スポット修正ツールのぼかし設定

Lightroom

Lightroomのスポット修正ツールはぼかしを使うといい感じ

Lightroomのスポット修正ツールはRAW現像時に気になる部分をサクッと修正できるので便利ですよね。ただ、上手くいかない事が結構あって、特に多いのが丸い跡がくっきり残ってしまう時。で、ふと思ったのがぼかしという項目。デフォルトではおそらく0になっているかと思います。この数値を上げることで丸い跡が上手くぼかされて自然な感じになります。なんで今まで気づかなかったんだろ…。

[ads_center]

ぼかし設定

どこでぼかし設定するかというと、ここ。

ぼかし設定

このまま修正すると丸い跡が残りやすいので数値を上げます。ここでは分かりやすく100に。

ぼかし設定

ぼかしの設定値はショートカットにも対応していて、shiftキー + [ で下げて、shiftキー + ] で上げることができます。ぼかし数値を上げることでカーソルの外側の円が大きくなっていくので見た目も分かりやすいですね。

ぼかし設定

これで修正すると丸い跡が上手くぼかされていい感じになります。もちろん状況によっては、ぼかさない方がいい場合もあるのでその辺の見極めは大事ですね。

関連記事

  1. Lightroomのヒストグラムで補正するやり方

    Lightroom

    Lightroomでヒストグラムを使って画像を補正してみる

    Lightroomでヒストグラムを直接弄りながら画像を補正するやり方を…

  2. 「ディスクから削減」と「除去」の違い

    Lightroom

    Lightroomで「ディスクから削減」と「除去」の違い

    Lightroomで写真を選別している時によく迷ってしまうのが「ディス…

  3. Lightroomの補正後と補正前の切り替え

    Lightroom

    MacのUSキーボードでLightroomの補正後・補正前を切り替えるショートカットキー

    Lightroomのショートカットキーについて気になったことがあったの…

  4. Lightroomの画像の数

    Lightroom

    Lightroomのライブラリ内に表示されている画像の数を変更するやり方

    Lightroomのライブラリモジュール内にはサムネイル画像が表示され…

  5. Lightroomのかすみ除去

    Lightroom

    Lightroomのかすみ除去が山などの風景写真にとても役立つ

    風景写真で遠くに見える山などを撮影したときに「なんだか霞んで薄いなあ」…

  6. Lightroom

    【Lightroom】スナップショットを活用して1つの画像から様々なパターンの現像設定を保存する

    Lightroomで現像設定をしている時に、1枚の画像から自分の気に入…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. macOS Mojaveのダークモード
  2. Olli
  3. 単語帳メーカー(Flashcard Maker App)
  4. 1Password 7

Facebookページ

PAGE TOP