Last Updated Shortcode

WordPress

最後に更新された日付時間をショートコードで表示できるWordPressプラグイン「Last Updated Shortcode」

WordPressの記事内に最後に更新した日付時間を表示できるWordPressプラグイン「Last Updated Shortcode」を使ってみました。ショートコードを埋め込むだけなのでとても手軽です。記事の修正や追加をした時なんかにも役立ちそうですね。

[ads_center]

Last Updated Shortcodeの使い方

使い方は、まず管理画面にあるプラグインの新規追加からLast Updated Shortcodeを検索してインストール&有効化します。Last Updated Shortcodeをダウンロードして/wp-content/plugins/に直接アップロードしてもOKです。

あとは投稿の編集画面で [lastupdated] を埋め込むだけで完了します。すごく簡単ですね。

実際に試してみるとこんな感じで最終アップデートの日付時間が分かります。

Last Updated Shortcode

とても便利なプラグインなので入れておけば記事を修正した日付を表示させたい時なんかに手間がかからなくていいので管理も楽ですね。

関連記事

  1. WordPress

    WordPressのシングルページで前後の記事リンクを条件判定で出力するやり方

    以前 WordPressのシングルページで前後の投稿やページ分割のリン…

  2. WordPress

    WordPressで人用のサイトマップを作ってくれるプラグイン「PS Auto Sitemap」の使…

    WordPressで人に見せるための人用サイトマップを簡単に作成してく…

  3. WordPress

    WordPressでグーグルアナリティクスをフッターにadd_actionを使って表示させる

    WordPressにはadd_actionという便利な関数があります。…

  4. WordPress

    WordPressで指定した固定ページを読み込む方法

    WordPressで例えばトップページに自分の指定した固定ページを読み…

  5. WordPress

    シングルページに同一カテゴリーの記事一覧を表示するカスタマイズ

    WordPressのシングルページの記事の下に現在表示されている記事と…

最近の記事

  1. ジェットストリームの三色ボールペン(+シャーペン付き)と黒の替芯
  2. ブラジルイパネマ
  3. 梅しば
  4. BM-IBCDH13RD

アーカイブ

PAGE TOP