タンザニア ルブマ

買いもの

タンザニア ルブマ

秋っぽいブラウンカラーにひかれて購入したスタバのタンザニア ルブマ。ちょうどコーヒー豆がなくなりそうだったので、なにか新作でも出てるかなと期待してコーヒー豆がならぶ棚をチェックしてみると、これがさりげなく置かれていた。ふと下に目をやると大きなカゴにもいっぱい積まれていて「おおこれが新作なのか」と理解して、レジへもっていきドリップとともに会計をした。「ルブマってなんだろう?」と疑問に思い調べてみたら、どうやら東アフリカ・タンザニアの南部にある州だった。なるほど、ここで栽培された豆ということか。以前購入したペルーチュンキよりも豆の色は暗めであり、ミルで挽いたときのかたさは軽めだった。味はほろ苦く、どこかほうじ茶のような味を彷彿とさせる。ただ香りにはフルーティさも含まれており、不思議なバランス力を秘めたコーヒー豆に感じた。ちなみに公式サイトにはチョコレートやモルトを思わせる甘みとタマリンドのような風味、そして後味にスパイスがあるなめらかな口あたりが特徴と書かれていた。あいかわらず僕の味覚は鈍感で「ほうじ茶ってどこからきたんだ……」とあきれてしまう始末だが、まあそれは今にはじまったことじゃないのでどうでもいい。いずれにせよ酸味・コクともにミディアムであることからバランスに優れた豆であることはたしかです。公式サイトをのぞいてみると、いま季節のおすすめにはこのタンザニア ルブマのほかにアニバーサリーブレンドという豆もあるらしい。こちらは酸味がLOWでコクがFULLと書かれている。スターバックスの創業を記念して特別につくられたコーヒーだそうで、パッケージにはスタバのロゴにもなっている、あの人魚のサイレンが描かれている。これはもう買うしかない。でも先日スタバに行ったときは置かれてなかった気がする。つぎに行ったときはもう一度ちゃんとチェックしてみよう。

ドリップコーヒードリップだけ前のページ

ジェットストリームの買い替え次のページジェットストリーム

最近の記事

  1. ポーレックスの手動ミル
  2. クリスマスブロンドロースト
  3. トマトとニンニク
  4. ウィンターホワイトマグツリー
  5. 読書の進捗状況を非表示にする
PAGE TOP