Web Service

ドラッグしたテキストを音声で読み上げてくれるChrome拡張機能「SpeakIt!」を使ってみた

こういうの欲しかったのでかなり嬉しいです。ドラッグしたテキストを音声で読み上げてくれるChrome拡張機能「SpeakIt!」を使ってみました。日本語も対応しているので問題なく読み上げてくれました。これで、ちょっと休憩したい時なんかに机の上で寝ながら好きな記事をイヤホンで聞いたりなんてこともできちゃいますね。

SpeakIt!をインストールして使ってみる

まずは以下からSpeakIt!をインストールします。

インストールするとこんな感じの画面になるので、「Voice」という項目から言語を選択します。

Voiceから言語を選択

読み上げスピードを速くしたい場合は「Speaking rate」の調整バーを右に移動させると速くなります。

Speaking rateで読み上げスピードを設定

あとは読み上げてほしいテキストをドラッグして「SpeakIt!」を選択します。

右クリックで「SpeakIt!」を選択

または右上に追加されたSpeakIt!のアイコンをクリックします。

右上のSpeakIt!のアイコンをクリック

これで、テキストを読み上げてくれます。とても便利ですね。

関連記事

  1. Web Service

    これは凄い!色んなCSSを生成してくれるジェネレーター「Generate CSS」

    Generate CSSというジェネレーターが凄かったのでご紹介します…

  2. Pocketのリスト並べ替え

    Web Service

    Pocket(Web版)で記事リストを最新から最古に並べ替える設定方法

    Web版(ブラウザ)のPocketで記事リストを表示させるとデフォルト…

  3. Web Service

    カラフルなニュースリーダーがおもしろい!GoogleChromeの拡張機能「HitFT (Japan…

    とても個人的に面白いニュースリーダーがあったので備忘録がてらご紹介しま…

  4. Web Service

    iPhoneアプリのPictShareを使えば画像を簡単にDropboxやEvernoteなど色々な…

    iPhoneに入っている画像を簡単かつ素早くアップロードできるアプリ「…

  5. Web Service

    CSS3を使って超カンタンにクールなボタンを作ることができるジェネレーター「Button Maker…

    CSS3を使ってとても簡単にクールなボタンを作ることができるジェネレー…

  6. Web Service

    ATOK Pad(Mac)を使ってみたら呼び出しも簡単で使いやすかった

    ATOK Pad(Mac)をインストールしてみました。ちょっとしたメモ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. FE 35mm F1.8
  2. RONIN-SC
  3. プラスシェル シティ04 フォールディングカメラケース

アーカイブ

PAGE TOP