Web Service

ドラッグしたテキストを音声で読み上げてくれるChrome拡張機能「SpeakIt!」を使ってみた

こういうの欲しかったのでかなり嬉しいです。ドラッグしたテキストを音声で読み上げてくれるChrome拡張機能「SpeakIt!」を使ってみました。日本語も対応しているので問題なく読み上げてくれました。これで、ちょっと休憩したい時なんかに机の上で寝ながら好きな記事をイヤホンで聞いたりなんてこともできちゃいますね。

SpeakIt!をインストールして使ってみる

まずは以下からSpeakIt!をインストールします。

インストールするとこんな感じの画面になるので、「Voice」という項目から言語を選択します。

Voiceから言語を選択

読み上げスピードを速くしたい場合は「Speaking rate」の調整バーを右に移動させると速くなります。

Speaking rateで読み上げスピードを設定

あとは読み上げてほしいテキストをドラッグして「SpeakIt!」を選択します。

右クリックで「SpeakIt!」を選択

または右上に追加されたSpeakIt!のアイコンをクリックします。

右上のSpeakIt!のアイコンをクリック

これで、テキストを読み上げてくれます。とても便利ですね。

円グラフ/折れ線グラフ/棒グラフを簡単に作れるjQueryプラグイン「Peity」前のページ

好きな色、パターン、グラデーション、背景画像などを探せる「ColRD」次のページ

関連記事

  1. Web Service

    Chromeで今見ているページをPocketへワンクリックで追加することができる「Pocket (f…

    ChromeでPocketにワンクリックで記事を追加することができる拡…

  2. Web Service

    タータンチェックの背景素材を簡単に作成することができるジェネレーター「Tartan Maker 」

    タータンチェックの背景素材を簡単に作成することができるジェネレーター「…

  3. WebGradients

    Web Service

    CSSやPNG形式に対応した180種類のグラデーションを活用できる「WebGradients」

    WebGradientsは、180種類ものグラデーションが用意されたコ…

  4. Web Service

    WebサイトのタイトルとURLを簡単に取得できて自分用HTMLリンクも作成できるChrome拡張機能…

    現在見ているWebサイトのタイトルとURLを簡単に取得できたり、自分用…

  5. Web Service

    ChromeからワンクリックでDropboxにアクセスできる拡張機能

    ChromeからDropboxにワンクリックでアクセスできる拡張機能「…

  6. Web Service

    住所や建物名を入力するとGoogleマップの座標を取得することができる

    地図上で、ある地点の座標を知りたいといった時があるかと思います。そんな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. JOK-350 WH
  2. 1460 COLLAR ウォータープルーフ 8ホールブーツ
  3. スターバックス ハウスブレンド

アーカイブ

PAGE TOP