JavaScript

blur効果で要素を簡単にぼかしてくれるjQueryプラグイン「Foggy」

FoggyというjQueryプラグインを使ってみました。これを使えば指定した要素をblur効果でとても簡単にぼかしてくれます。使い方もシンプルなので、ちょっとぼかしたい部分があるという時に活躍できそうですね。以下は使い方です。

[ads_center]

Foggyの使い方

Foggy

Foggy

こんな感じで指定した要素をぼかすことができます。

使い方は、jQueryとプラグインファイルをhead内に読み込んだ状態で、以下のようにセットするだけです。以下はsampleというクラス名がついた要素をぼかす例です。

$(function() {
    $('.sample').foggy();
});

オプション

オプションでは、ぼかしの強弱や透明度を設定することができます。指定する場合は以下のように記述します。

$(function() {
    $('.sample').foggy({
        blurRadius: 5,
        opacity: 0.6,
        cssFilterSupport: true
    }); 
});

blurRadiusはぼかしの強弱、opacityは透明度を変更することができます。

関連記事

  1. Shine

    JavaScript

    ダイナミック(動的)で美しいシャドウを実装できるJSライブラリ「Shine」

    ShineというJavaScriptライブラリが素敵だったのでメモがて…

  2. Chameleon.js
  3. BigText

    JavaScript

    テキストを指定した幅にフィットさせるjQueryプラグイン「BigText」

    BigTextは、テキストの行を、指定した幅にフィットさせるために必要…

  4. Excolo Slider

    JavaScript

    タッチにも対応しているシンプルなjQueryスライダー「Excolo Slider」

    タッチやマウススライドにも対応しているシンプルなjQueryスライダー…

  5. Slight Submenu
  6. JavaScript

    ホバーすると中心から円形メニューが表示される「jQuery Wheel Menu」

    ホバーするとその地点を中心にして円形メニューが表示されるプラグイン「j…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Anker PowerCore Lite 20000
  2. ネクスタイム
  3. フォールドオーバーポーチ
  4. 田沢湖
  5. ハクバ シリコンクロス

Instagram始めました

Facebookページ

アーカイブ

PAGE TOP