Web Service

Webページ全体を1クリックでキャプチャ出来るChrome拡張機能「Webpage Screenshot」

Webpage ScreenshotというChrome拡張機能を使ってみました。現在見ているWebページやページ全体をキャプチャ出来てとても便利です。撮ったページの気になる部分にテキストを入れたり罫線で囲んだり矢印もつけることができます。出来上がった画像はPNGで保存することができるので入れておいて損はないですね。以下使い方です。

[ads_center]

使い方

インストールしたら右上にアイコンが表示されるようになります。これをクリックすると、「見たままをスクリーンショット」か「ページ全てをスクリーンショット」を選ぶことができます。

Webpage Screenshot 使い方01

「見たままをスクリーンショット」で撮るとこんな感じで現在見てる箇所を撮ることができます。

見たままをスクリーンショット

「ページ全てをスクリーンショット」の場合はこんな感じでページ全体を撮ることができます。以下はPNGでダウンロードしたものです。Webデザインの参考になるページを撮っておきたい時なんかに使えそうですね。

ページ全てをスクリーンショット

画像にテキストを挿入したり矢印も簡単入れることができます。

画像を加工する

ということで、1クリックで簡単にキャプチャ出来るChrome拡張機能のご紹介でした。以下のサイトから利用することができます。

iPhone版Pocketで横スクロールした際に次の段落まで飛ぶ機能を無効にするやり方前のページ

Photoshopで範囲を選択する時に中心から範囲を指定するやり方次のページ

関連記事

  1. Web Service

    住所や建物名を入力するとGoogleマップの座標を取得することができる

    地図上で、ある地点の座標を知りたいといった時があるかと思います。そんな…

  2. Web Service

    現在のブラウザサイズをリアルタイムで教えてくれる「What’s My Browser S…

    かなりシンプルでよさげなWebサービスがあったのでご紹介します。現在の…

  3. EmChart

    Web Service

    CSSでフォントサイズをem指定する時に便利なEmChart

    レスポンシブWebデザインなどによりem指定をする機会が多くなってきて…

  4. Web Service

    色々なブランドカラーの値を知ることができる「BrandColors」

    ちょっとした参考になりそうだったのでメモがてらご紹介します。色々なブラ…

  5. Rounded corner generator

    Web Service

    CSS3の角丸を直感的な操作で作成できるジェネレーター「Rounded corner generat…

    CSS3を使って角丸を作成したい時に役立つジェネレーター「Rounde…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. SRS-XB43
  2. Nu:kin
  3. フィールグッドシャワー

アーカイブ

PAGE TOP