WordPress

WordPressで自分だけのショートコードの作り方

WordPressのショートコードが便利なのでちょこちょこ使い始めてます。とても簡単に自分に好きなショートコードを作ることができるので今後も重宝しそうです。基本的な作り方をメモしときます。

[ads_center]

基本的なショートコードを作ってみる

以下のようなコードをfunctions.phpに追加して簡単にショートコードを作ることができます。

function my_shortcode() {
    return "簡単なショートコードを作成しました";
}
add_shortcode('sample', 'my_shortcode');

そして管理画面の投稿から以下を入力します。

[sample]

これを使えば定型文やアドセンスなんかを登録したりもできるので便利です。

引数を渡せるようにする

ショートコードには引数も渡せることができます。これさえあれば例えば専用のclassをつけたdt、ddなどのタグを毎回たくさん書かなければならないといった時でも楽に書けるようになります。

function my_shortcode($atts) {
    extract(shortcode_atts(array(
        'dt' => 'タイトル',
        'dd' => '詳細',
    ), $atts));
    return '<dt class="class1">' . $dt . '</dt><dd class="class2">' . $dd . '</dd>';
}
add_shortcode('sample', 'my_shortcode');

そして投稿画面から以下のように入力します。

<dl>
[sample dt="タイトル1" dd="詳細1"]
[sample dt="タイトル2" dd="詳細2"]
[sample dt="タイトル3" dd="詳細2"]
    ・
    ・
    ・
</dl>

こんな感じいくつでも書くことができます。このようにすれば、例えばclass名を変えたいといった時でも全部書き直す必要もなくfunctions.phpを変更すればいいだけなので管理も楽になるかと思います。

関連記事

  1. WordPress

    ローカル環境のMAMPでWordPressをマルチサイト化してみる

    素人なので半日も悩んじゃいました。ローカルでWordPressをマルチ…

  2. WordPress

    WordPressの管理画面にメモを残せるプラグイン「Quick Notes on the WP D…

    おもしろいプラグインを試してみました。おもしろいというかとても便利だな…

  3. WordPress

    WordPressのシングルページで前後の記事リンクを条件判定で出力するやり方

    以前 WordPressのシングルページで前後の投稿やページ分割のリン…

  4. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで最新記事の一覧をプラグインを使わないで表示させるやり方

    WordPressで最新記事の一覧をウィジェットやプラグインを使わない…

  5. WordPress

    WordPressで「この記事の所要時間」という読了時間を表示させてくれるプラグイン「estimat…

    とても便利なWordPressのプラグインを発見したので備忘録です。よ…

  6. WordPressで広告を非表示

    WordPress

    WordPressで指定したタグを付けると広告を非表示にできる設定方法

    意外と設定しておくと便利だと思ったのでメモがてらご紹介します。Word…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2012年 5月 22日

最近の記事

  1. Waterlogue
  2. macOS Mojaveのダークモード
  3. Olli
  4. 単語帳メーカー(Flashcard Maker App)

Facebookページ

PAGE TOP