WordPress

WordPressのContact Form 7にCAPTCHAを導入するためのプラグイン「Really Simple CAPTCHA 」

WordPressのお問い合わせフォーム(Contact Form 7で作成)にCAPTCHAを導入してみました。お問い合わせフォームから届くスパムメールがかなり多かったんですが、これでほとんど来なくなりました。ちなみに、Contact Form 7にCAPTCHAを導入するためにはReally Simple CAPTCHAというプラグインをインストールする必要があります。

[ads_center]

やり方

特に難しい設定とかはありません。Contact Form 7の管理画面へ行き、「タグの作成」から「CAPTCHA」をクリックします。そうすると「お知らせ: CAPTCHA を使うには Really Simple CAPTCHA プラグインのインストールが必要です。」という文字が表示されるのでReally Simple CAPTCHAをインストールします。

Really Simple CAPTCHAをインストール

プラグインの検索ボックスから「Really Simple CAPTCHA」で検索してインストール・有効化すると楽です。

Really Simple CAPTCHAを検索

あとは、CAPTCHAの画像と入力項目のコードを左のフォーム内にドラッグ&ドロップして設置するだけです。idやクラスのオプションなどは任意で設定してください。

こんな感じで、無事CAPTCHAを設置することができました。

CAPTCHAを設置

ということで、スパムメールが多くて困っているという方は、CAPTCHAを導入するだけでもかなり違うのでオススメです。

さくらレンタルサーバーからエックスサーバーへの移転手順さくらレンタルサーバーからエックスサーバーにWordPressを移転する手順前のページ

リストをドラッグ&ドロップで並べ替えることができるjQueryプラグイン「HTML5 Sortable」次のページHTML5 Sortable

関連記事

  1. WordPress

    WordPressで特定の記事やページにカスタムフィールドで指定したCSS・JSファイルを読み込む

    個人的に今後ちょっと使いそうな機能だったのでメモがてらエントリー。Wo…

  2. WordPressでパンくずリストを設置

    WordPress

    WordPressでパンくずリストをプラグインなしで設置する簡単なやり方

    WordPressでパンくずリストをWebサイトに設置したいといった時…

  3. WordPress

    WordPressでオリジナルテーマを作成する時などにチェックしてくれるプラグイン「Theme-Ch…

    このプラグインはすごいですね。自作のテーマを作成した時なんかにこれを使…

  4. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressの投稿画面タイトル欄に文字をペーストすると下にズレるのを直すやり方

    かなりどうでもいい内容なんですが、ちょっと個人的に気になってたので備忘…

  5. WordPress

    WordPressでトップページのURLを変更する方法

    WordPressでWebサイトを作成した時にトップページのURLを「…

  6. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで最新記事の一覧をプラグインを使わないで表示させるやり方

    WordPressで最新記事の一覧をウィジェットやプラグインを使わない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 甘柿
  2. 冬用のふとん
  3. 田沢湖
PAGE TOP