WordPressのログイン時のツールバー

WordPress

ブログなどでFlickrの転載可能な画像を使用する時のクレジット表示するためのWordPressショートコード

ブログなどでコンテンツに関連した画像を挿入したいといったことがあるかと思います。で、フリッカーなどで転載可能な画像を探して自分のサイトに載せる時には著作権者が誰なのか明記しなければなりません。毎回手打ちするのも大変なのでWordPressのショートコードでテンプレートを作っておけば、あとは引数に著作権者の名前とURLを渡すだけなので管理も楽になるかと思います。ということで以下、そのやり方です。

[ads_center]

クレジットを表示させるためのショートコードを作成

最終的には以下のように表示させたいといった時のやり方です。

Photo by 著作権者名

著作権者名には著作権者のページにリンクを貼れるようにしておきます。出力されるHTMLは以下のような感じです。

<p class="license">Photo by <a href="著作権者のページURL">著作権者名</a></p>

ということで以下のコードをfunctions.phpに記述します。

// 画像クレジット表記
function img_credit($atts) {
    extract(shortcode_atts(array(
        'name' => '',
        'url' => '',
    ), $atts));
    return '<p class="license">Photo by <a href="' . $url . '">' . $name . '</a></p>';
}
add_shortcode('credit', 'img_credit');

で、投稿画面で以下のように記述すればOKです。引数のnameには著作権者名、urlには著作権者URLを渡します。

[credit name="著作権者名" url="著作権者URL"]

あとはいつも通りAddQuicktagに登録しておけばかなり作業も楽になりますね。

クリエイティブ・コモンズ対象の画像の探し方に関しては以下の記事を参考にしてみて下さい。

ショートコードの基本的な作り方に関してはこちらの記事をどうぞ。

画像のクレジットに関しては以下のサイトを参考にしました。

関連記事

  1. WordPress

    WordPressで「この記事の所要時間」という読了時間を表示させてくれるプラグイン「estimat…

    とても便利なWordPressのプラグインを発見したので備忘録です。よ…

  2. WordPress

    WordPressのContact Form 7にCAPTCHAを導入するためのプラグイン「Real…

    WordPressのお問い合わせフォーム(Contact Form 7…

  3. WordPress

    WordPressのシングルページで前後の記事リンクを条件判定で出力するやり方

    以前 WordPressのシングルページで前後の投稿やページ分割のリン…

  4. WordPress

    ブログの編集作業が捗るWordPressプラグイン「AddQuicktag」

    すごく便利なプラグイン「AddQuicktag」を使ってみました。なん…

  5. WordPress

    WordPressのheader.php内でよく使いそうな関数などをまとめてみた

    WordPressで自作のテーマを作成する時にheader.phpでよ…

  6. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでアイキャッチ画像のサイズによって出力を振り分ける条件分岐のやり方

    WordPressでアイキャッチ画像をサイズ別で出力を振り分ける条件分…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. macOS Mojaveのダークモード
  2. Olli
  3. 単語帳メーカー(Flashcard Maker App)
  4. 1Password 7

Facebookページ

PAGE TOP