WordPress

WordPressで「この記事の所要時間」という読了時間を表示させてくれるプラグイン「estimated」を試してみた

とても便利なWordPressのプラグインを発見したので備忘録です。よくブログの記事なんかに「この記事の所要時間」といった読了時間の表示を見かけることがありますよね。どうやってるのかなと思ってたらプラグインがあったんですね。この表示があると大体の記事のボリュームなどが分かるので読む前に多少なりとも安心できるかと思います。なによりサイトの平均滞在時間を伸ばすことができるらしいです。これはいいかもですね。

[ads_center]

使い方

使い方はめちゃくちゃ簡単です。ITキヲスクさんから「estimated」というプラグインをダウンロードします。

ダウンロードしたzipファイルを解凍して、プラグインのフォルダに入れて有効化するだけです。これだけで簡単に読了時間を表示させることができます。

トップページにはこんな感じで表示されます。

トップページの読了時間

シングルページはこんな感じです。

シングルページの読了時間

手軽に導入できるのでとても便利ですね。

プラグインを使わないで表示させたいって場合は以下の記事が参考になるかと思います。

ちょっとしたカスタマイズをしたい場合はこちらも参考になります。

iPhoneアプリのRead it LaterがPocketにリニューアルしたので使ってみたらヤバかった前のページ

夜フクロウで複数のTwitterアカウントを使うためのアカウント追加方法次のページ

関連記事

  1. WordPress

    WordPressでグーグルアナリティクスをフッターにadd_actionを使って表示させる

    WordPressにはadd_actionという便利な関数があります。…

  2. WordPressの自動バックグラウンド更新

    WordPress

    WordPressで複数のウィジェットを表示させるやり方

    WordPressのウィジェットってとても便利ですよね。ドラッグ&ドロ…

  3. WordPress

    WordPressでカスタムフィールドを使って任意のコードやファイルをhead内に読み込ませる

    以前「WordPressで特定の記事やページにカスタムフィールドで指定…

  4. WordPress

    ブログの編集作業が捗るWordPressプラグイン「AddQuicktag」

    すごく便利なプラグイン「AddQuicktag」を使ってみました。なん…

  5. WordPressのログイン時のツールバー
  6. WordPress

    MAMP(インストール済)でWordPressをローカル環境で動かすまでの簡単な手順

    久しぶりにMAMPを使って新しいWordPressのローカル環境を作っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. OWL-LPB6701LA
  2. cheero Power Mountain mini 30000mAh CHE-110
  3. 帆布カメラインナーケース B-2タイプ

アーカイブ

PAGE TOP