Web Service

URLを入れるだけでレスポンシブなWebデザインを色々なデバイスで表示確認できる「The Responsinator」

スマートフォンやタブレットなんかの色々なデバイスで表示確認することができる「The Responsinator」を試してみました。レスポンシブに対応しているサイトのURLを入力するだけで確認することができるので結構お手軽な感じです。サクっと気軽に確認する時には便利かと思います。

[ads_center]

実際に確認してみる

使い方は左上のURLを入力する欄に表示確認したいサイトのURLを入れるだけです。

The Responsinatorの使い方01

ここではWordPressのテーマ「Yoko」の表示を確認してみました。

こんな感じでiPhoneを横向きにした時の表示確認なんかもできます。

The Responsinatorの使い方02

iPadでの表示確認はもちろん、その他にもAndroidやKindleなんかも確認することができます。これらの端末はすべて1つのページで表示されるのでとても楽ですね。

The Responsinatorの使い方03

以下のサイトから確認することができます。

今回の確認に使ってみたWordPressテーマ「Yoko」は以下です。

WordPressでFacebookのOGP設定ができるプラグイン「Open Graph Pro」前のページ

斜めに写っている写真をPhotoshopのものさしツールを使ってまっすぐ水平に補正するやり方次のページ

関連記事

  1. Web Service

    ノイズを入れた画像を作ることができる「NoisePNG」の使い方

    ノイズを入れた画像を作ることができる「NoisePNG」を使ってみまし…

  2. Evernoteでマージの使い方と復元方法

    Web Service

    Evernoteで複数のノートを整理(まとめる)できるマージの使い方と復元方法

    Evernoteで似たような内容をメモした複数のノートを一つにまとめて…

  3. Streaksで特定の曜日をスキップ

    Web Service

    継続日数をカウントできるiPhoneアプリ「Streaks」で特定の曜日をスキップさせるやり方

    普段、何か継続・習慣化させたい事がある場合にはiPhoneアプリの「S…

  4. Web Service

    ブログで使う画像を加工・編集して文字入れや矢印も簡単に挿入できるSkitchの基本的な使い方

    毎回ブログで使う画像はPhotoshopで編集したりしてたんですが、も…

  5. Web Service

    iPhoneでWikipediaを調べるためのアプリ「Wikiamo」が便利すぎる

    最近色々調べものをする機会が多くて、何かiPhoneで便利なアプリでも…

  6. ヘボン式ローマ字

    Web Service

    ヘボン式ローマ字を使う時の注意事項や便利な一覧表、入力変換サービスなど

    ヘボン式ローマ字を使う時の注意事項や便利な一覧表、入力変換サービスなど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. スタバ ドリップコーヒー
  2. エチオピア
  3. 紗々 飴色和栗
  4. DCG-CA21
  5. Apple WatchでのMacロック解除を無効

アーカイブ

PAGE TOP