Last Updated Shortcode

WordPress

最後に更新された日付時間をショートコードで表示できるWordPressプラグイン「Last Updated Shortcode」

WordPressの記事内に最後に更新した日付時間を表示できるWordPressプラグイン「Last Updated Shortcode」を使ってみました。ショートコードを埋め込むだけなのでとても手軽です。記事の修正や追加をした時なんかにも役立ちそうですね。

[ads_center]

Last Updated Shortcodeの使い方

使い方は、まず管理画面にあるプラグインの新規追加からLast Updated Shortcodeを検索してインストール&有効化します。Last Updated Shortcodeをダウンロードして/wp-content/plugins/に直接アップロードしてもOKです。

あとは投稿の編集画面で [lastupdated] を埋め込むだけで完了します。すごく簡単ですね。

実際に試してみるとこんな感じで最終アップデートの日付時間が分かります。

Last Updated Shortcode

とても便利なプラグインなので入れておけば記事を修正した日付を表示させたい時なんかに手間がかからなくていいので管理も楽ですね。

DarkTooltip色んなパターンのツールチップを実装できるjQueryプラグイン「DarkTooltip」前のページ

軽量でカスタマイズもしやすいティッカーを実装できるjQueryプラグイン「jQuery Easy Ticker」次のページ

関連記事

  1. WordTwit

    WordPress

    WordTwitの設定方法や日本語化してからの使い方について

    WordTwitはWordPressで記事を投稿した時に自動でツイート…

  2. WordPress

    WordPressのシングルページで前後の投稿やページ分割のリンクを出力

    WordPressのシングルページで記事の最後に「前の投稿」や「次の投…

  3. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでthe_author()を使えば記事に簡単に投稿者名を表示させることができる

    WordPressで記事を書いた投稿者名を表示させたい時ってあるかと思…

  4. WordPress

    WordPressでアイキャッチ画像にキャプションを表示させる設定方法

    WordPressのアイキャッチ画像にキャプションを付けたい時ってあり…

  5. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでキーワードを登録しておくと自動でリンクをつけてくれるプラグイン「WP Keywo…

    なかなか便利だったのでご紹介します。WordPressで自分が登録した…

  6. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで現在のページのカテゴリー名を出力するにはsingle_cat_titleを使う

    WordPressで現在開いているページのカテゴリー名を出力したい時は…

最近の記事

  1. スタバ ドリップコーヒー
  2. エチオピア
  3. 紗々 飴色和栗
  4. DCG-CA21
  5. Apple WatchでのMacロック解除を無効

アーカイブ

PAGE TOP