Force.js

JavaScript

要素を手軽にアニメーション化できる「Force.js」

Force.jsはページ上の要素を手軽にアニメーション化させることができるJSライブラリです。CSS transitionを活用し、さまざま動きが表現可能です。ちなみに、Force.jsは100%ピュアvanillaとのこと。

Force.js

Force.js

Exampleというところでデモ動作を確認することができます。「Hit tha ball!」にある黒丸をクリックすると動き出します。

右側にある「Easing Functions」という項目から、好きなEasingの種類を選択できます。Easing機能には、swing、easeInQuad、easeOutQuad、easeInOutQuad、easeInCubic、easeOutCubic、easeInOutCubic、easeInQuart、easeOutQuart、easeInOutQuartなどなど、たくさんの種類が用意されています。

いろんな動作を試しながら、自分好みEasing機能を見つけてみてはいかがでしょうか。

Durationから速度を変更することも可能です。ライセンスはMITとのこと。

というわけで、要素を手軽にアニメーション化させることができる「Force.js」のご紹介でした。

関連記事

  1. Presentation Slideshow
  2. scrollMonitor

    JavaScript

    要素が表示領域に入ったり出たりするとイベントを受け取れる「scrollMonitor」

    scrollMonitorは、要素が表示領域(ビューポート)に入ったり…

  3. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQueryでマウスオーバーした時に要素を全体的に拡大するやつを作ってみる

    すごくどうでもいい内容なんですが、ちょっとやってみたかったので素人なが…

  4. JavaScript

    スクロールバーにあと何分で読めるかを表示してくれるjQueryプラグイン「jQuery Readin…

    とてもシンプルですが何気に便利そうだったので使ってみました。長文記事を…

  5. LuminJS

    JavaScript

    テキストを徐々にハイライトしていく「LuminJS」

    LuminJSはWebページ上のテキストを徐々にハイライトしていくJa…

  6. Justified Gallery

最近の記事

  1. EH-NA0B
  2. KPS-88
  3. Happy Plugs AIR1
  4. cheero Stream 10000mAh
  5. BOSE HOME SPEAKER 300

アーカイブ

PAGE TOP