WordPress

WordPressのショートコードをテンプレート(テーマ)内で使用したい時のやり方

WordPressのショートコードってとても便利ですよね。
AddQuicktagに登録しておくと記事を書いてる時にもボタン一つ押すだけで目的のものを表示させたりすることができます。で、そのショートコードを今回はテンプレート(テーマ)内で使うやり方の備忘録です。何気に使う機会があるので記事として残しておきます。

[ads_center]

ショートコードをテンプレート内で活用

まずは普通にショートコードを作成するようにfunctions.phpに適当なショートコードを作ってみます。とりあえず今回はTwitterアカウントを表示させるショートコードを作ってみました。

// Twitterアカウントを出力
function twitter_account(){
    return '<a href="Twitterアカウントのリンク">アカウント名</a>';
}
add_shortcode('show_twitter', 'twitter_account');

一般的な新規投稿画面で使う時は以下のようにして使っていました。

[show_twitter]

これだけで記事の本文内でいつでも好きな時に呼び出せます。

これをテンプレート内で表示させたい場合には、表示させたい場所に以下のように記述するだけです。

// Twitterアカウントを表示
<?php echo do_shortcode('[show_twitter]'); ?>

これで、自分のTwitterアカウントのリンクが貼られたアカウント名が、テンプレート内で表示されます。

といった感じでこれはあくまで一例にすぎないのですが、応用次第でとても便利に活用できそうですね。よく使いそうなものをショートコードに登録しておけば新規投稿画面でも簡単に使うことができるので登録しておくといいかもです。

一般的な、投稿画面でのショートコードの使い方は以前書きましたのでそちらも合わせてどうぞ。

jQueryでウィンドウサイズによって処理を変えるjQueryでオブジェクトの型を取得して判定などをしたい場合はjQuery.type()を使う前のページ

CSSでテキストを円や波のように配置してくれるジェネレーター「CSSWARP」を使ったみた次のページ

関連記事

  1. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressのthe_tagsで「タグ:」というデフォルトの表記を削除するやり方

    WordPressでthe_tags()を出力するとタグの前に「タグ:…

  2. WordPress

    WP-DBManagerを使ってWordPressのバックアップを取ってみる

    WordPressのバックアップをプラグインのWP-DBManager…

  3. WordPressのログイン時のツールバー
  4. WordPress

    WordPressの管理画面にメモを残せるプラグイン「Quick Notes on the WP D…

    おもしろいプラグインを試してみました。おもしろいというかとても便利だな…

  5. WordPress

    wp_nav_menuでWordPressのカスタムメニューを表示させる

    カスタムメニューを試していたら改めて便利だなと思ったのでメモしときます…

  6. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで現在のページのカテゴリー名を出力するにはsingle_cat_titleを使う

    WordPressで現在開いているページのカテゴリー名を出力したい時は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. クリニカのY字タイプのフロス
  2. 日和山公園の桜
  3. 成城石井 フレンチロースト
  4. COMOLI カシミアシルクニットパーカ
  5. 橋

アーカイブ

PAGE TOP