scroll-scope.js

JavaScript

親要素の影響を受けずに子要素だけを固定してスクロールさせる「scroll-scope.js」

scroll-scope.jsは親要素の影響を受けずに子要素だけを固定してスクロールさせることができるjQueryプラグインです。通常、スクロールが設定されている子要素にマウスオーバーしてスクロールし続けると、子要素内のスクロールが終わったあとにそのまま親要素のスクロールに切り替わるのですが、これを防ぐことができるプラグインです。

scroll-scope.js

scroll-scope.js

例えば、スクロールがある子要素だけをじっくり見たい時なんかに、1番下もしくは1番上までスクロールした時に惰性でそのままページ全体がスクロールされてしまう、なんていうことがあるかと思います。

そんな時、また子要素を画面中央付近など見やすい位置までスクロールで戻したりしなきゃいけないので、割とめんどくさいですよね。

なので、scroll-scope.jsを使うことで子要素内にマウスオーバーした状態ならいくらスクロールしても親要素の影響を受けずボックスが固定されたままになります。

ユーザーとしてはとてもありがたい機能ですね。特定の要素内に集中して欲しい時なんかに役立つかと思います。

というわけで、ページ内で子要素のスクロールを親要素に引き継がせたくないという時には覚えておきたいjQueryプラグインです。

Responsive Multi Menuモバイルデバイスにも最適化されたナビゲーション実装「Responsive Multi Menu」前のページ

パネルにスタッキング効果を実装できるjQueryプラグイン「StickyStack.js」次のページStickyStack.js

関連記事

  1. Checkify

    JavaScript

    軽量でカスタマイズ性も高いjQueryバリデーションプラグイン「Checkify」

    Checkifyは軽量でカスタマイズ性も高いバリデーション機能を実装で…

  2. Unite Gallery

    JavaScript

    レスポンシブな画像・動画ギャラリーを実装できる「Unite Gallery」

    Unite Galleryは、レスポンシブに対応した画像・動画ギャラリ…

  3. FrameScrub
  4. JavaScript

    軽量(5KB)で機能も色々あるjQueryのスライダー「MobilySlider」を使ってみる

    軽量なんですが、色々と機能もあるいい感じのjQueryプラグイン「Mo…

  5. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQueryのbindメソッドとliveメソッドの簡単な違いや使い方

    bindとliveの違いがちょっとわかりずらかったのでまとめてみました…

最近の記事

  1. 冬用のふとん
  2. 田沢湖
  3. ゴムの耳栓
  4. ライオンコーヒー(バニラマカダミア)
PAGE TOP