macOS Mojaveのダークモード

Mac

macOS Mojaveのダークモードがコンテンツや作業に集中しやすくていい感じ

macOS Mojaveから実装されたダークモードを使ってみました。メニューバーやFinderなどがダーク系の色になるので、コンテンツや作業に集中したいときには最適です。さらにダークモードに対応しているアプリであれば、そのアプリもダークモードに変更されるのでとても便利です。

ライトモードとダークモードを切り替えるやり方

ライトモードからダークモード、またはその逆に切り替えるやり方はシステム環境設定から行えます。「システム環境設定」→「一般」を開くと、一番上に外観モードを選択できる項目があるので、ここから「ライト」か「ダーク」を設定します。

ライトモードとダークモードの切り替え

上記画像のように、ダークモードだとシステム環境設定の画面も黒い背景に変化します。Finderやカレンダーなど、デフォルトでインストールされているMac純正アプリはほとんどダークモードに対応している感じですね。

というわけで、macOS Mojaveから実装されたダークモードの紹介でした。何かに集中したいときにダークモードへ切り替えたり、昼と夜にあわせてライトモードとダークモードを使い分けたりなんていう使い方もよさそうですね。

関連記事

  1. スタック

    Mac

    散らかったデスクトップを一瞬でキレイに整理整頓できるMacのスタック

    macOS Mojaveから新たに追加された機能「スタック」がとても便…

最近の記事

  1. OWL-WDDESK01
  2. ワンタッチ着脱フィルターキット
  3. Soundcore Ace A1
  4. cheero USB-C PD Charger 60W

アーカイブ

PAGE TOP