JavaScript

レスポンシブなテキストを実装できるjQueryプラグイン「Responsive Text」

Responsive TextというjQueryプラグインを使えば、とても簡単に指定したテキストをレスポンシブにすることができます。試しに使ってみたところ各テキストごとにフォントサイズの最大値や最小値などを指定することができるので便利でした。以下は使い方です。

[ads_center]

Responsive Textの使い方

Responsive Text

Responsive Text

jQueryとプラグインファイルを読み込んだら以下のようにResponsive Textをセットします。

<script type="text/javascript">
$(document).ready(function() {
    $('.responsive').responsiveText();
});
</script>

適用したいテキストはこんな感じで記述。フォントのサイズはdata-minに最小値、data-maxに最大値を設定することができます。

<h1 class="responsive" data-compression="8" data-min="20" data-max="60">Responsive Text</h1>

これで、ブラウザ幅を縮小していけば設定された値でテキストが調整されていきます。とても便利ですね。

コピースタンプツールPhotoshopでコピースタンプツールを使ってみる前のページ

Lightroomのスポット修正ツールはぼかしを使うといい感じ次のページスポット修正ツールのぼかし設定

関連記事

  1. JK Responsive Youtube Video and Image Gallery
  2. no-image
  3. CoutUpCircle

    JavaScript

    カウントアップしてくれるjQueryプラグイン「CoutUpCircle」

    CoutUpCircleは目標に指定した数までカウントアップしてくれる…

  4. Footnoted

    JavaScript

    脚注(注釈)を入れたい時に役立つjQueryプラグイン「Footnoted」

    FootnotedというjQueryプラグインは文章の中に脚注(注釈)…

  5. JavaScript

    スクロールバーにあと何分で読めるかを表示してくれるjQueryプラグイン「jQuery Readin…

    とてもシンプルですが何気に便利そうだったので使ってみました。長文記事を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. そそそ 明太クリームそうめん
  2. すしざんまい
  3. 蒼龍唐玉堂 特製牛バラ担々麺
  4. サーモンアボカドサラダラップとドリップ
  5. 猿田彦フレンチ

アーカイブ

PAGE TOP