WordPressのログイン時のツールバー

WordPress

ブログなどでFlickrの転載可能な画像を使用する時のクレジット表示するためのWordPressショートコード

ブログなどでコンテンツに関連した画像を挿入したいといったことがあるかと思います。で、フリッカーなどで転載可能な画像を探して自分のサイトに載せる時には著作権者が誰なのか明記しなければなりません。毎回手打ちするのも大変なのでWordPressのショートコードでテンプレートを作っておけば、あとは引数に著作権者の名前とURLを渡すだけなので管理も楽になるかと思います。ということで以下、そのやり方です。

[ads_center]

クレジットを表示させるためのショートコードを作成

最終的には以下のように表示させたいといった時のやり方です。

Photo by 著作権者名

著作権者名には著作権者のページにリンクを貼れるようにしておきます。出力されるHTMLは以下のような感じです。

<p class="license">Photo by <a href="著作権者のページURL">著作権者名</a></p>

ということで以下のコードをfunctions.phpに記述します。

// 画像クレジット表記
function img_credit($atts) {
    extract(shortcode_atts(array(
        'name' => '',
        'url' => '',
    ), $atts));
    return '<p class="license">Photo by <a href="' . $url . '">' . $name . '</a></p>';
}
add_shortcode('credit', 'img_credit');

で、投稿画面で以下のように記述すればOKです。引数のnameには著作権者名、urlには著作権者URLを渡します。

[credit name="著作権者名" url="著作権者URL"]

あとはいつも通りAddQuicktagに登録しておけばかなり作業も楽になりますね。

クリエイティブ・コモンズ対象の画像の探し方に関しては以下の記事を参考にしてみて下さい。

ショートコードの基本的な作り方に関してはこちらの記事をどうぞ。

画像のクレジットに関しては以下のサイトを参考にしました。

斜めに写っている写真をPhotoshopのものさしツールを使ってまっすぐ水平に補正するやり方前のページ

住所や建物名を入力するとGoogleマップの座標を取得することができる次のページ

関連記事

  1. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPress投稿画面からTwitterの好きなツイートを簡単に埋め込むことができるやり方

    WordPressの投稿画面でTwitterのツイートを簡単に埋め込む…

  2. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでキーワードを登録しておくと自動でリンクをつけてくれるプラグイン「WP Keywo…

    なかなか便利だったのでご紹介します。WordPressで自分が登録した…

  3. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressのトップページ(index.php)で公式ツイートボタンのURLを各記事別になるよ…

    ちょっとした備忘録です。WordPressのトップページで公式ツイート…

  4. WordPress

    WP-DBManagerを使ってWordPressのバックアップを取ってみる

    WordPressのバックアップをプラグインのWP-DBManager…

  5. WordPressアップデートでアイコンが表示されない時の対処方法

    WordPress

    WordPress 3.8のアップデートで管理画面のアイコン画像が上手く表示されない時の対処方法

    先程、WordPress 3.8にアップデートしたら管理画面の上部バー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 東京都現代美術館
  2. スーリア バターチキン
  3. そそそ 明太クリームそうめん
  4. すしざんまい
  5. 蒼龍唐玉堂 特製牛バラ担々麺

アーカイブ

PAGE TOP