JavaScript

blur効果で要素を簡単にぼかしてくれるjQueryプラグイン「Foggy」

FoggyというjQueryプラグインを使ってみました。これを使えば指定した要素をblur効果でとても簡単にぼかしてくれます。使い方もシンプルなので、ちょっとぼかしたい部分があるという時に活躍できそうですね。以下は使い方です。

[ads_center]

Foggyの使い方

Foggy

Foggy

こんな感じで指定した要素をぼかすことができます。

使い方は、jQueryとプラグインファイルをhead内に読み込んだ状態で、以下のようにセットするだけです。以下はsampleというクラス名がついた要素をぼかす例です。

$(function() {
    $('.sample').foggy();
});

オプション

オプションでは、ぼかしの強弱や透明度を設定することができます。指定する場合は以下のように記述します。

$(function() {
    $('.sample').foggy({
        blurRadius: 5,
        opacity: 0.6,
        cssFilterSupport: true
    }); 
});

blurRadiusはぼかしの強弱、opacityは透明度を変更することができます。

Responsive Elements指定した要素をレスポンシブにしてくれるjQueryプラグイン「Responsive Elements」前のページ

中央に来た項目に焦点を当てるカルーセルを実装できるjQueryプラグイン「FilmRoll」次のページFilmRoll

関連記事

  1. jQuery.Flexdatalist

    JavaScript

    テキスト入力候補を表示させれる「jQuery.Flexdatalist」

    jQuery.Flexdatalistはテキスト入力候補を表示させるこ…

  2. OverlayScrollbars
  3. jQueryプラグインで実装できるカレンダー

    JavaScript

    jQueryプラグインで実装できるカレンダー10選

    jQueryプラグインで実装することができる10個のカレンダーがCod…

  4. Pilpil

    JavaScript

    プログレッシブ形式で画像表示時間を短縮してくれる「Pilpil」

    Pilpilは、ページの画像表示の時間を短縮するためのJSライブラリで…

  5. no-image

    JavaScript

    シンプルなイメージスライダーとカルーセルを実装できる「SkySlider」

    SkySliderはシンプルで軽量、そしてレスポンシブにも対応したイメ…

  6. JavaScript

    カスタマイズも自由にできるjQuery「bxSlider」の使い方

    個人的にかなりよさげなjQueryスライダーを使ってみました。その名も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Aモーニングセット
  2. 白トリュフの塩パンやメロンパンなど
  3. 東京都現代美術館
  4. スーリア バターチキン
  5. そそそ 明太クリームそうめん

アーカイブ

PAGE TOP