Web Service

iPhoneで撮影した写真の個人情報などにモザイクや黒の塗りつぶしで隠すことができるアプリ「hideHere」

iPhoneで撮影した写真で顔やメールアドレスなどの個人情報が写っている場合、隠したい時ってありますよね。こんな時はhideHereというiPhoneアプリを使うととても簡単に個人情報を隠すことができます。ブログなんかで使いたい画像があるんだけどここの部分だけモザイクや黒で塗りつぶすことができたらなーといった時にも役立つアプリなので、なかなか使う機会がありそうな感じですよね。ということで以下使い方です。

[ads_center]

使い方

アプリを起動すると、さっそく目的の画像が選べるようになっています。カメラロールなどから隠したい部分がある写真を選択して開きます。

hideHereの使い方01

画像を開くと、デフォルトでは「モザイク」が設定されているのでさっそく使ってみようかと思います。まずは画面下にある指のマークをタップしてモザイクを挿入する画面に切り替えます。

hideHereの使い方02

次に隠したい部分にモザイクを入れていきます。モザイクを入れるには、入れたい場所を指でなぞるだけで簡単にできます。

hideHereの使い方03

ちなみにモザイクのサイズなんかも調整することができます。

hideHereの使い方04

黒で塗りつぶしてみる

モザイクもいいけどできれば黒で塗りつぶしたいといった場合もあるかと思います。そんな時は画面下にある「スタンプ」をタップして一番下の「square」を選択します。

hideHereの使い方05

あとは先程のモザイクと同じようにして指でなぞるだけで隠すことができます。

hideHereの使い方06

こんな感じでiPhoneで撮った画像で隠したい部分があった時はとても便利なアプリかと思います。アプリの名前の通り、隠すことに重点を置いているアプリなのでそれ以外は余計な機能もなくてとてもシンプルで使いやすいのでオススメです。

関連記事

  1. CSS Color Chart

    Web Service

    CSSのカラーネーム、HEX、RGBを1クリックでコピーできるカラーチャート「CSS Color C…

    CSS Color Chartがとても便利だったのでご紹介します。とて…

  2. Web Service

    色々なブランドカラーの値を知ることができる「BrandColors」

    ちょっとした参考になりそうだったのでメモがてらご紹介します。色々なブラ…

  3. Web Service

    MacのReederで画面右上にRead It LaterとTwitterのアイコンを表示させるやり…

    MacのReederがとても快適なのでちょくちょく使っているんですが、…

  4. Web Service

    カラーコードからRGBコードに変換(その逆も)してくれる「RGB変換」

    カラーコードからRGBコードに変換してくれるサービスを探していたら理想…

  5. Web Service

    CSSで吹き出しをサクっと作ることができる便利なツール「cssarrowplease」

    CSSでとても簡単に吹き出しを作ってくれる便利なツール「cssarro…

  6. Web Service

    かっこいいボタンやフォーム、かわいいリボンなんかが作れるCSSジェネレーター「Live Tools」…

    とても簡単にかっこいいボタンやフォームが作れちゃうCSSジェネレーター…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. macOS Mojaveのダークモード
  2. Olli
  3. 単語帳メーカー(Flashcard Maker App)
  4. 1Password 7

Facebookページ

PAGE TOP