jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

JavaScript

jQueryでオブジェクトの型を取得して判定などをしたい場合はjQuery.type()を使う

jQuery.type(obj)を使えばオブジェクトの型を知ることができるみたいです。取得した型を判定して、処理を分けたりといった時などに役立ちそうな感じですね。ということでさっそく使ってみました。使い方は引数に何か値を入れるだけです。以下サンプルコードです。

[ads_center]

jQuery.type(obj)

こんな感じで色々と引数に値を入れてみると、その型を取得できます。

var valueType = $.type("aaa");
alert(valueType); // string

var valueType = $.type(123);
alert(valueType); // number

var valueType = $.type(true);
alert(valueType); // boolean

var valueType = $.type([]);
alert(valueType); // array

var valueType = $.type({});
alert(valueType); // object

配列やオブジェクトに入れた値の型を1つずつ判定して何か処理をしたい場合は以下のようにすればいいですね。

配列

var arr = ["aaa", 123, true, [], {}];
$.each(arr, function(i, value) {
    var valueType = $.type(value);
    if(valueType === "string") {
        $('<p />').text("arr[" + i + "](" + value + ")は" + "stringです").appendTo('body');
    } else if(valueType === "number") {
        $('<p />').text("arr[" + i + "](" + value + ")は" + "numberです").appendTo('body');
    } else if(valueType === "boolean") {
        $('<p />').text("arr[" + i + "](" + value + ")は" + "booleanです").appendTo('body');
    } else {
        $('<p />').text("arr[" + i + "]" + value + "は" + valueType + "です").appendTo('body');
    }
});

// 実行結果
// arr[0](aaa)はstringです
// arr[1](123)はnumberです
// arr[2](true)はbooleanです
// arr[3]はarrayです
// arr[4][object Object]はobjectです

オブジェクト

var obj = {
    key1: "aaa",
    key2: 123,
    key3: true,
    key4: [],
    key5: {}
};
$.each(obj, function(i, value) {
    var valueType = $.type(value);
    if(valueType === "string") {
        $('<p />').text("obj[" + i + "](" + value + ")は" + "stringです").appendTo('body');
    } else if(valueType === "number") {
        $('<p />').text("obj[" + i + "](" + value + ")は" + "numberです").appendTo('body');
    } else if(valueType === "boolean") {
        $('<p />').text("obj[" + i + "](" + value + ")は" + "booleanです").appendTo('body');
    } else {
        $('<p />').text("obj[" + i + "]" + value + "は" + valueType + "です").appendTo('body');
    }
});

// 実行結果
// obj[key1](aaa)はstringです
// obj[key2](123)はnumberです
// obj[key3](true)はbooleanです
// obj[key4]はarrayです
// obj[key5][object Object]はobjectです

ということで、型を知りたい時にはとても便利ですね。以下のサイトが参考になりました。

JavaScriptの関数のスコープについてちょっと確認してみる前のページ

WordPressのショートコードをテンプレート(テーマ)内で使用したい時のやり方次のページ

関連記事

  1. no-image
  2. CaptionerJs

    JavaScript

    画像に開閉できるキャプションを実装できるjQueryプラグイン「CaptionerJs」

    CaptionerJsは画像に開閉できるキャプションを実装することがで…

  3. jQuery Scrollify

    JavaScript

    セクションごとにスクロールしてくれる「jQuery Scrollify」

    jQuery Scrollifyはセクションごとにスクロールしてくれる…

  4. no-image

    JavaScript

    シンプルなイメージカルーセルを実装できる「Boishakh carousel」

    Boishakh carouselはシンプルなイメージカルーセルを実装…

  5. Micromodal.js

    JavaScript

    アクセシブルで軽量なモーダルダイアログを実装できる「Micromodal.js」

    Micromodal.jsは、アクセシブルでファイル容量も軽量なモーダ…

  6. curtains.js

    JavaScript

    カーテンがヒラヒラ動くようなテクスチャ面を実装できる「curtains.js」

    curtains.jsはカーテンがヒラヒラと波打つ動きのようなテクスチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 冬用のふとん
  2. 田沢湖
  3. ゴムの耳栓
  4. ライオンコーヒー(バニラマカダミア)
PAGE TOP