ドリップコーヒー

お出かけ

いつぶりのスタバだろう

休日でとくに予定もなかったからひさしぶりに朝カフェでもしてのんびり過ごそうと早朝から支度をする。あきらかに外は寒そうだ。でも日中は(散歩をする予定なので)暑くなりそうだから、この日は半袖にお気に入りのリネンシャツを羽織って家をでた。外の気温は14℃となかなかの冷えっぷりである。これなら今日は半袖になることはないかもなと思っていたが、散歩中はやっぱり暑くて一度だけシャツを脱いでしまった。でも途中で少し休憩をはさんだら信号待ちとかで肌寒く感じたので帰りにはまたシャツを羽織り車へともどった。ひさぶりのスタバは朝イチということもあり客はまだ一人しかいなかった。さっそく豆コーナーへ行き目的のオータムブレンドを探す。ちょうど大きなバスケットかごのなかに季節のコーヒー豆がたっぷりと積まれていたのでそこからオータムブレンドをゲットしてレジへと持っていく。ほかにはウガンダルウェンゾリという豆も用意されていた。とりあえず秋を感じたくてオータムブレンドを選んだけど、つぎはウガンダウェンゾリも飲んでみたい。と思っていたら、なんとサンプルでいただいた。そしてさっそくこれを飲みながら、いま自宅でこの文章を書いているんだけど、苦味と酸味のバランスがよく、さわやかさも感じられる奥深い味わいでとてもおいしい。秋晴れの休日なんかに飲みたくなるコーヒーです。コーヒー豆と、それからドリップを受けとり大テーブルへと移動する。大テーブルではいつのまにか、あの透明な仕切りはきれいに取りはらわれていた。これが本来あるべき姿なはずだけど、すっかり仕切りがある生活になじみすぎていたため妙に落ちつかなかった。あまりにも広々しすぎていたのだ。でもそのような光景も、30分も座っていれば徐々に慣れてきて気にならなくなった。さいわい大テーブルには誰もおらず静かで落ちついた時間を過ごすことができた。BGMにはThe Pinesの『Shiny Shoes』がそっと寄り添うようなやさしいメロディで流れていた。秋のさわやかな風がカラダを通りぬけていくような、そんな歌声だ。そういえば新作のおさつバターフラペチーノを飲みたいと思っていたのだけど、スタバへ向かっている最中に気分がブラックに変わってしまった。まるで秋の空のようにころころ変わる。まあでもいずれ機会があればおさつバターフラペチーノも飲んでみたい。予報では午後から雨だったので午前中に外での活動を済ませ、午後は家でだらだら過ごすことにした。でもいまのところ雨が降る気配はあまり感じられない(多少くもってはきてるけど)。今日もエアコンいらずの過ごしやすい天気だ。

秋の移ろいやすい空。いっこうに進まないゼルダ前のページ

ライオンコーヒー次のページライオンコーヒー

最近の記事

  1. バレンシア風パエリア
  2. フロランショコラサンド
  3. マーナのfit歯ブラシ(カーブ)
  4. ドリッパー
PAGE TOP