JavaScript

レスポンシブなテキストを実装できるjQueryプラグイン「Responsive Text」

Responsive TextというjQueryプラグインを使えば、とても簡単に指定したテキストをレスポンシブにすることができます。試しに使ってみたところ各テキストごとにフォントサイズの最大値や最小値などを指定することができるので便利でした。以下は使い方です。

[ads_center]

Responsive Textの使い方

Responsive Text

Responsive Text

jQueryとプラグインファイルを読み込んだら以下のようにResponsive Textをセットします。

<script type="text/javascript">
$(document).ready(function() {
    $('.responsive').responsiveText();
});
</script>

適用したいテキストはこんな感じで記述。フォントのサイズはdata-minに最小値、data-maxに最大値を設定することができます。

<h1 class="responsive" data-compression="8" data-min="20" data-max="60">Responsive Text</h1>

これで、ブラウザ幅を縮小していけば設定された値でテキストが調整されていきます。とても便利ですね。

コピースタンプツールPhotoshopでコピースタンプツールを使ってみる前のページ

Lightroomのスポット修正ツールはぼかしを使うといい感じ次のページスポット修正ツールのぼかし設定

関連記事

  1. Text Rotator
  2. Reframe.js

    JavaScript

    特定の要素をレスポンシブ化してくれる「Reframe.js」

    Reframe.jsはレスポンシブに対応していない特定の要素をレスポン…

  3. HR Navigation Responsive Menu
  4. JavaScript

    カスタマイズも自由にできるjQuery「bxSlider」の使い方

    個人的にかなりよさげなjQueryスライダーを使ってみました。その名も…

  5. ScrollTrigger

    JavaScript

    スクロールの位置をベースにしたアニメーション「ScrollTrigger」

    ScrollTriggerはユーザーがスクロールする位置をベースにした…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. SV-S251
  2. スラウェシ トラジャ
  3. 梅
  4. CAR-HLD12BK

アーカイブ

PAGE TOP