LogoScopic Studio

モバイル

プロっぽいロゴを簡単に作成できるiPhoneアプリ「LogoScopic Studio」

iPhoneやiPadで簡単にロゴを作成できるアプリ「LogoScopic Studio」を使ってみました。ロゴを選んで任意のテキストを入力して、フォントやカラーなどを設定するだけであっという間にプロっぽいロゴが完成します。

サクッと手軽にかっこいいロゴをつくりたい方にはピッタリですね。スマホでロゴを作成するアプリを探しているならオススメです。

というわけで、さっそく試しにロゴをつくってみたのでレビューがてらご紹介します。

LogoScopic Studioの使い方

アプリは無料と有料のものがありますが、今回は無料のものをインストールしてみました。

無料版では選べるロゴやフォントに限りがあるので、フルで使いたい場合は最初から有料版を購入した方がいいかと思います。

最初にアプリを起動するとチュートリアルが表示されるので、ここで簡単な使い方を確認しておきます。

チュートリアルを終えたら、さっそくロゴを選んでいきます。こんな感じで大まかなカテゴリーに分類されています。

大まかなカテゴリーに分類

ART、LIFESTYLE、FASHION、PEOPLEなどがあります。ここではICONICから選びました。

ICONIC

ロゴを選択すると、まずはテキストを編集するか背景を編集するかを選びます。とりあえずテキストを編集してみます。↓

テキストを編集

こんな感じで編集画面が表示されます。テキスト部分をダブルタップすると好きな文字を入力できます。サイズ、不透明度、カラーなどを調整しながら決めていきます。フォントもたくさんの種類が用意されていて、このように見やすいカテゴリー別に分かれています。

フォントの種類

以下はLIGHTのなかにあるフォントです。

LIGHTのなかにあるフォント

背景を編集する場合は以下のアイコンをタップします。

背景を編集

背景にはこんな感じで好きなカラーを指定できます。

好きなカラーを指定

できあがったらチェックのアイコンをタップします。

チェックのアイコンをタップ

このとき、背景を必要とするかどうか(WithoutかWith)を選択できるので、任意のものを選択します。今回はWithout(背景を透明)を選択しました。

SAVEを選ぶと写真アプリに保存されます。EMAILではメールでロゴを送ることができます。

ロゴを保存

↓ 実際に完成したロゴがこちらです。リサイズだけPC上で行いました。

完成したロゴ

このように手軽にロゴを作成できるので、興味がある方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

流し撮り風の写真の作り方Photoshopのブレ効果(ぼかし)を使って流し撮り風の写真をつくるやり方前のページ

たくさんのWebページURLを一気にコピーするChrome拡張機能「Copy All Urls」次のページCopy All Urls

関連記事

  1. Safariのリーディングリスト

    モバイル

    iPhoneのSafariでオフラインや圏外の時でもWebページを見る方法

    普段iPhoneを使っていると、たまにオフラインや圏外の時でもWebペ…

  2. PicFrame

    モバイル

    多彩なフレームが魅力的!複数の写真を1枚にまとめれるiPhoneアプリ「PicFrame」

    PicFrameというiPhoneアプリを使ってみたのでご紹介します。…

  3. 文字数カウントメモ

    モバイル

    文字カウンターつきのiPhoneメモ帳アプリ「文字数カウントメモ」が便利すぎる

    iPhoneで文章を書いているときに、現在の文字数を知りたくなった経験…

  4. GoodReaderでファイル名を変更

    モバイル

    iPhoneやiPadのGoodReaderでファイル名を変更(リネーム)するやり方

    iPhoneで毎回PDFファイルの閲覧に使用しているアプリがGoodR…

  5. モバイル

    iPhoneのバッテリーを節約したいときに役立つアプリ「バッテリーマニア」

    一日中、iPhoneを携帯していると心配になるのが「バッテリー」です。…

最近の記事

  1. 蒼龍唐玉堂 特製牛バラ担々麺
  2. サーモンアボカドサラダラップとドリップ
  3. 猿田彦フレンチ
  4. Zarigani Curry 挽肉のカレー ゴーダチーズとピクルスを添えて
  5. ビジネスホテル

アーカイブ

PAGE TOP