Web Service

あとで読むiPhoneアプリ「Read It Later」の基本的な設定や簡単な使い方

あとで読むためのiPhoneアプリ「Read It later」が流行っているみたいなんでどんなもんか使ってみたらかなりいい感じでした。というか最初はさっぱりと言っていいほど使い方がわかんなかった…でも最初の設定さえすればあとはサクサク動作するのでとても快適ですね。Read It Laterには無料版と有料版がありますが僕は有料版(現時点では¥250)にしました。とりあえず簡単な使い方です。

[ads_center]

Read It Laterを使うための基本的な設定


追記(2012.04.18)
Read it Laterが新しくPocketという名前でリニューアルされたので以下をどうぞ。

僕はまだiPhoneでしか使ってないのでとりあえずその初歩的な設定です。基本はiPhoneにデフォルトで入っているサファリのブックマークに組み込みます。なのでサファリからあとで読みたい記事を登録していくという流れになります。

  • まずはRead It Laterを起動する
  • 左下のAdd「+」をクリックして選択readitlater-20111123-1
  • MOBILE SAFARIをクリックして選択readitlater-20111123-2

そうすると次の2つの項目がでてきます。

readitlater-20111123-3

  1. Install the Read It Later Bookmarklet
  2. Install the Tap to Save Bookmarklet

今回はこの2つを設定します。どちらもiPhoneのサファリのブックマークに組み込まれます。

まずはInstall the Read It Later Bookmarkletを設定する

以下、設定手順です。

  1. Install the Read It Later Bookmarkletをクリックして選択します。
  2. サファリが起動されるのでLet’s do it!を選択readitlater-20111123-4
  3. readitlater-20111123-5で「ブックマークに追加」
  4. 次にreaditlater-20111123-6をクリックして「編集」→「Read It Later」を選択
  5. アドレス欄のボックス内をxで削減
  6. アドレス欄を長押しすると「ペースト」と出るのでペーストするreaditlater-20111123-7
  7. JavaScriptのコードがペーストされたら完了

これでサファリのブックマークにRead It Laterが追加されます。

Read It Laterの使い方

基本的にはこんな感じで使用します。

  1. まずはあとで読みたい記事をサファリで開きます。
  2. readitlater-20111123-6をクリックして「Read It Later」を選択
  3. するとこんな感じにSaveされますreaditlater-20111123-8
  4. Read It Laterのアプリを起動します。
  5. Reading Listを選択すると先程の記事が入っています。readitlater-20111123-9

こんな感じであとで読みたい記事をReading Listに追加していきます。

Install the Tap to Save Bookmarkletを設定してみる

設定に関しては上記とほぼ一緒です。

  1. Install the Tap to Save Bookmarkletとクリックして選択
  2. サファリが起動されるのでLet’s do it!を選択
  3. readitlater-20111123-5をクリックして「ブックマークに追加」
  4. 次にreaditlater-20111123-6をクリックして「編集」→「Tap to Save」を選択
  5. アドレス欄のボックス内をxで削減
  6. アドレス欄を長押しすると「ペースト」と出るのでペーストする
  7. JavaScriptのコードがペーストされたら完了

これでサファリのブックマークにTap to Saveが追加されます。

Tap to Saveの使い方

これはもうめちゃくちゃ便利です。最初のと何が違うの?という感じですが、例えばはてなブックマークのサイトを例にしてみます。

  1. サファリではてなブックマークのサイトを開く
  2. readitlater-20111123-6をクリックして「Tap to Save」を選択
  3. そして、あとで読みたい記事をかたっぱしから選択していく
  4. クリックするとこんな感じで「Saving」と表示されますreaditlater-20111123-10
  5. どんどん「Save」されます

あとはアプリのRead It Laterを起動してReading Listを見てみると先程選択した記事が入っています

readitlater-20111123-11

ちゃんと入ってる!

とりあえずここまで使ってみて

Tap to Saveはちょっと感動しちゃいました。ニュースサイト、はてなブックマークみたいなサイトであとで読みたい記事がある場合はこれで片っ端からReading Listに入れておけばとても便利かと思います。動作も速いので使っていてストレスも特にありません。まだまだ他にもFirefoxのアドオンの機能など色々と便利なやり方もあるみたいなので時間があればまたそっちも試してみようかと思います。

シングルページに同一カテゴリーの記事一覧を表示するカスタマイズ前のページ

WP-DBManagerを使ってWordPressのバックアップを取ってみる次のページ

関連記事

  1. Pocketのショートカットキー

    Web Service

    Pocket(Macアプリ・Webブラウザ)で便利なショートカットキー

    あとで読むサービスでお馴染みのPockeで日頃からよく使う便利なショー…

  2. CSS Gradient Animator

    Web Service

    CSSでグラデーション背景を変化させるコード作成ジェネレーター「CSS Gradient Anima…

    CSSで変化するグラデーション背景を作成したい時に役立つジェネレーター…

  3. placekitten

    Web Service

    Webサイト作成時に可愛い猫のダミー画像を用意してくれる「placekitten」

    とても素敵なWebサービスがあったのでご紹介します。Webサイトを作成…

  4. Web Service

    CSSで簡単に三角形を作ってくれるChrome拡張機能「CSS三角形作成ツール」

    ちょっと面白かったのでご紹介します。Chromeの拡張機能で、CSSで…

  5. Streaksで特定の曜日をスキップ

    Web Service

    継続日数をカウントできるiPhoneアプリ「Streaks」で特定の曜日をスキップさせるやり方

    普段、何か継続・習慣化させたい事がある場合にはiPhoneアプリの「S…

  6. Web Service

    CSSで使えるカラーネームの一覧を見やすく表示してくれる「147 Colors」

    覚えておくと便利そうだったのでメモしときます。CSSでも使える147種…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. EOS R6
  2. EOS R5
  3. Anker PowerExpand Direct 6-in-1 USB-C PDメディアハブ

アーカイブ

PAGE TOP