordPress

    ミニマルなポートフォリオに最適なWordPressテーマ「Monsterrat」

    ミニマルなデザインのポートフォリオを作りたい時に最適なWordPres…

  5. WordPressアップデートでアイコンが表示されない時の対処方法

    WordPress

    WordPress 3.8のアップデートで管理画面のアイコン画像が上手く表示されない時の対処方法

    先程、WordPress 3.8にアップデートしたら管理画面の上部バー…

  6. WordTwit

    WordPress

    WordTwitの設定方法や日本語化してからの使い方について

    WordTwitはWordPressで記事を投稿した時に自動でツイート…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. macOS Mojaveのダークモード
  2. Olli
  3. 単語帳メーカー(Flashcard Maker App)
  4. 1Password 7

Facebookページ

PAGE TOP