WordPress

指定した親ページの子ページを取得してみる

前回、「WordPressで指定した固定ページを読み込む方法」を書いたのですが今回は親ページを指定した子ページを読み込んでみようと思い、試してみたのでメモしときます

[ads_center]

get_postsとget_pageを使って取得する

まずは配列に必要なパラメータを格納します。そしてget_postsの引数にその配列を渡せば$post->IDで子ページのidを取得できるので、今度はそれをget_pageの引数にforeachを使って渡していきます。あとは必要な情報を出力できるようになります。

<?php 
$args = array(
	'post_parent' => 取得したい親ページid,
	'post_type' => 'page',
	'order' => 'ASC',
	); 
$posts = get_posts($args);
foreach($posts as $post) {
	$post_id = $post->ID; 
	$page_id = get_page($post_id);
	echo '<h3>';
	the_title();
	echo '</h3>';
	echo '<p>';
	echo the_excerpt();
	echo '</p>';
	echo '<a href="'; 
	echo the_permalink();
	echo  '">続きを読む</a>';
};
?>

これでタイトル、抜粋、各ページへのリンクが出力されます。抜粋ではなくて本文を表示したい場合は以下のようにsetup_postdata()に引数として $post配列を渡すと出力できるようになります。

foreach($posts as $post) {
setup_postdata($post);
$post_id = $post->ID; 
	$page_id = get_page($post_id);
	the_content();

これで本文も表示できるようになります。get_postsではなくてget_pages()だけを使っても似たような感じで出力できるのですが、使い分けるところがよくわかんないのでとりあえず今回はget_postsを使って取得してみました。

関連記事

  1. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでカテゴリーとタグのリストを一緒に出力して表示させるやり方

    色々と悩んだ結果、これが一番手っ取り早くて簡単だったのでメモしときます…

  2. WordPress

    MAMP(インストール済)でWordPressをローカル環境で動かすまでの簡単な手順

    久しぶりにMAMPを使って新しいWordPressのローカル環境を作っ…

  3. WordPress

    WordPressで指定した固定ページを読み込む方法

    WordPressで例えばトップページに自分の指定した固定ページを読み…

  4. Last Updated Shortcode

    WordPress

    最後に更新された日付時間をショートコードで表示できるWordPressプラグイン「Last Upda…

    WordPressの記事内に最後に更新した日付時間を表示できるWord…

  5. WordPress

    WordPressのクイックドラフト機能を使ってみた

    そういえば、WordPress 3.8になってから新しくなったクイック…

  6. Monsterrat

    WordPress

    ミニマルなポートフォリオに最適なWordPressテーマ「Monsterrat」

    ミニマルなデザインのポートフォリオを作りたい時に最適なWordPres…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Soundcore Ace A1
  2. cheero USB-C PD Charger 60W
  3. DY-S01
  4. OWL-QI10W04

アーカイブ

PAGE TOP