Web Service

画像を指定すれば色の値を教えてくれるジェネレーター「Color Palette Generator」

便利そうだったので使ってみました。画像のURLを指定すれば、その画像に使われている色を教えてくれるジェネレーター「Color Palette Generator」です。例えば、自分が好きな写真で使われている色が知りたいといった時なんかに活用できそうですね。

[ads_center]

使い方

Color Palette Generatorにアクセスすると、右側に画像のURLを入力する欄があるので、そこにURLを入力します。で、「color-palette-ify!」というボタンをクリックするだけです。

画像URLを指定

こんな感じで、指定した画像に使われている色の値を簡単に知ることができます。便利ですね。

Chromeで今見ているページをPocketへワンクリックで追加することができる「Pocket (formerly Read It Later)」前のページ

Lightroomの現像設定を複数の画像に適用させる(同期)やり方次のページ

関連記事

  1. Web Service

    使い方もとてもシンプルで色々なBGMを流してくれる「GetWorkDoneMusic」

    GetWorkDoneMusicというWebサービスを使ってみました。…

  2. Web Service

    Mac版Pocketがリリースされたのでさっそく使ってみた!

    あとで読むサービスのPocketがMacのアプリでついに登場していたの…

  3. Web Service

    Macで簡単に画像を切り取ったりぼかしやモザイクを入れることができるアプリ「ToyViewer」

    ToyViewerというMacのアプリを使ってみました。起動や動作も早…

  4. Web Service

    iPhoneの人気のカメラアプリ「プロカメラ」がすごくよかったのでその基本的な使い方

    iPhoneアプリで人気の高いカメラアプリ「プロカメラ」を使ってみまし…

  5. Web Service

    ワイヤーフレームを作成するCacoo(カクー)がとても便利

    Cacooを使ってワイヤーフレームを作ってみました。CacooとはWe…

  6. Web Service

    検索結果を見やすくしてくれるChrome拡張機能「Google検索でキーワードをハイライト表示」

    PCブラウザでChromeをお使いの方に便利な拡張機能のご紹介です。「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 梅
  2. CAR-HLD12BK
  3. OWL-LPB6701LA

アーカイブ

PAGE TOP