WordPress

WordPressで指定した固定ページを読み込む方法

WordPressで例えばトップページに自分の指定した固定ページを読み込みたい場合どうするのか気になったので調べてみました。固定ページなので使う頻度は少なめな感じですが覚えておいて損はないかと思いますので。

[ads_center]

get_pageを使って必要な情報を得る

get_page($page_id)で読み込みたい固定ページのIDを引数に渡します。するとそのページの色々な情報が返ってきます。

<?php
$page_id = 指定するID;
$post = get_page($page_id);
echo $post->post_name; //スラッグ
echo $post->post_title; //タイトル
echo $post->post_date; //作成日
echo $post->guid; //URL
echo $post->post_excerpt; //抜粋
echo $post->post_content; //本文
?>

こんな感じで好きな情報を得ることができます。個人的に気になった点がURLを返してくれるguidなんですが、URLの最後の部分が?page_id=(指定したページID)で返ってきたところです。これを例えばAboutページだったらaboutと作成する時に決めたURLで表示したい場合はget_page_link($page_id)で指定した方がいいのかなと思いました。

複数のページをまとめて指定する場合

単純に配列に好きなページIDを指定してやってあとはforeachを使います。

<?php
$id = array(id1, id2, id3);
foreach($id as $page_id) {
    $post = get_page($page_id);
    echo $post->post_name;
    echo $post->post_title;
    echo $post->post_date;
    echo $post->guid;
    echo $post->post_excerpt;
    echo $post->post_content;
}
?>

以上、固定ページを表示する方法でした。

関連記事

  1. WordPressアップデートでアイコンが表示されない時の対処方法

    WordPress

    WordPress 3.8のアップデートで管理画面のアイコン画像が上手く表示されない時の対処方法

    先程、WordPress 3.8にアップデートしたら管理画面の上部バー…

  2. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでカテゴリーとタグのリストを一緒に出力して表示させるやり方

    色々と悩んだ結果、これが一番手っ取り早くて簡単だったのでメモしときます…

  3. WordPressでパンくずリストを設置

    WordPress

    WordPressでパンくずリストをプラグインなしで設置する簡単なやり方

    WordPressでパンくずリストをWebサイトに設置したいといった時…

  4. WordPressにPocketボタンを設置

    WordPress

    WordPressにPocketボタンを設置するやり方

    そういえばPocketのボタンをまだ設置していなかったので、このたび設…

  5. Quote Tweet

    WordPress

    選択したテキストをツイートできるWordPressプラグイン「Quote Tweet」

    Quote Tweetはサイト内で選択したテキストを簡単にツイートする…

  6. WordPress

    WordPressでシェアする為のプラグインベスト10

    WordPressでソーシャルサービスなんかにシェアする為のボタンをさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2011年 12月 16日

最近の記事

  1. ブラジルイパネマ
  2. 梅しば
  3. BM-IBCDH13RD
  4. 雪
  5. ホットのドリップ

アーカイブ

PAGE TOP