Web Service

iPhoneでWebページ全体のスクリーンショットを一発で撮れるアプリ「Web Scroll Capture」を使ってみた

iPhoneで今見ているWebページのスクリーンショットを撮る場合は「ホームボタン」を押しながら「スリープボタン」を押すことで簡単に撮ることができます。ただ、これだと画面に表示されている部分しか撮ることかができませんよね。で、Webページの上から下まで綺麗に撮りたいっていう時に活躍してくれるアプリが「Web Scroll Capture」です。これを使えば簡単に全体のスクリーンショットを撮ることができます。ということで以下使い方です。

[ads_center]

Web Scroll Captureの使い方

さっそくインストールしたアプリを起動してみます。まずは全体を撮影するための設定をしていきます。

画面右下にある「MORE」をタップします。

Web Scroll Captureの使い方01

そして、一番上にある「Scroll」を有効にします。

Web Scroll Captureの使い方02

最初の画面に戻り、今度は左下にあるURLをタップしてスクリーンショットを撮りたいWebページのURLを入力します。

Web Scroll Captureの使い方03

あとは中央下にある「CAPTURE」をタップして「Photos」を選択すると、画像が保存されます。

Web Scroll Captureの使い方04

こんな感じでiPhone内に保存されます。ちゃんと全体が撮影されてますね!

Web Scroll Captureの使い方05

というわけでiPhoneでWebページの全体のスクリーンショットを撮りたいとお考えの方はこのアプリを使えば簡単に撮ることができるので入れておいて損はないアプリかと思います。

360度画像を回転させるjQueryプラグイン10前のページ

とても簡単にカッコいいタグクラウドを実装することができるjQueryプラグイン「jQCloud」次のページ

関連記事

  1. Web Service

    iPadで人気の手書きノートアプリ「Note Anytime」のiPhone版が登場したので使ってみ…

    iPadの手書きノートアプリとして話題となった「Note Anytim…

  2. Web Service

    カラフルなニュースリーダーがおもしろい!GoogleChromeの拡張機能「HitFT (Japan…

    とても個人的に面白いニュースリーダーがあったので備忘録がてらご紹介しま…

  3. Web Service

    JavaScriptのソースコードを1クリックで簡単に圧縮してくれる「/packer/」を使ってみた…

    JavaScriptのコードを1クリックで簡単に圧縮してくれる便利なツ…

  4. Web Service

    あとで読むサービス「Read it Later」をMacで快適に読むアプリ「ReadNow」

    iPhoneであとで読むアプリとしてRead it Laterを使って…

  5. CSSViewer

    Web Service

    マウスを乗せた場所のCSSコードを気軽に確認することができるChrome拡張機能「CSSViewer…

    とても便利そうだったので使ってみました。マウスを乗せた場所のCSSコー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. SV-S251
  2. スラウェシ トラジャ
  3. 梅
  4. CAR-HLD12BK

アーカイブ

PAGE TOP