WordPressのログイン時のツールバー

WordPress

ブログなどでFlickrの転載可能な画像を使用する時のクレジット表示するためのWordPressショートコード

ブログなどでコンテンツに関連した画像を挿入したいといったことがあるかと思います。で、フリッカーなどで転載可能な画像を探して自分のサイトに載せる時には著作権者が誰なのか明記しなければなりません。毎回手打ちするのも大変なのでWordPressのショートコードでテンプレートを作っておけば、あとは引数に著作権者の名前とURLを渡すだけなので管理も楽になるかと思います。ということで以下、そのやり方です。

[ads_center]

クレジットを表示させるためのショートコードを作成

最終的には以下のように表示させたいといった時のやり方です。

Photo by 著作権者名

著作権者名には著作権者のページにリンクを貼れるようにしておきます。出力されるHTMLは以下のような感じです。

<p class="license">Photo by <a href="著作権者のページURL">著作権者名</a></p>

ということで以下のコードをfunctions.phpに記述します。

// 画像クレジット表記
function img_credit($atts) {
    extract(shortcode_atts(array(
        'name' => '',
        'url' => '',
    ), $atts));
    return '<p class="license">Photo by <a href="' . $url . '">' . $name . '</a></p>';
}
add_shortcode('credit', 'img_credit');

で、投稿画面で以下のように記述すればOKです。引数のnameには著作権者名、urlには著作権者URLを渡します。

[credit name="著作権者名" url="著作権者URL"]

あとはいつも通りAddQuicktagに登録しておけばかなり作業も楽になりますね。

クリエイティブ・コモンズ対象の画像の探し方に関しては以下の記事を参考にしてみて下さい。

ショートコードの基本的な作り方に関してはこちらの記事をどうぞ。

画像のクレジットに関しては以下のサイトを参考にしました。

斜めに写っている写真をPhotoshopのものさしツールを使ってまっすぐ水平に補正するやり方前のページ

住所や建物名を入力するとGoogleマップの座標を取得することができる次のページ

関連記事

  1. WordPress

    WordPressでトップページのURLを変更する方法

    WordPressでWebサイトを作成した時にトップページのURLを「…

  2. Last Updated Shortcode

    WordPress

    最後に更新された日付時間をショートコードで表示できるWordPressプラグイン「Last Upda…

    WordPressの記事内に最後に更新した日付時間を表示できるWord…

  3. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでログイン中に上部ツールバーを表示・非表示にする設定方法

    WordPressでログイン中に上部ツールバーを表示または非表示にする…

  4. WordTwit

    WordPress

    WordTwitの設定方法や日本語化してからの使い方について

    WordTwitはWordPressで記事を投稿した時に自動でツイート…

  5. WordPress

    WordPressのクイックドラフト機能を使ってみた

    そういえば、WordPress 3.8になってから新しくなったクイック…

  6. WordPressでmicrodataを使ったパンくずリスト

    WordPress

    WordPressでパンくずリストをmicrodataを使ってマークアップするやり方

    そういえばこのサイトではまだパンくずリストを作成していなかったので今回…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 田沢湖
  2. ゴムの耳栓
  3. ライオンコーヒー(バニラマカダミア)
PAGE TOP