HTML5 Sortable

JavaScript

リストをドラッグ&ドロップで並べ替えることができるjQueryプラグイン「HTML5 Sortable」

リスト化した要素をドラッグ&ドロップで並べ替えることができるjQueryプラグイン「HTML5 Sortable」を使ってみました。なかなか便利な機能かと思います。HTML5のドラッグ&ドロップのAPIを使用して構築されているみたいですね。プラグインファイルもかなり軽量なのも嬉しいです。ということで、以下、使い方です。

[ads_center]

使い方

jQuery本体とダウンロードしたプラグインファイル「jquery.sortable.js」を読み込み、HTML5 Sortableをセットします。

<script src='http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.1/jquery.min.js?ver=1.7.1'></script>
<script src="jquery.sortable.js"></script>
<script>
$(function(){
   $('.sortable').sortable();
});
</script>

マークアップもこれ以上ないくらいシンプルです。

<ul class="sortable">
    <li>Item 1</li>
    <li>Item 2</li>
    <li>Item 3</li>
    <li>Item 4</li>
</ul>

あとはCSSでスタイルを整えてあげればOK。動作だけならこれだけで動きます。

リスト内で指定したアイテムだけを無効にしたい場合は以下のようなオプションを使用することができます。

<script>
$(function(){
    $('.sortable').sortable({
        items: ':not(.disabled)'
    });
});
</script>

無効にしたい要素にdisabledというクラス名を追加します。

<ul class="sortable">
    <li>Item 1</li>
    <li>Item 2</li>
    <li class="disabled">Item 3</li>
    <li class="disabled">Item 4</li>
</ul>

これで、Item3と4はドラッグ&ドロップでの並べ替えができない状態になります。他にもいくつかオプションがあるので詳しくは公式サイトで確認することができます。

WordPressのContact Form 7にCAPTCHAを導入するためのプラグイン「Really Simple CAPTCHA 」前のページ

多数のエフェクトが素敵!レスポンシブ対応のjQueryスライダー「RefineSlide」次のページRefineSlide

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. JavaScript

    jQueryプラグイン・2014年上半期56選まとめ

    気づいたら2014年も上半期が終わってしまいましたね。そんなわけで、2…

  3. no-image

    JavaScript

    サラッとスライスで切り替わるスライダー実装「Slice Slider」

    Slice Sliderはサラッとスライスでシンプルに切り替わるスライ…

  4. SpriteSpin

    JavaScript

    タッチにも対応した360度ビューを実装できるjQueryプラグイン「SpriteSpin」

    SpriteSpinはプロダクトページなどで役立つ、360度ビューを実…

  5. GoogleSheets-HTMLImporter
  6. JavaScript

    jQueryで好きな要素を浮遊させることができるプラグイン「jqFloat」を使ってみた

    指定した要素をフワフワと浮遊させることができる面白いプラグインを使って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. OWL-LPB6701LA
  2. cheero Power Mountain mini 30000mAh CHE-110
  3. 帆布カメラインナーケース B-2タイプ

アーカイブ

PAGE TOP