WordPress

WordPressで「この記事の所要時間」という読了時間を表示させてくれるプラグイン「estimated」を試してみた

とても便利なWordPressのプラグインを発見したので備忘録です。よくブログの記事なんかに「この記事の所要時間」といった読了時間の表示を見かけることがありますよね。どうやってるのかなと思ってたらプラグインがあったんですね。この表示があると大体の記事のボリュームなどが分かるので読む前に多少なりとも安心できるかと思います。なによりサイトの平均滞在時間を伸ばすことができるらしいです。これはいいかもですね。

[ads_center]

使い方

使い方はめちゃくちゃ簡単です。ITキヲスクさんから「estimated」というプラグインをダウンロードします。

ダウンロードしたzipファイルを解凍して、プラグインのフォルダに入れて有効化するだけです。これだけで簡単に読了時間を表示させることができます。

トップページにはこんな感じで表示されます。

トップページの読了時間

シングルページはこんな感じです。

シングルページの読了時間

手軽に導入できるのでとても便利ですね。

プラグインを使わないで表示させたいって場合は以下の記事が参考になるかと思います。

ちょっとしたカスタマイズをしたい場合はこちらも参考になります。

関連記事

  1. WordPress

    WordPressでコメント欄などに表示されるアバター「Gravatar」に登録してみる

    毎回、今更感全開の記事ですが時間が少しあったのでGravatarに登録…

  2. Hemingway

    WordPress

    レスポンシブ対応の2カラムWordPressテーマ「Hemingway」

    レスポンシブに対応した2カラムのお洒落なWordPressテーマを発見…

  3. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで現在のページのカテゴリー名を出力するにはsingle_cat_titleを使う

    WordPressで現在開いているページのカテゴリー名を出力したい時は…

  4. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでキーワードを登録しておくと自動でリンクをつけてくれるプラグイン「WP Keywo…

    なかなか便利だったのでご紹介します。WordPressで自分が登録した…

  5. ベストなWordPressテーマ集

    WordPress

    無料&有料のベストなWordPressテーマ集(2014年8月)

    ベストなWordPressテーマ集(無料&有料、2014年8月)「Be…

  6. WordPress

    指定した親ページの子ページを取得してみる

    前回、「WordPressで指定した固定ページを読み込む方法」を書いた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. macOS Mojaveのダークモード
  2. Olli
  3. 単語帳メーカー(Flashcard Maker App)
  4. 1Password 7

Facebookページ

PAGE TOP