JavaScript

レスポンシブなテキストを実装できるjQueryプラグイン「Responsive Text」

Responsive TextというjQueryプラグインを使えば、とても簡単に指定したテキストをレスポンシブにすることができます。試しに使ってみたところ各テキストごとにフォントサイズの最大値や最小値などを指定することができるので便利でした。以下は使い方です。

[ads_center]

Responsive Textの使い方

Responsive Text

Responsive Text

jQueryとプラグインファイルを読み込んだら以下のようにResponsive Textをセットします。

<script type="text/javascript">
$(document).ready(function() {
    $('.responsive').responsiveText();
});
</script>

適用したいテキストはこんな感じで記述。フォントのサイズはdata-minに最小値、data-maxに最大値を設定することができます。

<h1 class="responsive" data-compression="8" data-min="20" data-max="60">Responsive Text</h1>

これで、ブラウザ幅を縮小していけば設定された値でテキストが調整されていきます。とても便利ですね。

コピースタンプツールPhotoshopでコピースタンプツールを使ってみる前のページ

Lightroomのスポット修正ツールはぼかしを使うといい感じ次のページスポット修正ツールのぼかし設定

関連記事

  1. jQuery Glow
  2. Optiscroll

    JavaScript

    縦横に対応したカスタマイズ性に優れたモダンなスクロールバー「Optiscroll」

    Optiscrollは、軽量で高度に最適化されたカスタマイズ性に優れた…

  3. plusGallery

    JavaScript

    Google+のような画像ギャラリーを実装できる「plusGallery」

    plusGalleryはGoogle+のような画像ギャラリーを実装する…

  4. JQuery Portfolio
  5. JavaScript

    JavaScriptのlocation.searchでクエリ情報を取得してみる

    JavaScriptで、現在のページのクエリ情報(URLの末尾にある「…

  6. responsive-flip-pricing-table

    JavaScript

    レスポンシブでフリップによる価格表示の切り替えができる「Responsive Flip Pricin…

    レスポンシブに対応し、フリップによる価格表示の切り替えもできるテーブル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 十和田湖
  2. 富有柿
  3. アイリスオーヤマの加湿器
PAGE TOP