Web Service

URLを入れるだけでレスポンシブなWebデザインを色々なデバイスで表示確認できる「The Responsinator」

スマートフォンやタブレットなんかの色々なデバイスで表示確認することができる「The Responsinator」を試してみました。レスポンシブに対応しているサイトのURLを入力するだけで確認することができるので結構お手軽な感じです。サクっと気軽に確認する時には便利かと思います。

[ads_center]

実際に確認してみる

使い方は左上のURLを入力する欄に表示確認したいサイトのURLを入れるだけです。

The Responsinatorの使い方01

ここではWordPressのテーマ「Yoko」の表示を確認してみました。

こんな感じでiPhoneを横向きにした時の表示確認なんかもできます。

The Responsinatorの使い方02

iPadでの表示確認はもちろん、その他にもAndroidやKindleなんかも確認することができます。これらの端末はすべて1つのページで表示されるのでとても楽ですね。

The Responsinatorの使い方03

以下のサイトから確認することができます。

今回の確認に使ってみたWordPressテーマ「Yoko」は以下です。

関連記事

  1. Web Service

    Chromeで今見ているページをPocketへワンクリックで追加することができる「Pocket (f…

    ChromeでPocketにワンクリックで記事を追加することができる拡…

  2. Pocketのショートカットキー

    Web Service

    Pocket(Macアプリ・Webブラウザ)で便利なショートカットキー

    あとで読むサービスでお馴染みのPockeで日頃からよく使う便利なショー…

  3. Web Service

    タータンチェックの背景素材を簡単に作成することができるジェネレーター「Tartan Maker 」

    タータンチェックの背景素材を簡単に作成することができるジェネレーター「…

  4. Flat UI Colors

    Web Service

    フラットデザインに合う配色のカラーコードを取得できる「Flat UI Colors」

    流行のフラットデザインに合う配色を集めたツール「Flat UI Col…

  5. ブラウザメモ帳

    Web Service

    ブラウザメモ帳がとても便利

    ブラウザメモ帳はブラウザに直接メモが出来る便利なWebサービスです。ブ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. macOS Mojaveのダークモード
  2. Olli
  3. 単語帳メーカー(Flashcard Maker App)
  4. 1Password 7

Facebookページ

PAGE TOP