WordPress

指定した親ページの子ページを取得してみる

前回、「WordPressで指定した固定ページを読み込む方法」を書いたのですが今回は親ページを指定した子ページを読み込んでみようと思い、試してみたのでメモしときます

[ads_center]

get_postsとget_pageを使って取得する

まずは配列に必要なパラメータを格納します。そしてget_postsの引数にその配列を渡せば$post->IDで子ページのidを取得できるので、今度はそれをget_pageの引数にforeachを使って渡していきます。あとは必要な情報を出力できるようになります。

<?php 
$args = array(
	'post_parent' => 取得したい親ページid,
	'post_type' => 'page',
	'order' => 'ASC',
	); 
$posts = get_posts($args);
foreach($posts as $post) {
	$post_id = $post->ID; 
	$page_id = get_page($post_id);
	echo '<h3>';
	the_title();
	echo '</h3>';
	echo '<p>';
	echo the_excerpt();
	echo '</p>';
	echo '<a href="'; 
	echo the_permalink();
	echo  '">続きを読む</a>';
};
?>

これでタイトル、抜粋、各ページへのリンクが出力されます。抜粋ではなくて本文を表示したい場合は以下のようにsetup_postdata()に引数として $post配列を渡すと出力できるようになります。

foreach($posts as $post) {
setup_postdata($post);
$post_id = $post->ID; 
	$page_id = get_page($post_id);
	the_content();

これで本文も表示できるようになります。get_postsではなくてget_pages()だけを使っても似たような感じで出力できるのですが、使い分けるところがよくわかんないのでとりあえず今回はget_postsを使って取得してみました。

WordPressでトップページのURLを変更する方法前のページ

ulのリストを横並びにしてtext-alignを適用させる方法次のページ

関連記事

  1. WordTwit

    WordPress

    WordTwitの設定方法や日本語化してからの使い方について

    WordTwitはWordPressで記事を投稿した時に自動でツイート…

  2. WordPressでパンくずリストを設置

    WordPress

    WordPressの自動バックグラウンド更新(アップグレード)の設定について

    先日、WordPressのアップグレードがあったので後でやろう思ってい…

  3. WordPress

    WordPressの管理画面にメモを残せるプラグイン「Quick Notes on the WP D…

    おもしろいプラグインを試してみました。おもしろいというかとても便利だな…

  4. WordPressのログイン時のツールバー
  5. WordPress

    予約投稿をカレンダーで一覧管理できるWordPressプラグインEditorial Calendar…

    こちらの記事を見て予約投稿っていいなぁって思ったので初めて使ってみまし…

  6. WordPress

    記事コピー防止策になるかもしれないWordPressプラグイン「RSS Footer」

    RSS FooterというWordPressのプラグインなんですが、こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 10種の野菜と5種のビーンズ サラダラップとドリップコーヒー
  2. EOS RP
  3. COMOLI シルクネルジャケット シルクネルドローストリングパンツ
  4. スターバックス ハシエンダ アルサシア

アーカイブ

PAGE TOP