Force.js

JavaScript

要素を手軽にアニメーション化できる「Force.js」

Force.jsはページ上の要素を手軽にアニメーション化させることができるJSライブラリです。CSS transitionを活用し、さまざま動きが表現可能です。ちなみに、Force.jsは100%ピュアvanillaとのこと。

Force.js

Force.js

Exampleというところでデモ動作を確認することができます。「Hit tha ball!」にある黒丸をクリックすると動き出します。

右側にある「Easing Functions」という項目から、好きなEasingの種類を選択できます。Easing機能には、swing、easeInQuad、easeOutQuad、easeInOutQuad、easeInCubic、easeOutCubic、easeInOutCubic、easeInQuart、easeOutQuart、easeInOutQuartなどなど、たくさんの種類が用意されています。

いろんな動作を試しながら、自分好みEasing機能を見つけてみてはいかがでしょうか。

Durationから速度を変更することも可能です。ライセンスはMITとのこと。

というわけで、要素を手軽にアニメーション化させることができる「Force.js」のご紹介でした。

関連記事

  1. qpScroll
  2. 2013年上半期jQueryプラグインまとめ

    JavaScript

    当ブログで今まで紹介したjQueryプラグイン25選のまとめ 2011/09 – 201…

    2011年9月〜2012年3月までに当ブログで紹介したjQueryプラ…

  3. Text Rotator
  4. DateTime Picker

    JavaScript

    レスポンシブでフラットデザインの「DateTime Picker」

    DateTime Pickerはレスポンシブ対応のフラットデザインによ…

  5. no-image
  6. DropDownMenu

    JavaScript

    レスポンシブ対応で多階層なドロップダウンメニューを実装できる「DropDownMenu」

    DropDownMenuは、レスポンシブに対応した多階層なドロップダウ…

最近の記事

  1. 200-DGCAM019
  2. ハクバ GW-PRO RED フォトグローブプロ PL
  3. Soundcore Liberty Air 2
  4. Soundcore Liberty 2
  5. マザーツリー

アーカイブ

PAGE TOP