WordPress

WordPressのContact Form 7にCAPTCHAを導入するためのプラグイン「Really Simple CAPTCHA 」

WordPressのお問い合わせフォーム(Contact Form 7で作成)にCAPTCHAを導入してみました。お問い合わせフォームから届くスパムメールがかなり多かったんですが、これでほとんど来なくなりました。ちなみに、Contact Form 7にCAPTCHAを導入するためにはReally Simple CAPTCHAというプラグインをインストールする必要があります。

[ads_center]

やり方

特に難しい設定とかはありません。Contact Form 7の管理画面へ行き、「タグの作成」から「CAPTCHA」をクリックします。そうすると「お知らせ: CAPTCHA を使うには Really Simple CAPTCHA プラグインのインストールが必要です。」という文字が表示されるのでReally Simple CAPTCHAをインストールします。

Really Simple CAPTCHAをインストール

プラグインの検索ボックスから「Really Simple CAPTCHA」で検索してインストール・有効化すると楽です。

Really Simple CAPTCHAを検索

あとは、CAPTCHAの画像と入力項目のコードを左のフォーム内にドラッグ&ドロップして設置するだけです。idやクラスのオプションなどは任意で設定してください。

こんな感じで、無事CAPTCHAを設置することができました。

CAPTCHAを設置

ということで、スパムメールが多くて困っているという方は、CAPTCHAを導入するだけでもかなり違うのでオススメです。

さくらレンタルサーバーからエックスサーバーへの移転手順さくらレンタルサーバーからエックスサーバーにWordPressを移転する手順前のページ

リストをドラッグ&ドロップで並べ替えることができるjQueryプラグイン「HTML5 Sortable」次のページHTML5 Sortable

関連記事

  1. Hemingway

    WordPress

    レスポンシブ対応の2カラムWordPressテーマ「Hemingway」

    レスポンシブに対応した2カラムのお洒落なWordPressテーマを発見…

  2. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで記事タイトルの文字数制限をするやり方

    WordPressで記事タイトルの文字数制限をするやり方をメモしときま…

  3. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで最新記事の一覧をプラグインを使わないで表示させるやり方

    WordPressで最新記事の一覧をウィジェットやプラグインを使わない…

  4. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで現在のページのカテゴリー名を出力するにはsingle_cat_titleを使う

    WordPressで現在開いているページのカテゴリー名を出力したい時は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 甘柿
  2. 冬用のふとん
  3. 田沢湖
PAGE TOP