椿屋珈琲

お出かけ

10時開店のカフェもなかなか使い勝手がいい

オールドデリーに行きたくて少し早めに銀座へ到着したのはいいものの、いや少しではなく(開店まで)1時間もまえにきてしまった。そんなわけでどこかで時間をつぶすためうろうろしながらカフェを探す。スタバのリザーブもよかったけれど先日行ったばかりだったし今回は椿屋珈琲にした。銀座にいくつか店舗があるけど僕が訪れたのはGINZA SIXの近くの方です。いちおうここが銀座本館になるみたい。10時開店というのが個人的に気に入った。ちょうど入店した時刻もそのくらいだったので客はまだだれもいなかった。禁煙席の窓ぎわに座り、メニューをひととおり眺めてからコーヒーを注文する。椿屋オリジナルブレンドではなくもうちょっと高めのコーヒーを頼んだのだが、すっかり名前を忘れてしまった……。熱々のコーヒーをちょびちょび飲みながら一人優雅な時間を過ごす。窓からは銀座の街並み(といっても大通りではないけど)がみえ、天井からはクラシック音楽が流れ、テーブルからは豊かなコーヒーの香りが立ちこめてくる。もう今日一日ずっとここにいようかと思ってしまった。そのくらい開店直後のだれもいない椿屋珈琲は居心地がいい。10時開店というのは僕にとってこういうスケジュールを組むことができる。

07:00:スターバックス
08:00:散歩
10:00:椿屋珈琲
11:00:オールドデリー

すべての店舗を開店直後に行けるので空いててじつに快適な休日を過ごすことができる。まさに理想的な休日だ。で、午後はどこのカフェも混むから映画館やショッピングを楽しむ時間にすれば完璧です。どうしても休憩したくなったらホテルのラウンジだったり丸善のパーソナルラウンジだったりそういう場所に行けばいい。ところで僕は外を歩いているときの人混みはぜんぜん平気なんだけど店の中の人混みはどうも苦手で「早く出たい」となってしまう。どうしてだろうとあらためて考えてみると、おそらく外を歩いているときは人間観察(その人のファッションとか)も一つの楽しみにふくまれていて、逆に店にいるときは店での目的に意識が優先されるから、できるだけ空いてる方がいいと感じるのかもしれない。

バターマサラとムルグサグなぜか2枚目のナンが運ばれてくる(笑)前のページ

MySQLのパスワードが原因だった次のページ

最近の記事

  1. ススキ
  2. トリュフ香る黒釜玉そうめん
  3. ホットコーヒーとポップコーンとおしぼり
PAGE TOP