伊豆錦とシャインマスカット

雑記

伊豆錦とシャインマスカット

先日ぶどうをいただいたら「伊豆錦」というはじめて聞くワードのぶどうが入っていた。となりの緑色をしたものは言わずもがな、シャインマスカットであるが、こちらは毎年よく食べてるのでもはや僕のなかで秋のキングオブ定番フルーツです。今年も皮ごとぺろりとおいしくいただきました。さて伊豆錦。こちらはさすがに皮まで食べれないだろうなと思い、かるく皮をむいてそのすきまから実を押しだすようにして(わりときれいに出てくれます)口のなかへ投入する。甘くてみずみずしくて「これぞ、ぶどう」とでも言いたくなるような味わいです。シャインマスカットと食べくらべながらポンポン口のなかに放りこんで「秋の味覚」を堪能した。それにしても伊豆錦ってけっこう巨峰に近いんだな。目をつぶって「このぶどうは何でしょう?」と訊かれたら、おそらく「巨峰です」と答えちゃう。まあ今となっては伊豆錦の味もひとつの経験値として獲得できたし「うーん、これは伊豆錦ですね」なんて回答もなくはないが、ただ伊豆錦という知名度はそんなに高くないと思うので、巨峰といっても差し支えないだろう。というか逆に「おお、これは伊豆錦じゃないですか」なんて言われたら「この人めちゃくちゃぶどうに詳しいな……」と、ちょっとした「ぶどう博士」にまつりあげられるかもしれない(それはそれで誇らしいけれど)。こうやってぶどうを食べてると、もう秋の足音がすぐそこまで来ていることを強く実感する。窓の外からはスズムシのような「ヒリヒリヒリヒリ」という繊細で緻密な鳴き声が聞こえてくる。ときおり、道路を車が「シャー」っとかけぬけてゆく。

メメント・モリと写真メメント・モリと写真前のページ

クラークス(デザートブーツ)のお手入れ次のページデザートブーツ

最近の記事

  1. ドリップコーヒー
  2. コールドブリューコーヒー
  3. カマキリ
  4. チキンサブジ
  5. trolox(トロロックス)
PAGE TOP