Copy All Urls

Web Information

たくさんのWebページURLを一気にコピーするChrome拡張機能「Copy All Urls」

現在ひらいているタブのWebページURLをまとめて一気にコピーしたいときってありませんか? そんなときに便利なのが今回ご紹介するChrome拡張機能「Copy All Urls」です。

資料作成や調べものをしているときに、参考となるページのURLリストを瞬時につくることができるので、入れておいて損はない機能ではないでしょうか。

Copy All Urlsの使い方

Copy All Urls – Chrome ウェブストア

すると白黒のカサのアイコンが追加されます。

アイコンが追加

そしてコピーしたいページを開いている状態でアイコンから「Copy」をクリックします。

Copy

ここでは6つのタブをひらいていたので、「6 urls successfully copied !」と表示されました。これでコピーが完了です。

現在ひらいているページのURLがすべてコピーされました。試しにどこかへペーストしてみると、このように簡単にURLリストを作成できました。

簡単にURLリストを作成できる

これはかなり便利な機能ですね。また、URLをコピーしている状態で「Paste」をクリックすると(Paste ↓)、

Paste

そのURLのページをすべて開いてくれます。

例えば、調べものをしている際に急な仕事が舞い込んできて、一旦ブラウザを閉じてあとでまた今の状態を再現したいときなんかに活用できます。

ポイントはURLをコピーしている状態でないとPasteしても無意味なので、あとでそれらのページを開きたいときは、コピーしたURLをどこかへ保存しておくと安心です。

また、Optionsからオプションを設定することができます。

オプション設定

フォーマットをHTMLやJSONなどに変更したり(デフォルトはText)、複数のウィンドウで開いているページのURLをすべてコピーさせる(Copy tabs from all windows)ようにしたりといった設定が可能です。

ほかにもいくつか項目があるので、気になる方はぜひ確認してみてください。

というわけで、たくさんのURLを一気にコピーできる「Copy All Urls」のご紹介でした。Chromeをメインブラウザとして使っているなら入れておきたい拡張機能ですね。

LogoScopic Studioプロっぽいロゴを簡単に作成できるiPhoneアプリ「LogoScopic Studio」前のページ

オンキョーのBluetooth対応のマイクつきインナーイヤホン「E300BT」次のページE300BT

関連記事

  1. Web Information

    iPhoneとMacをUSBテザリングで接続するやり方

    前回iPhoneとMacをBluetoothテザリングするやり方を記事…

  2. Web Information

    iPhoneでストップウォッチを使うにはデフォルトアプリ「時計」が便利

    iPhoneでストップウォッチを使うにはデフォルトで入っているアプリ「…

  3. Web Information

    今年(2011)最後に自分のWebサイトのファビコンを作成して設置してみる

    ファビコンをまだ設置していなかったので設置してみました。当サイトはまだ…

  4. KindleでEメールアドレスを追加
  5. Chromeでタブを切り替える

    Web Information

    Chromeでタブを切り替えるショートカットキーについて

    Chromeでタブを切り替えるショートカットキーがとても便利だったので…

  6. Web Information

    素敵なデザインのフリーアイコン集

    自分が使いやすそうなアイコンの素材サイトをまとめてみました。どれも素敵…

最近の記事

  1. SV-S251
  2. スラウェシ トラジャ
  3. 梅
  4. CAR-HLD12BK

アーカイブ

PAGE TOP