久保田城

お出かけ

RX100M6を持って氷点下のなか千秋公園や秋田駅周辺を撮影してきた

先日購入したRX100M6の試し撮りをするために、今回は千秋公園や秋田駅周辺を撮影してきました。ちょうど大きな寒波が来ていたこともあり、朝から氷点下でめちゃくちゃ寒かったです……。道路はツルツルで足場は悪く、手袋を買い忘れてカメラ操作もままならず、初日からハードな撮影になってしまいました。

ただ長時間撮影するなかで、やはり24-200mmという焦点距離は動きづらい状況下ではとても強力な武器になるなと感じました。雪が積もっている場所や足場が滑りやすい場所では、無理して被写体に近づかなくてもズームして距離を詰めれるのでかなり助かります。従来よりもレンズが暗くなってしまったことを心配していましたが、このサイズで200mmまで使える利便性の高さを一度享受してしまったらもう多少レンズが暗くても24-70mmの頃には戻れないかもしれません。

電源を入れてからの起動も速いし、ポップアップ式のEVFもワンプッシュで使えるようになったのでシャッターチャンスにも強くなりました。ただ、何度かフォーカスエリアが画面の端の方にセットされていて(フレキシブルスポットSの設定にしています)、なんでだろう?と不思議に思っていましたが、たぶんシャッターを構えたときに鼻の先がタッチパネルに当たったせいかもしれません。これが発生するたびにいちいち中央に戻さなければならないので、この点がめんどくさかったです。とはいえ、タッチパネルから好きな位置へフォーカスエリアをセットできるのはとても便利ですね。三脚にセットしたときや動画撮影ではかなり役立つと思います。

それから個人的に超重要な機能であるAEロック(露出固定)ですが、これはカスタムキーで中央ボタンにセットしました。名称は「再押しAEL」になります。撮影しているとどうしても「そこじゃない」というシーンに出くわすので、そういうときは自分の好きな位置で測光してあげる(ピントを合わせて中央ボタンを押すだけ)ことで理想の露出に固定できます。

とまあこんな感じで特に大きな問題もなく、楽しく(寒かったけど)撮影できました。RX100M6のひんやりする金属の質感が氷点下のせいでさらに冷たくなり、凍らないか心配でしたが最後までしっかり動作してくれてよかったです。とりあえず、今回の反省点はカメラマングローブを買い忘れていたことだったので、速攻でポチっておきました。また届いたらそちらもレビューしたいと思います。

追記:Grip Hot Shot IIIを購入しました。

ツルツルの道路

終わりかけの紅葉

手水舎

手水舎

久保田城

千秋公園

湖月池

千秋公園売店

紅葉

秋田駅周辺

ハードサイド CS80荷物をスッキリ持ち運べる軽量で保護性に優れたロープロのカメラケース「ハードサイド CS80」がいい感じ前のページ

本革仕様で高級感あるソニーのカメラストラップ「STP-XH70」次のページSTP-XH70

関連記事

  1. 白トリュフの塩パンやメロンパンなど

    お出かけ

    広尾のトリュフベーカリーで白トリュフの塩パンを購入

    広尾商店街前の交差点の一角にあるトリュフベーカリーに行ってきた。この場…

  2. スラウェシ トラジャ

    お出かけ

    スラウェシ トラジャの珈琲を一杯

    天気予報がくもりと雨だったので家にいたかったのだけど、どうしても伸びた…

  3. 鶴岡公園の桜

    お出かけ

    【note】桜が咲き、白鳥が羽をやすめる鶴岡公園

    いつもどおり散歩をするために公園へ。今回は山形の鶴岡公園までやってきた…

  4. えびアボカドサラダラップとドリップコーヒー

    お出かけ

    えびアボカドサラダラップとドリップコーヒー

    最高に晴れた休日の朝、いつもどおり早起きしてスタバへむかう。青空のドラ…

  5. 盛岡の中津川沿い

    お出かけ

    どしゃ降りのなか盛岡の中津川沿いを歩く

    なんだか無性に遠出したくなったので盛岡まで行ってきた。だいたい車で2、…

  6. 岩木山

    お出かけ

    【note】岩木山登頂!

    人生ではじめて岩木山に登った。暦のうえでは9月初旬だが、気温はだいぶ高…

最近の記事

  1. 甘柿
  2. 冬用のふとん
  3. 田沢湖
PAGE TOP