WordPress

WordPressで指定した固定ページを読み込む方法

WordPressで例えばトップページに自分の指定した固定ページを読み込みたい場合どうするのか気になったので調べてみました。固定ページなので使う頻度は少なめな感じですが覚えておいて損はないかと思いますので。

[ads_center]

get_pageを使って必要な情報を得る

get_page($page_id)で読み込みたい固定ページのIDを引数に渡します。するとそのページの色々な情報が返ってきます。

<?php
$page_id = 指定するID;
$post = get_page($page_id);
echo $post->post_name; //スラッグ
echo $post->post_title; //タイトル
echo $post->post_date; //作成日
echo $post->guid; //URL
echo $post->post_excerpt; //抜粋
echo $post->post_content; //本文
?>

こんな感じで好きな情報を得ることができます。個人的に気になった点がURLを返してくれるguidなんですが、URLの最後の部分が?page_id=(指定したページID)で返ってきたところです。これを例えばAboutページだったらaboutと作成する時に決めたURLで表示したい場合はget_page_link($page_id)で指定した方がいいのかなと思いました。

複数のページをまとめて指定する場合

単純に配列に好きなページIDを指定してやってあとはforeachを使います。

<?php
$id = array(id1, id2, id3);
foreach($id as $page_id) {
    $post = get_page($page_id);
    echo $post->post_name;
    echo $post->post_title;
    echo $post->post_date;
    echo $post->guid;
    echo $post->post_excerpt;
    echo $post->post_content;
}
?>

以上、固定ページを表示する方法でした。

WordPressでマルチサイト化した時にアイキャッチ画像の設定が表示されない前のページ

WordPressで自分だけのショートコードの作り方次のページ

関連記事

  1. WordPress

    WordPressの管理画面にメモを残せるプラグイン「Quick Notes on the WP D…

    おもしろいプラグインを試してみました。おもしろいというかとても便利だな…

  2. Hemingway

    WordPress

    レスポンシブ対応の2カラムWordPressテーマ「Hemingway」

    レスポンシブに対応した2カラムのお洒落なWordPressテーマを発見…

  3. WordPressでパンくずリストを設置

    WordPress

    WordPressでパンくずリストをプラグインなしで設置する簡単なやり方

    WordPressでパンくずリストをWebサイトに設置したいといった時…

  4. WordPressで投稿IDを指定した記事をランダム表示

    WordPress

    WordPressで複数の投稿ID(記事ID)を指定した記事をランダムで表示させるやり方

    個人的にやってみたかったので備忘録。WordPressで自分が作った関…

  5. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで投稿スラッグを指定して特定の記事だけを表示させる関数を作ってみた

    意外と使う機会があるのでメモがてらご紹介します。WordPressで特…

  6. WordPress

    記事コピー防止策になるかもしれないWordPressプラグイン「RSS Footer」

    RSS FooterというWordPressのプラグインなんですが、こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2011年 12月 16日

最近の記事

  1. SRS-XB43
  2. Nu:kin
  3. フィールグッドシャワー

アーカイブ

PAGE TOP