WordPress

Google XML SitemapsプラグインでWordPressにサイトマップ作成

WordPressにはロボット向けのXMLサイトマップを自動生成してくれるプラグインがあります。ロボット向けXMLサイトマップってどうやって作るの?と言う人でもこれを使えば一発です。

[ads_center]

Google (XML) Sitemaps Generator for WordPressの使い方

まずは下記のリンクからダウンロードします。

Google XML Sitemaps

手順

  1. 上記リンクよりダウンロードしてプラグインを有効化します。
  2. ダッシュボードの設定の中にXML-Sitemapという項目が現れるのでクリックします。
  3. 画面上部にサイトマップがまだ構築されていないというメッセージがあるのでクリックして作成。
  4. ルートディレクトリにsitemap.xmlとsitemap.xml.gzのファイルが作られたのを確認したらその2つのファイルのパーミッションを666(書き込み可能)に変更します。
  5. sitemap.xmlとsitemap.xml.gzに無事書き込まれているのが確認できればOKです。

サイトマップの設定

設定には色々な項目がありますが必要に応じて設定します。僕が設定したのは以下のとおりです。

  • 「優先順位を自動的に設定しない」にチェック(デフォルトではコメント数になっているがコメントが全くないので…)
  • 「カテゴリーページを含める」にチェック(デフォルトではチェックされていない)
  • 投稿(個別記事)を「毎日」に変更
  • 優先順位の数値で固定ページを下げて投稿(個別記事)を上げる

以上です。これが正しいのかさっぱりわかりませんがとりあえずこれでやってみます。

関連記事

  1. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでプラグインなしで関連する記事を一発で呼び出す関数をfunctions.phpに記…

    WordPressのシングルページで、よく記事の終わりにその記事に関連…

  2. WordPress

    WordPressで指定した固定ページを読み込む方法

    WordPressで例えばトップページに自分の指定した固定ページを読み…

  3. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで投稿スラッグを指定して特定の記事だけを表示させる関数を作ってみた

    意外と使う機会があるのでメモがてらご紹介します。WordPressで特…

  4. WordPress

    WordPressでコメント欄などに表示されるアバター「Gravatar」に登録してみる

    毎回、今更感全開の記事ですが時間が少しあったのでGravatarに登録…

  5. WordPressのログイン時のツールバー
  6. WordPress

    WordPressでカスタムフィールドを使って任意のコードやファイルをhead内に読み込ませる

    以前「WordPressで特定の記事やページにカスタムフィールドで指定…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. KPS-88
  2. Happy Plugs AIR1
  3. cheero Stream 10000mAh
  4. BOSE HOME SPEAKER 300
  5. RP-PC112

アーカイブ

PAGE TOP