WordPress

指定した親ページの子ページを取得してみる

前回、「WordPressで指定した固定ページを読み込む方法」を書いたのですが今回は親ページを指定した子ページを読み込んでみようと思い、試してみたのでメモしときます

[ads_center]

get_postsとget_pageを使って取得する

まずは配列に必要なパラメータを格納します。そしてget_postsの引数にその配列を渡せば$post->IDで子ページのidを取得できるので、今度はそれをget_pageの引数にforeachを使って渡していきます。あとは必要な情報を出力できるようになります。

<?php 
$args = array(
	'post_parent' => 取得したい親ページid,
	'post_type' => 'page',
	'order' => 'ASC',
	); 
$posts = get_posts($args);
foreach($posts as $post) {
	$post_id = $post->ID; 
	$page_id = get_page($post_id);
	echo '<h3>';
	the_title();
	echo '</h3>';
	echo '<p>';
	echo the_excerpt();
	echo '</p>';
	echo '<a href="'; 
	echo the_permalink();
	echo  '">続きを読む</a>';
};
?>

これでタイトル、抜粋、各ページへのリンクが出力されます。抜粋ではなくて本文を表示したい場合は以下のようにsetup_postdata()に引数として $post配列を渡すと出力できるようになります。

foreach($posts as $post) {
setup_postdata($post);
$post_id = $post->ID; 
	$page_id = get_page($post_id);
	the_content();

これで本文も表示できるようになります。get_postsではなくてget_pages()だけを使っても似たような感じで出力できるのですが、使い分けるところがよくわかんないのでとりあえず今回はget_postsを使って取得してみました。

WordPressでトップページのURLを変更する方法前のページ

ulのリストを横並びにしてtext-alignを適用させる方法次のページ

関連記事

  1. WordPressでパンくずリストを設置

    WordPress

    WordPressの自動バックグラウンド更新(アップグレード)の設定について

    先日、WordPressのアップグレードがあったので後でやろう思ってい…

  2. Monsterrat

    WordPress

    ミニマルなポートフォリオに最適なWordPressテーマ「Monsterrat」

    ミニマルなデザインのポートフォリオを作りたい時に最適なWordPres…

  3. ベストなWordPressテーマ集

    WordPress

    無料&有料のベストなWordPressテーマ集(2014年8月)

    ベストなWordPressテーマ集(無料&有料、2014年8月)「Be…

  4. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressの投稿画面タイトル欄に文字をペーストすると下にズレるのを直すやり方

    かなりどうでもいい内容なんですが、ちょっと個人的に気になってたので備忘…

  5. WordPress

    WordPressの公式ロゴマークは公式サイトでダウンロードすることができる

    何気なくWordPress公式サイトを見ていたら、WordPressの…

  6. WordPress

    WordPressで「この記事の所要時間」という読了時間を表示させてくれるプラグイン「estimat…

    とても便利なWordPressのプラグインを発見したので備忘録です。よ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. EOS R6
  2. EOS R5
  3. Anker PowerExpand Direct 6-in-1 USB-C PDメディアハブ

アーカイブ

PAGE TOP