カマキリ

雑記

カマキリ

散歩中になにやらヒラリと葉っぱのようなものが動き、じっと凝視してみるとバカでかいカマキリだった。これはオオカマキリの雌だろうな。ちょっと標高の高い場所を歩いてたので気温は15度くらい?と少し肌寒かった。そのような秋の気候になると、やはりこいつにときおり出くわしてしまう。つかまえてやろうかとも思ったけど、カマで攻撃されたらとんでもなく痛いのでそのままスルーした。カマキリもカマキリで僕にまったく興味をしめさず、せっせと目的地(そのような場所があるのかわからないけど)をめざして歩を進めていた。翌朝、その日は一般的な標高の場所を散歩していて、ふとスマホで現在の気温を確認してみると18度だった。このくらいの気温だと(うすい上着一枚で)歩いていても汗をかくこともなくじつに快適です。いつのまにか柿もしっかりとオレンジ色に染まり、たわわにその実を宿していた。最近はスーパーで買った柿をよく食べている。あいかわらず甘くて濃厚でおいしい。前まで四等分にしてから皮をむいてたんだけど、ここ最近は最初にくるくると皮をむいてから四等分にしています。たまにやわらかい個体があって、そういうのは四等分したあとだと皮がむきづらいのだ(むいてるときに実を潰しかねない)。ちなみに今日はお昼にりんごと柿を一緒に食べたら午後からお腹が少し痛くなってしまった。もしかするとこの組み合わせはあまりよろしくないのかも。明日は梨と柿にしてみようかな。でもどちらも秋の味覚だし、一緒に食べても問題なさそうなんだけどなあ。なんかカマキリから食べものの話にうつってしまった……。まあ食欲の秋ということで。

チキンサブジシティベーカリーのレストランでチキンサブジをいただく前のページ

コールドブリューコーヒー次のページコールドブリューコーヒー

最近の記事

  1. ポーレックスの手動ミル
  2. クリスマスブロンドロースト
  3. トマトとニンニク
  4. ウィンターホワイトマグツリー
  5. 読書の進捗状況を非表示にする
PAGE TOP