スタバのドリップのショート

お出かけ

朝からスタバで静かな時間を過ごす2020年の元旦

さすがに元旦は仕事も休みだったので(翌日からまた仕事だけど……)早起きして朝からいそいそとスタバへ向かった。いつも行ってるスタバは7時開店なのでそれにあわせたかったのだが、この日はすさまじい大雪で予想以上に運転に時間がかかってしまった。おかげで30分も遅刻です。途中に見える巨大な風車もこの日は白く霞んでいてその姿形が認識しづらくなっていた。

ホワイトアウトを抜けてやっとの思いで秋田駅に到着し、まずはトピコのスタバをチェックする。うん、けっこう混んでいる。ここは駅の改札近くだから通勤・通学の人や旅行客で混みやすいんだよな。たまにはこっちで飲もうと思ったんだけど、まあ混んでるなら仕方がない。僕はいつも行くアルスのスタバへ駆け込むことにした。

アルスはトピコの隣にあるデパートで(上はホテルメトロポリタン)駅の改札から少し距離があるせいか、朝のスタバは比較的空いている。この日もまだ2、3組しかいなかった。

前日の夜に「明日はあずきフラペのホットバージョンでも飲んでみようかな」と思いながら新年を迎えたわけだけど、いざ朝になってみたらどうもフラペ気分ではない。そもそも甘いものを欲しない朝だったのだ(ホワイトアウトのせいかな?)。

ドリップのショートを注文し、それを受けとりソファ席へと移動する。いつもどおり静かな朝のスタバだ。でも店員の数がいつもより多い気がする。元旦だし初売だし今日はかなりの混雑が予想されるのだろう。なんだか今このひとときが嵐の前触れのような静けさに思えてくる。

ふと窓の外に目をやると、大きな観光バスがとまっていた。バスの横には「きっと見つかる私の旅。もっと世界へ」と書かれている。窓のそばに座っている2人組の女性客はどちらもぐったりと疲れ切っていた。片方は頭を横にかたむけて眠っており、もう片方は窓の外を眺めている。テーブル席に座っている3人組の男女は、スマホを手に持ちながら楽しそうに雑談していた。僕は可もなく不可もなく、ただコーヒーを飲みながらスマホで本を読んでいた。

30分も経過すると客が一人また一人と店を出ていった。いっぽうで来店する客はまだ誰もいない。ふたたび窓の外に目をうつすと、先ほどのバスはすでに旅立たれたあとだった。そして目の前にはいつもの駅前の景色が広がり、いつもと似たような数の人が行き交い、いつもと同じ冬の寒さに見舞われていた。僕は冷えきってしまった残りのコーヒーを一気に飲み干し、次の目的地へと向かった。

サンペレグリノサンペレグリノ スパークリング ナチュラルミネラルウォーター前のページ

彌高神社と八幡秋田神社に初詣次のページ大雪の千秋公園のお堀

最近の記事

  1. クリスマスブロンドロースト
  2. トマトとニンニク
  3. ウィンターホワイトマグツリー
  4. 読書の進捗状況を非表示にする
  5. 牛すじ煮込みカレーと温野菜
PAGE TOP