動画をレスポンシブにするCSS

CSS

動画をレスポンシブに対応させるCSSのTipsがとても便利

以前、YouTubeやVimeoからの埋め込み動画をレスポンシブにするjQueryプラグイン「FitVids.JS」をご紹介したんですが、今回はJSを使わずにCSSだけを使って埋め込まれた動画をレスポンシブに対応させるTipsが「Web Designer Wall」にあったのでご紹介します。CSSで完結できるならそれに越したことはないですよね。

[ads_center]

やり方

まずはCSSです。親要素にはposition: relative、子要素にはposition: absoluteでwidthとheightともに100%を指定する必要があります。

.video-container {
    position: relative;
    padding-bottom: 56.25%;
    padding-top: 30px;
    height: 0;
    overflow: hidden;
}

.video-container iframe,  
.video-container object,  
.video-container embed {
    position: absolute;
    top: 0;
    left: 0;
    width: 100%;
    height: 100%;
}

HTMLはYouTubeなどから埋め込まれた要素をvideo-containerのクラスを付けた要素で内包します。

<div class="video-container">
    <!-- ここにYouTubeやVimeoの埋め込みコード -->
</div>

CSSだけで埋め込み動画をレスポンシブにすることができるなら、JSなどを読み込まなくていい分、軽量になるので嬉しいですね。とても参考になりました。

参考サイト

Sticky Notes付箋にメモを書いて画面内に複数追加できるChrome拡張機能「Sticky Notes」前のページ

Photoshopの逆光フィルターを使って画像に太陽を加える方法次のページPhotoshopで太陽を追加するやり方

関連記事

  1. Three Dots

    CSS

    シンプルで可愛いCSSローディングアニメーション「Three Dots」

    Three Dotsはアニメーション付きのシンプルで可愛いCSSローデ…

  2. CSS

    CSS3でフォントサイズを指定する単位は「rem」がとても便利

    CSS3から新しく出来たフォントサイズ指定の単位「rem」がとても便利…

  3. CSS

    リストを横並びにした際に簡単に均等にすることができるdisplay:table-cellを使ってみる…

    リストを横並びにした際にli要素の幅を簡単に均等にすることができるdi…

  4. CSS

    CSS3でシンプルで簡単なボタンを作ってみる

    CSS3を使って簡単なボタンを作ってみました。画像を使わなくてもCSS…

  5. CSSグラデーションジェネレーター「Gradientoo」

    CSS

    直感的な操作感!CSSグラデーションを作成できるジェネレーター「Gradientoo」

    CSSのグラデーションを作成できる素敵なジェネレーター「Gradien…

  6. Animated Transition Effects

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. DCG-CA21
  2. Apple WatchでのMacロック解除を無効
  3. オータムスイートポテトフラペチーノ
  4. 紅葉
  5. ナノケア EH-NA0E

アーカイブ

PAGE TOP