Last Updated Shortcode

WordPress

最後に更新された日付時間をショートコードで表示できるWordPressプラグイン「Last Updated Shortcode」

WordPressの記事内に最後に更新した日付時間を表示できるWordPressプラグイン「Last Updated Shortcode」を使ってみました。ショートコードを埋め込むだけなのでとても手軽です。記事の修正や追加をした時なんかにも役立ちそうですね。

[ads_center]

Last Updated Shortcodeの使い方

使い方は、まず管理画面にあるプラグインの新規追加からLast Updated Shortcodeを検索してインストール&有効化します。Last Updated Shortcodeをダウンロードして/wp-content/plugins/に直接アップロードしてもOKです。

あとは投稿の編集画面で [lastupdated] を埋め込むだけで完了します。すごく簡単ですね。

実際に試してみるとこんな感じで最終アップデートの日付時間が分かります。

Last Updated Shortcode

とても便利なプラグインなので入れておけば記事を修正した日付を表示させたい時なんかに手間がかからなくていいので管理も楽ですね。

関連記事

  1. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで現在のページのタグ名を出力するにはsingle_tag_titleを使う

    先日「WordPressで現在のページのカテゴリー名を出力するにはsi…

  2. ツールバーが表示されない時の対処方法

    WordPress

    WordPressのツールバー(管理バー)が表示されない時の対処方法

    WordPressで自分のサイトにログインすると画面上部にツールバー(…

  3. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressをサーバーにインストールした後にやっておきたい手順リスト

    WordPressをサーバーにインストールした後にやっておきたい手順リ…

  4. WordPressでパンくずリストを設置

    WordPress

    WordPressの自動バックグラウンド更新(アップグレード)の設定について

    先日、WordPressのアップグレードがあったので後でやろう思ってい…

  5. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでランダム記事の一覧をプラグインを使わないで表示させるやり方

    先日、WordPressで最新記事の一覧をプラグインを使わないで表示さ…

  6. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで現在のページのカテゴリー名を出力するにはsingle_cat_titleを使う

    WordPressで現在開いているページのカテゴリー名を出力したい時は…

最近の記事

  1. cheero USB-C PD Charger 60W
  2. DY-S01
  3. OWL-QI10W04
  4. BQ-CC87L

アーカイブ

PAGE TOP