CSS

CSSの:beforeと:afterを使ってちょっとした装飾をつけてみる

CSSの:beforeと:afterを使ってちょっとした装飾をつけることができます。HTMLに直接こうした装飾を記述するのが嫌だなって時に使えますね。応用次第で色々と便利に活用できそうな感じです。ということで簡単ですが、以下やり方です。

[ads_center]

やり方

例えば見出しの横に「☆」なんかをつけたい場合。

HTML

<h3 class="sample">サンプルテキスト</h3>

CSS

.sample:before {
    content: "★☆ ";
    color: #F63
}

.sample:after {
    content: " ☆★";
    color: #F63;
}

こんな感じで前と後ろに星マークを入れることができます。

星マークを前と後ろに入れる

他にもテキストの後ろに「NEW」を入れたりとか。

CSS

.sample:after {
    content: " NEW";
    color: red;
    font-size: 12px;
}

こんな感じになります。よくありそうですね。

テキストの後ろに「NEW」を入れる

ということで、:beforeや:afterを使えばちょっとした装飾をつけることができるので便利ですね。

ちなみにこれを使えばblockquoteのデザインにも使えたりします。

シンプルな構成で簡単に実装することができるツールチップ「jQuery PowerTip」前のページ

マウスオーバーなどで画像を拡大してくれるシンプルなjQueryプラグイン「jQuery Zoom」次のページ

関連記事

  1. CSS

    CSS3でフォントサイズを指定する単位は「rem」がとても便利

    CSS3から新しく出来たフォントサイズ指定の単位「rem」がとても便利…

  2. Media Queriesの@media
  3. CSSで背景画像をアニメーションさせる

    CSS

    CSSを使ってテキストに背景画像を設定して背景をアニメーションさせるやり方

    ちょっと個人的にいいなって思ったTipsがあったのでご紹介します。CS…

  4. CSS

    WebデザインのためCSSエフェクトを実装できる5つのライブラリ

    とても役立ちそうなまとめだったのでメモがてらご紹介します。Webデザイ…

  5. CSS

    CSSを使ったエフェクトつきボタンを探せる「CSS Buttons」

    CSSでエフェクトがついたボタンを作りたいときに役立つ「CSS But…

  6. CSSで文字の長さに合わせる

    CSS

    CSSで文字の長さにwidthを合わせてbacgroundやborderを表示させるやり方

    CSSでブロック要素のwidthを文字の長さに合わせるやり方をご紹介し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パーソナルパーティション
  2. 200-DGBG020

アーカイブ

PAGE TOP