WordPressでパンくずリストを設置

WordPress

WordPressの自動バックグラウンド更新(アップグレード)の設定について

先日、WordPressのアップグレードがあったので後でやろう思っていたら自動で更新されてしまいました。特に不満はないんですが、ちょっと気になったので調べてみたところ、どうやらWordPress 3.7で自動バックグラウンド更新機能が実装されていたみたいです。

[ads_center]

自動更新の有効・無効

自動バックグラウンド更新機能が実装された理由としては2つあり、セキュリティ強化メンテナンス向上を目的にしているとのこと。

そしてWordPressには以下の4種類の自動更新機能があります。

  • コアファイル更新
  • プラグイン更新
  • テーマ更新
  • 翻訳ファイル更新

この中で、自動更新がデフォルトで設定されているのが翻訳ファイルです。

さらに、コアファイル更新については以下の3種類に分類されます。

  • コアの開発版更新(「ブリーディング・エッジ」)
  • コアのマイナー更新。メンテナンス・セキュリティリリース
  • コアのメジャーリリース更新

この中ではコアのマイナー更新がデフォルトで自動更新に設定されています。

なので、ここでまず押さえておきたいポイントは、デフォルトで自動更新が設定されているのは「翻訳ファイル」と「コアのマイナー更新」の2つが対象になっているということです。

自動更新を全部停止にするには?

なんか自動更新が気に食わないのでとりあえず全部停止したいという場合はwp-config.phpに以下を記述すれば止めることができます。

define( 'AUTOMATIC_UPDATER_DISABLED', true );

ただし、WordPress側でセキュリティ強化などといった明確な目的があるので、通常はデフォルトのままにしておいた方がよさそうですね。

ちなみに、各項目の有効・無効の設定のやり方は以下のWordPress Codexのページに載っているので気になる方は一度目を通しておくといいかと思います。

自動バックグラウンド更新の設定 – WordPress Codex 日本語版

ブラウザメモ帳ブラウザメモ帳がとても便利前のページ

WordPressのクイックドラフト機能を使ってみた次のページ

関連記事

  1. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    ブログなどでFlickrの転載可能な画像を使用する時のクレジット表示するためのWordPressショ…

    ブログなどでコンテンツに関連した画像を挿入したいといったことがあるかと…

  2. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressウィジェット内でPHPコードが使用できるプラグイン「PHP Code Widget…

    個人的にとてもうれしいプラグインを発見したので備忘録がてらメモしておき…

  3. WordPressの管理画面が崩れた時の対処方法

    WordPress

    ローカルのWordPressをアップデートしたら管理画面が崩れていたのでその対処方法

    久しぶりにローカルのWordPressを弄っていたんですが、最新版にア…

  4. WordPress

    WordPressの公式ロゴマークは公式サイトでダウンロードすることができる

    何気なくWordPress公式サイトを見ていたら、WordPressの…

最近の記事

  1. SRS-XB43
  2. Nu:kin
  3. フィールグッドシャワー

アーカイブ

PAGE TOP