Web Service

画像を指定すれば色の値を教えてくれるジェネレーター「Color Palette Generator」

便利そうだったので使ってみました。画像のURLを指定すれば、その画像に使われている色を教えてくれるジェネレーター「Color Palette Generator」です。例えば、自分が好きな写真で使われている色が知りたいといった時なんかに活用できそうですね。

[ads_center]

使い方

Color Palette Generatorにアクセスすると、右側に画像のURLを入力する欄があるので、そこにURLを入力します。で、「color-palette-ify!」というボタンをクリックするだけです。

画像URLを指定

こんな感じで、指定した画像に使われている色の値を簡単に知ることができます。便利ですね。

Chromeで今見ているページをPocketへワンクリックで追加することができる「Pocket (formerly Read It Later)」前のページ

Lightroomの現像設定を複数の画像に適用させる(同期)やり方次のページ

関連記事

  1. CSS Button Generator

    Web Service

    シンプルでお洒落なCSSボタンを作成できる「CSS Button Generator」

    とても良さそうだったので使ってみました。シンプルでお洒落なCSSボタン…

  2. Web Service

    文字をペーストするだけで文字数をカウントしてくれるChrome拡張機能「文字数カウンタ」

    何気に入れておけば便利かと思ったのでインストールしてみました。文字をペ…

  3. Web Service

    キャッチコピーや文章作成に便利!類語を教えてくれる「文章リライトツール」

    ブログを書いたりキャッチコピーをつくったり文章作成するひとにとって役立…

  4. Web Service

    Macでコピペを多用する時に絶対入れた方がいいアプリ「Kopypasta」を使ってみた

    コピペ作業って結構手間がかかる時ってありますよね?少し前にコピーしたも…

  5. ダミーテキスト作成

    Web Service

    ダミーテキストを使ってWeb制作の効率を上げよう

    Web制作をしていく上で必要になってくるのがダミーテキストですよね。あ…

  6. Web Service

    ノイズを入れた画像を作ることができる「NoisePNG」の使い方

    ノイズを入れた画像を作ることができる「NoisePNG」を使ってみまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. クッキー&クリーム ポップコーン
  2. マウイチップス マウイオニオン味
  3. グリーンビーントゥーバー
  4. VS-543AS

アーカイブ

PAGE TOP