JavaScript

blur効果で要素を簡単にぼかしてくれるjQueryプラグイン「Foggy」

FoggyというjQueryプラグインを使ってみました。これを使えば指定した要素をblur効果でとても簡単にぼかしてくれます。使い方もシンプルなので、ちょっとぼかしたい部分があるという時に活躍できそうですね。以下は使い方です。

[ads_center]

Foggyの使い方

Foggy

Foggy

こんな感じで指定した要素をぼかすことができます。

使い方は、jQueryとプラグインファイルをhead内に読み込んだ状態で、以下のようにセットするだけです。以下はsampleというクラス名がついた要素をぼかす例です。

$(function() {
    $('.sample').foggy();
});

オプション

オプションでは、ぼかしの強弱や透明度を設定することができます。指定する場合は以下のように記述します。

$(function() {
    $('.sample').foggy({
        blurRadius: 5,
        opacity: 0.6,
        cssFilterSupport: true
    }); 
});

blurRadiusはぼかしの強弱、opacityは透明度を変更することができます。

関連記事

  1. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQueryのbindメソッドとliveメソッドの簡単な違いや使い方

    bindとliveの違いがちょっとわかりずらかったのでまとめてみました…

  2. no-image
  3. jquery-bubble-text

    JavaScript

    テキストがアニメーションで切り替わっていく「jquery-bubble-text」

    jquery-bubble-textは、テキストが次々に切り替わってい…

  4. Impulse Slider

    JavaScript

    3Dスライダーを実装できるjQueryプラグイン「Impulse Slider」

    Impulse SliderというjQueryプラグインを使えば3Dス…

  5. jQuery.fontFlex
  6. preload

    JavaScript

    プリロードやローディング画面を実装できるjQueryプラグイン「preload」

    preloadは、その名のとおり「プリロード」やローディング中の画面を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. OWL-WDDESK01
  2. ワンタッチ着脱フィルターキット
  3. Soundcore Ace A1
  4. cheero USB-C PD Charger 60W

アーカイブ

PAGE TOP