Minifier

Web Service

JS・CSSのコードを圧縮したりデコードしたりできる「Minifier」がとても便利

MinifierというJSやCSSのコードを圧縮してくれるサービスがとても便利そうだったのでご紹介します。圧縮の他にも読みづらいコードを読みやすく整えてくれたり(デコード)することもできます。圧縮することで少しでも軽量化した状態にしておきたいですね。

[ads_center]

Minifierの使い方

まずはコードの種類を選択します。JavaScriptやCSSを選択することができます。

コードの種類を選択

続いて、Minify (compress)かBeautify (decompress)のいずれかにチェックをつけます。圧縮する場合はMinifyにしておきます。

Minify (compress)かBeautify (decompress)

そして最後にボックス内にコードを貼り付けたら「Generate」というボタンをクリックすればOKです。あっという間に圧縮することができます。

というわけで、シンプルですがとても使用頻度が高そうなサービスなので、ぜひ覚えておきたいところです。圧縮やデコードをしたい時には間違いなく役立ちますね。

Minifier

Lightroomの補正後と補正前の切り替えMacのUSキーボードでLightroomの補正後・補正前を切り替えるショートカットキー前のページ

シンプルでスタイリッシュなLightbox風のjQueryプラグイン「Featherlight」次のページ

関連記事

  1. Web Service

    Mac版Pocketがリリースされたのでさっそく使ってみた!

    あとで読むサービスのPocketがMacのアプリでついに登場していたの…

  2. Screen Capture (by Google)
  3. iPhoneのアプリアイコンを取得

    Web Service

    iPhone、iPad、Macのアプリ画像(アイコン)を取得する方法

    iPhoneやiPad、またはMacのアプリ画像(アイコン)を取得した…

  4. EmChart

    Web Service

    CSSでフォントサイズをem指定する時に便利なEmChart

    レスポンシブWebデザインなどによりem指定をする機会が多くなってきて…

  5. Web Service

    カラーコードからRGBコードに変換(その逆も)してくれる「RGB変換」

    カラーコードからRGBコードに変換してくれるサービスを探していたら理想…

  6. Web Service

    Chromeで今見ているページをPocketへワンクリックで追加することができる「Pocket (f…

    ChromeでPocketにワンクリックで記事を追加することができる拡…

最近の記事

  1. ダミアン・ハースト 桜
  2. パッキングエリア
  3. あらびきソーセージパイ
  4. REACH フロス
PAGE TOP