WordPress

WordPressのContact Form 7にCAPTCHAを導入するためのプラグイン「Really Simple CAPTCHA 」

WordPressのお問い合わせフォーム(Contact Form 7で作成)にCAPTCHAを導入してみました。お問い合わせフォームから届くスパムメールがかなり多かったんですが、これでほとんど来なくなりました。ちなみに、Contact Form 7にCAPTCHAを導入するためにはReally Simple CAPTCHAというプラグインをインストールする必要があります。

[ads_center]

やり方

特に難しい設定とかはありません。Contact Form 7の管理画面へ行き、「タグの作成」から「CAPTCHA」をクリックします。そうすると「お知らせ: CAPTCHA を使うには Really Simple CAPTCHA プラグインのインストールが必要です。」という文字が表示されるのでReally Simple CAPTCHAをインストールします。

Really Simple CAPTCHAをインストール

プラグインの検索ボックスから「Really Simple CAPTCHA」で検索してインストール・有効化すると楽です。

Really Simple CAPTCHAを検索

あとは、CAPTCHAの画像と入力項目のコードを左のフォーム内にドラッグ&ドロップして設置するだけです。idやクラスのオプションなどは任意で設定してください。

こんな感じで、無事CAPTCHAを設置することができました。

CAPTCHAを設置

ということで、スパムメールが多くて困っているという方は、CAPTCHAを導入するだけでもかなり違うのでオススメです。

さくらレンタルサーバーからエックスサーバーへの移転手順さくらレンタルサーバーからエックスサーバーにWordPressを移転する手順前のページ

リストをドラッグ&ドロップで並べ替えることができるjQueryプラグイン「HTML5 Sortable」次のページHTML5 Sortable

関連記事

  1. WordPress

    MAMP(インストール済)でWordPressをローカル環境で動かすまでの簡単な手順

    久しぶりにMAMPを使って新しいWordPressのローカル環境を作っ…

  2. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで最新記事の一覧をプラグインを使わないで表示させるやり方

    WordPressで最新記事の一覧をウィジェットやプラグインを使わない…

  3. WordPress

    WordPressの管理画面にメモを残せるプラグイン「Quick Notes on the WP D…

    おもしろいプラグインを試してみました。おもしろいというかとても便利だな…

  4. WordPress

    WordPressで自分だけのショートコードの作り方

    WordPressのショートコードが便利なのでちょこちょこ使い始めてま…

  5. Last Updated Shortcode

    WordPress

    最後に更新された日付時間をショートコードで表示できるWordPressプラグイン「Last Upda…

    WordPressの記事内に最後に更新した日付時間を表示できるWord…

  6. WordPress

    WordPressのシングルページで前後の投稿やページ分割のリンクを出力

    WordPressのシングルページで記事の最後に「前の投稿」や「次の投…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. COMOLI ベタシャンCPOシャツ(サックス)
  2. ハワイアナス ビーチサンダル
  3. 蓮の花
  4. チキンアラビアータ 石窯フィローネ
  5. ユニクロ ポロシャツ

アーカイブ

PAGE TOP