LogoScopic Studio

モバイル

プロっぽいロゴを簡単に作成できるiPhoneアプリ「LogoScopic Studio」

iPhoneやiPadで簡単にロゴを作成できるアプリ「LogoScopic Studio」を使ってみました。ロゴを選んで任意のテキストを入力して、フォントやカラーなどを設定するだけであっという間にプロっぽいロゴが完成します。

サクッと手軽にかっこいいロゴをつくりたい方にはピッタリですね。スマホでロゴを作成するアプリを探しているならオススメです。

というわけで、さっそく試しにロゴをつくってみたのでレビューがてらご紹介します。

LogoScopic Studioの使い方

アプリは無料と有料のものがありますが、今回は無料のものをインストールしてみました。

無料版では選べるロゴやフォントに限りがあるので、フルで使いたい場合は最初から有料版を購入した方がいいかと思います。

最初にアプリを起動するとチュートリアルが表示されるので、ここで簡単な使い方を確認しておきます。

チュートリアルを終えたら、さっそくロゴを選んでいきます。こんな感じで大まかなカテゴリーに分類されています。

大まかなカテゴリーに分類

ART、LIFESTYLE、FASHION、PEOPLEなどがあります。ここではICONICから選びました。

ICONIC

ロゴを選択すると、まずはテキストを編集するか背景を編集するかを選びます。とりあえずテキストを編集してみます。↓

テキストを編集

こんな感じで編集画面が表示されます。テキスト部分をダブルタップすると好きな文字を入力できます。サイズ、不透明度、カラーなどを調整しながら決めていきます。フォントもたくさんの種類が用意されていて、このように見やすいカテゴリー別に分かれています。

フォントの種類

以下はLIGHTのなかにあるフォントです。

LIGHTのなかにあるフォント

背景を編集する場合は以下のアイコンをタップします。

背景を編集

背景にはこんな感じで好きなカラーを指定できます。

好きなカラーを指定

できあがったらチェックのアイコンをタップします。

チェックのアイコンをタップ

このとき、背景を必要とするかどうか(WithoutかWith)を選択できるので、任意のものを選択します。今回はWithout(背景を透明)を選択しました。

SAVEを選ぶと写真アプリに保存されます。EMAILではメールでロゴを送ることができます。

ロゴを保存

↓ 実際に完成したロゴがこちらです。リサイズだけPC上で行いました。

完成したロゴ

このように手軽にロゴを作成できるので、興味がある方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

流し撮り風の写真の作り方Photoshopのブレ効果(ぼかし)を使って流し撮り風の写真をつくるやり方前のページ

たくさんのWebページURLを一気にコピーするChrome拡張機能「Copy All Urls」次のページCopy All Urls

関連記事

  1. フラッシュライト(懐中電灯)の明るさ調整

    モバイル

    iPhone 7(iOS 10)でフラッシュライト(懐中電灯)の明るさを調整するやり方

    なかなか画期的な新機能だったのでメモがてらご紹介します。iOS 10で…

  2. 文章をドラッグ&ドロップで移動

    モバイル

    【iOS 11】選択した文章をドラッグ&ドロップで簡単に移動するやり方

    またまたiOS 11で便利な機能を発見したので紹介します。今まで文章を…

  3. This by Tinrocket
  4. Apple Watchでスクリーンショット

    モバイル

    Apple Watchでスクリーンショットを撮るための設定方法

    iPhoneやMacでは、いま見ている画面のスクリーンショットを撮るこ…

  5. iPhone画面が暗くならない設定方法

    モバイル

    iPhoneの画面が暗くならない(消えない)ようにする設定方法

    iPhoneでネットを楽しんでいる時やアプリに熱中している時、ちょっと…

  6. Safariのリーディングリスト

    モバイル

    iPhoneのSafariでオフラインや圏外の時でもWebページを見る方法

    普段iPhoneを使っていると、たまにオフラインや圏外の時でもWebペ…

最近の記事

  1. ベルボン Mシリーズ
  2. ネック冷却ファン NRF10
  3. Kindle 8GBモデル
  4. プロテクティングクロス PC-E2
  5. インナーソフトボックス 02

アーカイブ

PAGE TOP