Web Service

画像を指定すれば色の値を教えてくれるジェネレーター「Color Palette Generator」

便利そうだったので使ってみました。画像のURLを指定すれば、その画像に使われている色を教えてくれるジェネレーター「Color Palette Generator」です。例えば、自分が好きな写真で使われている色が知りたいといった時なんかに活用できそうですね。

[ads_center]

使い方

Color Palette Generatorにアクセスすると、右側に画像のURLを入力する欄があるので、そこにURLを入力します。で、「color-palette-ify!」というボタンをクリックするだけです。

画像URLを指定

こんな感じで、指定した画像に使われている色の値を簡単に知ることができます。便利ですね。

Chromeで今見ているページをPocketへワンクリックで追加することができる「Pocket (formerly Read It Later)」前のページ

Lightroomの現像設定を複数の画像に適用させる(同期)やり方次のページ

関連記事

  1. Web Service

    Chromeで手軽に電卓を使いたい時に便利な拡張機能「Calculator」

    Chromeでネットを閲覧中にちょっとした計算をしたいといった時がある…

  2. Web Service

    iPadで人気の手書きノートアプリ「Note Anytime」のiPhone版が登場したので使ってみ…

    iPadの手書きノートアプリとして話題となった「Note Anytim…

  3. Web Service

    iPhoneアプリ「Resize Photo」を使って撮った画像を好きなサイズにリサイズする

    iPhoneで撮った画像をリサイズしたい時ってありますよね。Resiz…

  4. Google Similar Pages

    Web Service

    現在閲覧中のサイトと似ているサイトを探してくれるChrome拡張機能「Google Similar …

    前回、同様のWebサービス「SimilarSites」をご紹介したんで…

  5. Web Service

    ブラウザに好きな時間のタイマーをセットしてカウントダウンしてくれるE.gg Timerがとても便利

    ブラウザに自分の好きな時間を入れてenterを押すだけでタイマーをセッ…

  6. Web Service

    Macでシンプルなワードプロセッサ「Bean」をインストールしてみた

    結構シンプルで使いやすいMacのワードプロセッサを入れてみました。とて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ダミアン・ハースト 桜
  2. パッキングエリア
  3. あらびきソーセージパイ
  4. REACH フロス
PAGE TOP