WordPress

WordPressのクイックドラフト機能を使ってみた

そういえば、WordPress 3.8になってから新しくなったクイックドラフトという機能があったので使ってみました。以前はたしかクイック投稿だったと思うんですが、簡単に投稿できる機能からアイディアを書き留めることを重視した機能へと進化しています。

[ads_center]

クイックドラフトの使い方

管理画面を開くと右側にクイックドラフトがあります。

クイックドラフト

下書きとして保存することができるので、外出している時なんかにパッと思いついたネタを書き留めておくにはいいかもしれません。

こんな感じで下書きに保存されます。

下書きに保存

タイトルのリンクをクリックするとちゃんとした投稿画面に行きます。

タイトルのリンク

WordPressの管理画面はレスポンシブにも対応しているので、スマホからアクセスしてもこのようにちゃんと機能します。

スマホからクイックドラフト

これはすごい便利ですね。例えば、今までは他のメモアプリなんかに下書きを書いていたのが、これからはクイックドラフトに書くことによってワンクッション速く投稿させることができます。

なので基本的な使い方としては、出先でスマホからクイックドラフトに下書きをして、帰ってからPCで記事を仕上げていくのがよさそうですね。

WordPressでパンくずリストを設置WordPressの自動バックグラウンド更新(アップグレード)の設定について前のページ

jQueryプラグインで実装できるカレンダー10選次のページjQueryプラグインで実装できるカレンダー

関連記事

  1. WordPress

    WordPressでオリジナルテーマを作成する時などにチェックしてくれるプラグイン「Theme-Ch…

    このプラグインはすごいですね。自作のテーマを作成した時なんかにこれを使…

  2. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで現在のページのカテゴリー名を出力するにはsingle_cat_titleを使う

    WordPressで現在開いているページのカテゴリー名を出力したい時は…

  3. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで記事タイトルの文字数制限をするやり方

    WordPressで記事タイトルの文字数制限をするやり方をメモしときま…

  4. WordPress

    wp_list_commentsを使ってWordPressのコメント出力をカスタマイズする

    WordPressのコメントまわりをちょっと調べてたんですが、コメント…

  5. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでthe_author()を使えば記事に簡単に投稿者名を表示させることができる

    WordPressで記事を書いた投稿者名を表示させたい時ってあるかと思…

  6. WordPress

    WordPressで特定の記事やページにカスタムフィールドで指定したCSS・JSファイルを読み込む

    個人的に今後ちょっと使いそうな機能だったのでメモがてらエントリー。Wo…

最近の記事

  1. RF85mm F2 MACRO IS STM
  2. Anker PowerWave Pad Alloy
  3. Anker Bolder LC30
  4. BG-R10

アーカイブ

PAGE TOP