ジェットストリーム

買いもの

ジェットストリームの買い替え

おもに仕事で使っているジェットストリームが壊れてしまった。思えばこれを購入したのは2018年の3月だったっけな(まあAmazonの購入履歴で確認したのだけど)。つまり4年半も経ったわけだ。もちろんその間なんども替芯を交換しました。だから僕はてっきりこのまま半永久的にこの流れがつづくとばかり思ってたのだが、まさか本体が壊れるなんて思いもしなかった。「かたちあるもの、いつかは壊れるのだな」とあらためて思い知った今日このごろです。さてどこが壊れたかというとグリップのところです。替芯を交換するとき、まずはここをくるくるまわして取るんだけど、ここがしっかり締まらなくなった(つまりネジがなめた状態)。なのでいざ使うときにここが下がっていたり書きづらかったりするわけです。そんなわけで4年半ぶりに新品を手にしたんだけど、これがもうびっくりするほど変わってない。写真をごらんください。

左が4年半使ったもの、右が新品になります。まあさすがにシールは剥げちゃってますが、それでもここまで変わらないプロダクトというのはめずらしいように思う。それとも文房具界ではわりとあたりまえのことなのだろうか。いずれにせよ変わらないというのは変える必要がないわけで、つまりはこれがこのペンにおける「完成形」といえる。そして僕もなんの迷いもなく再購入しちゃったし、またこのペンに対する不満もなければ要望もない。新品を手にした瞬間から4年半という歳月の、指へのたしかななじみを実感できる。あえて変わったことといえば、新品ゆえのグリップが少しやわらかく感じるのとペンを繰りだすときの動作がなめらかに感じることくらいかな。あとはいつもどおり青と緑は使わないから黒の替芯と交換して(黒のバックアップです)僕だけのカスタムジェットストリームの完成です。ただ最近は黒3本もいらないかなと感じてきたのでもしかすると今後は黒と赤を2本ずつにするかもしれない。さてさて、今度は何年もってくれるかな。

タンザニア ルブマタンザニア ルブマ前のページ

アゲハ蝶次のページアゲハ蝶

最近の記事

  1. ポーレックスの手動ミル
  2. クリスマスブロンドロースト
  3. トマトとニンニク
  4. ウィンターホワイトマグツリー
  5. 読書の進捗状況を非表示にする
PAGE TOP