Last Updated Shortcode

WordPress

最後に更新された日付時間をショートコードで表示できるWordPressプラグイン「Last Updated Shortcode」

WordPressの記事内に最後に更新した日付時間を表示できるWordPressプラグイン「Last Updated Shortcode」を使ってみました。ショートコードを埋め込むだけなのでとても手軽です。記事の修正や追加をした時なんかにも役立ちそうですね。

[ads_center]

Last Updated Shortcodeの使い方

使い方は、まず管理画面にあるプラグインの新規追加からLast Updated Shortcodeを検索してインストール&有効化します。Last Updated Shortcodeをダウンロードして/wp-content/plugins/に直接アップロードしてもOKです。

あとは投稿の編集画面で [lastupdated] を埋め込むだけで完了します。すごく簡単ですね。

実際に試してみるとこんな感じで最終アップデートの日付時間が分かります。

Last Updated Shortcode

とても便利なプラグインなので入れておけば記事を修正した日付を表示させたい時なんかに手間がかからなくていいので管理も楽ですね。

DarkTooltip色んなパターンのツールチップを実装できるjQueryプラグイン「DarkTooltip」前のページ

軽量でカスタマイズもしやすいティッカーを実装できるjQueryプラグイン「jQuery Easy Ticker」次のページ

関連記事

  1. WordPressでパンくずリストを設置

    WordPress

    WordPressでパンくずリストをプラグインなしで設置する簡単なやり方

    WordPressでパンくずリストをWebサイトに設置したいといった時…

  2. WordPress

    WordPressのショートコードをテンプレート(テーマ)内で使用したい時のやり方

    WordPressのショートコードってとても便利ですよね。AddQui…

  3. WordPressで投稿IDを指定した記事をランダム表示

    WordPress

    WordPressで複数の投稿ID(記事ID)を指定した記事をランダムで表示させるやり方

    個人的にやってみたかったので備忘録。WordPressで自分が作った関…

  4. フォトグラファーに最適なWordPressテーマ集

    WordPress

    フォトグラファーに最適なWordPressテーマ集

    フォトグラファーに最適なWordPressテーマ集「77 Free a…

  5. WordPress

    WordPressプラグイン「WPtap Mobile Detector」を使えばスマートフォン専用…

    WordPressでスマートフォン専用のテーマを作成した場合、iPho…

最近の記事

  1. パニーニ(フォカッチャ ベーコンときのこのゴルゴンゾーラクリーム)とエスプレッソ
  2. 広尾 スタバ
  3. 芳醇な香りのラムレーズンサンド
  4. Aモーニングセット
  5. 白トリュフの塩パンやメロンパンなど

アーカイブ

PAGE TOP