Web Service

ドラッグしたテキストを音声で読み上げてくれるChrome拡張機能「SpeakIt!」を使ってみた

こういうの欲しかったのでかなり嬉しいです。ドラッグしたテキストを音声で読み上げてくれるChrome拡張機能「SpeakIt!」を使ってみました。日本語も対応しているので問題なく読み上げてくれました。これで、ちょっと休憩したい時なんかに机の上で寝ながら好きな記事をイヤホンで聞いたりなんてこともできちゃいますね。

SpeakIt!をインストールして使ってみる

まずは以下からSpeakIt!をインストールします。

インストールするとこんな感じの画面になるので、「Voice」という項目から言語を選択します。

Voiceから言語を選択

読み上げスピードを速くしたい場合は「Speaking rate」の調整バーを右に移動させると速くなります。

Speaking rateで読み上げスピードを設定

あとは読み上げてほしいテキストをドラッグして「SpeakIt!」を選択します。

右クリックで「SpeakIt!」を選択

または右上に追加されたSpeakIt!のアイコンをクリックします。

右上のSpeakIt!のアイコンをクリック

これで、テキストを読み上げてくれます。とても便利ですね。

関連記事

  1. Web Service

    ATOK Pad(Mac)を使ってみたら呼び出しも簡単で使いやすかった

    ATOK Pad(Mac)をインストールしてみました。ちょっとしたメモ…

  2. Web Service

    CSSで使えるカラーネームの一覧を見やすく表示してくれる「147 Colors」

    覚えておくと便利そうだったのでメモしときます。CSSでも使える147種…

  3. Web Service

    CSSで簡単に三角形を作ってくれるChrome拡張機能「CSS三角形作成ツール」

    ちょっと面白かったのでご紹介します。Chromeの拡張機能で、CSSで…

  4. Web Service

    現在見ているページのタイトルとURLを1クリックでコピーできるChrome拡張機能「Copy Tit…

    とても便利そうだったので試してみました。現在見ているページのタイトルと…

  5. Web Service

    iPhoneで人気のメールクライアント「Sparrow」を使ってみたのでメール設定など色々

    iPhone版のメールクライアント「Sparrow」を使ってみました。…

  6. Macの天気予報アプリ「そら案内」

    Web Service

    Macの天気予報アプリ「そら案内」がとても使いやすい

    Macの天気予報アプリ「そら案内」をインストールしてみました。必要な情…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. スタンスミス(EDIFICE/IENA別注)
  2. WI-1000XM2
  3. mill オイルヒーター
  4. Anker PowerWave 10 Pad & Stand セット

アーカイブ

PAGE TOP