Web Service

URLを入れるだけでレスポンシブなWebデザインを色々なデバイスで表示確認できる「The Responsinator」

スマートフォンやタブレットなんかの色々なデバイスで表示確認することができる「The Responsinator」を試してみました。レスポンシブに対応しているサイトのURLを入力するだけで確認することができるので結構お手軽な感じです。サクっと気軽に確認する時には便利かと思います。

[ads_center]

実際に確認してみる

使い方は左上のURLを入力する欄に表示確認したいサイトのURLを入れるだけです。

The Responsinatorの使い方01

ここではWordPressのテーマ「Yoko」の表示を確認してみました。

こんな感じでiPhoneを横向きにした時の表示確認なんかもできます。

The Responsinatorの使い方02

iPadでの表示確認はもちろん、その他にもAndroidやKindleなんかも確認することができます。これらの端末はすべて1つのページで表示されるのでとても楽ですね。

The Responsinatorの使い方03

以下のサイトから確認することができます。

今回の確認に使ってみたWordPressテーマ「Yoko」は以下です。

関連記事

  1. Web Service

    CSSでBorder Radiusだけのコードを生成してくれるジェネレーター「CSS Border …

    CSSでBorder Radiusだけのコードを生成してくれるジェネレ…

  2. SimilarSites

    Web Service

    似ているサイトを検索して探してくれる「SimilarSites」

    ちょっと面白かったのでご紹介します。似ているサイトを検索して探してくれ…

  3. Web Service

    iPadで人気の手書きノートアプリ「Note Anytime」のiPhone版が登場したので使ってみ…

    iPadの手書きノートアプリとして話題となった「Note Anytim…

  4. Google Similar Pages

    Web Service

    現在閲覧中のサイトと似ているサイトを探してくれるChrome拡張機能「Google Similar …

    前回、同様のWebサービス「SimilarSites」をご紹介したんで…

  5. Web Service

    カラーコードからRGBコードに変換(その逆も)してくれる「RGB変換」

    カラーコードからRGBコードに変換してくれるサービスを探していたら理想…

  6. Web Service

    ブラウザに好きな時間のタイマーをセットしてカウントダウンしてくれるE.gg Timerがとても便利

    ブラウザに自分の好きな時間を入れてenterを押すだけでタイマーをセッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ジェットストリームの三色ボールペン(+シャーペン付き)と黒の替芯
  2. ブラジルイパネマ
  3. 梅しば
  4. BM-IBCDH13RD

アーカイブ

PAGE TOP