WordPress

WP-DBManagerを使ってWordPressのバックアップを取ってみる

WordPressのバックアップをプラグインのWP-DBManagerを使用して取得するやり方です。なんか急にバックアップ取らなきゃ!って思い立ったたので入れてみました。WordPressでデータベースのバックアップを取る方法は2つありまして、phpMyAdminを使うやり方と、今回紹介するWP-DBManagerのプラグインを使ったやり方があります。僕はWordPressの管理画面からバックアップを取りたかったのと、データベースを最適化したかったのでそれが両方できるプラグインを使うことにしました。それとこのプラグインは英語なのですが、日本語版(言語ファイル)も提供されているのでそういった意味でも安心して使っていけるかと思います。

[ads_center]

WP-DBManagerのインストールから設定、日本語対応までの流れ

まずはWP-DBManagerをインストール、または以下のサイトよりダウンロードしてwp-content/pluginsディレクトリにアップロードして「有効化」します。

するとなにやら赤枠で囲まれた警告的なボックスが表示されます。WP-DBManager-1どうやらバックアップフォルダが外部から見られる可能性があるということみたいです。この警告を削減するにはwp-dbmanagerディレクトリの中にある.htaccessをwp-content/backup-dbディレクトリに移動させなけらばなりません。実際にはwp-dbmanagerディレクトリの中にあるのは.htaccessではなくてhtaccess.txtになっているのでこれをbackup-dbディレクトリに移動させて、名前を.htaccessに変更します。そして管理画面に戻りリロードしてみると赤枠の警告が消えています。

WP-DBManagerを日本語に対応せさる

日本語に対応させるために、下記のサイトからWP-DBManager[v2.20] 日本語版をダウンロードします。

ファイルを解凍したら以下の2つのファイルをwp-dbmanagerディレクトリにアップロードします。

  • wp-dbmanager.pot
  • wp-dbmanager-ja.mo

そしてまた管理画面に戻りリロードしてみると英語の項目が日本語に変換されています。WP-DBManager-2これで、無事日本語に対応させることができました。あとはDBバックアップとDB最適化をして無事終了です。

関連記事

  1. WordPress

    ブログの編集作業が捗るWordPressプラグイン「AddQuicktag」

    すごく便利なプラグイン「AddQuicktag」を使ってみました。なん…

  2. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでカテゴリーとタグのリストを一緒に出力して表示させるやり方

    色々と悩んだ結果、これが一番手っ取り早くて簡単だったのでメモしときます…

  3. WordPress

    MAMP(インストール済)でWordPressをローカル環境で動かすまでの簡単な手順

    久しぶりにMAMPを使って新しいWordPressのローカル環境を作っ…

  4. WordTwit

    WordPress

    WordTwitの設定方法や日本語化してからの使い方について

    WordTwitはWordPressで記事を投稿した時に自動でツイート…

  5. WordPress

    WordPressで指定した固定ページを読み込む方法

    WordPressで例えばトップページに自分の指定した固定ページを読み…

  6. WordPress

    ローカル環境のMAMPでWordPressをマルチサイト化してみる

    素人なので半日も悩んじゃいました。ローカルでWordPressをマルチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. プラスシェル シティ04 フォールディングカメラケース
  2. enerpad AC-27KS
  3. KMS-160

アーカイブ

PAGE TOP