WordPressでパンくずリストを設置

WordPress

WordPressの自動バックグラウンド更新(アップグレード)の設定について

先日、WordPressのアップグレードがあったので後でやろう思っていたら自動で更新されてしまいました。特に不満はないんですが、ちょっと気になったので調べてみたところ、どうやらWordPress 3.7で自動バックグラウンド更新機能が実装されていたみたいです。

[ads_center]

自動更新の有効・無効

自動バックグラウンド更新機能が実装された理由としては2つあり、セキュリティ強化メンテナンス向上を目的にしているとのこと。

そしてWordPressには以下の4種類の自動更新機能があります。

  • コアファイル更新
  • プラグイン更新
  • テーマ更新
  • 翻訳ファイル更新

この中で、自動更新がデフォルトで設定されているのが翻訳ファイルです。

さらに、コアファイル更新については以下の3種類に分類されます。

  • コアの開発版更新(「ブリーディング・エッジ」)
  • コアのマイナー更新。メンテナンス・セキュリティリリース
  • コアのメジャーリリース更新

この中ではコアのマイナー更新がデフォルトで自動更新に設定されています。

なので、ここでまず押さえておきたいポイントは、デフォルトで自動更新が設定されているのは「翻訳ファイル」と「コアのマイナー更新」の2つが対象になっているということです。

自動更新を全部停止にするには?

なんか自動更新が気に食わないのでとりあえず全部停止したいという場合はwp-config.phpに以下を記述すれば止めることができます。

define( 'AUTOMATIC_UPDATER_DISABLED', true );

ただし、WordPress側でセキュリティ強化などといった明確な目的があるので、通常はデフォルトのままにしておいた方がよさそうですね。

ちなみに、各項目の有効・無効の設定のやり方は以下のWordPress Codexのページに載っているので気になる方は一度目を通しておくといいかと思います。

自動バックグラウンド更新の設定 – WordPress Codex 日本語版

ブラウザメモ帳ブラウザメモ帳がとても便利前のページ

WordPressのクイックドラフト機能を使ってみた次のページ

関連記事

  1. WordPress

    WordPressでウィジェットのアーカイブを一発でドロップダウンにする超簡単な方法

    知らなかったですこれ。前からずっとアーカイブをドロップダウンにできない…

  2. ベストなWordPressテーマ集

    WordPress

    無料&有料のベストなWordPressテーマ集(2014年8月)

    ベストなWordPressテーマ集(無料&有料、2014年8月)「Be…

  3. WordPress

    WordPressでカスタムフィールドを使って任意のコードやファイルをhead内に読み込ませる

    以前「WordPressで特定の記事やページにカスタムフィールドで指定…

  4. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressの囲み型ショートコードの基本的な使い方

    WordPressのショートコードはとても便利で色々なことができるんで…

  5. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで現在のページのタグ名を出力するにはsingle_tag_titleを使う

    先日「WordPressで現在のページのカテゴリー名を出力するにはsi…

最近の記事

  1. 甘柿
  2. 冬用のふとん
  3. 田沢湖
PAGE TOP