HTML

HTML5の構文とアウトラインをチェックしてくれるツール

話題のHTML5で作られたWebサイトをチェックしてくれる便利なツールを使ってみました。今後もHTML5で作る機会が増えそうなのでこのツールを使いながらチェックしていきたいと思います。

[ads_center]

構文のチェック

使い方は、「Address」と書いてあるボックスにチェックしたいURLを入れて「Validate」をクリックするだけです。画像やソースも一緒に表示させたい場合は「Show Image Report」と「Show Source」にチェックを入れます。Validator.nu (X)HTML5 Validator

Validator.nu (X)HTML5 Validator

アウトラインチェック

アウトラインのチェックツールは2つありました。個人的にはGoogle Chromeのアドオンの方がその場にいながらワンクリックでチェックできるので楽かなと。

HTML5 Outliner (Google Chrome)

インストールするとURL欄にアウトラインをチェックするボタンが追加されます。(HTML5で作られたサイトでないとボタンが表示されない)google-chrome-html5-Outliner-20110905こんな感じでサクッとチェックできます。

HTML5 Outliner

HTML 5 Outliner

こちらもアウトラインをチェックできます。画面いっぱいにアウトラインが表示されるのが特徴です。

HTML 5 Outliner

Google XML SitemapsプラグインでWordPressにサイトマップ作成前のページ

MacのFTPソフト「Cyberduck」を試してみる次のページ

最近の記事

  1. クラブハウスサンド 石窯カンパーニュ
  2. 2022.08.9

  3. 柿の実
  4. Evernoteで文字にリンクを埋めこむ
  5. 割れたiPhoneの背面ガラス
PAGE TOP