Web Service

Webページ全体を1クリックでキャプチャ出来るChrome拡張機能「Webpage Screenshot」

Webpage ScreenshotというChrome拡張機能を使ってみました。現在見ているWebページやページ全体をキャプチャ出来てとても便利です。撮ったページの気になる部分にテキストを入れたり罫線で囲んだり矢印もつけることができます。出来上がった画像はPNGで保存することができるので入れておいて損はないですね。以下使い方です。

[ads_center]

使い方

インストールしたら右上にアイコンが表示されるようになります。これをクリックすると、「見たままをスクリーンショット」か「ページ全てをスクリーンショット」を選ぶことができます。

Webpage Screenshot 使い方01

「見たままをスクリーンショット」で撮るとこんな感じで現在見てる箇所を撮ることができます。

見たままをスクリーンショット

「ページ全てをスクリーンショット」の場合はこんな感じでページ全体を撮ることができます。以下はPNGでダウンロードしたものです。Webデザインの参考になるページを撮っておきたい時なんかに使えそうですね。

ページ全てをスクリーンショット

画像にテキストを挿入したり矢印も簡単入れることができます。

画像を加工する

ということで、1クリックで簡単にキャプチャ出来るChrome拡張機能のご紹介でした。以下のサイトから利用することができます。

関連記事

  1. Web Service

    ChromeでクリックするだけでPocket (Formerly Read It Later)に保存…

    あとで読むためのWebサービスでPocketを使ってるんですが、Chr…

  2. Web Service

    CSSで多彩なエフェクトをつけることができるジェネレーター「CSSPainter」

    CSSで多彩なエフェクトをつけることができるジェネレーター「CSSPa…

  3. Pocketのリスト並べ替え

    Web Service

    Pocket(Web版)で記事リストを最新から最古に並べ替える設定方法

    Web版(ブラウザ)のPocketで記事リストを表示させるとデフォルト…

  4. Minifier

    Web Service

    JS・CSSのコードを圧縮したりデコードしたりできる「Minifier」がとても便利

    MinifierというJSやCSSのコードを圧縮してくれるサービスがと…

  5. Web Service

    Mac版Pocketがリリースされたのでさっそく使ってみた!

    あとで読むサービスのPocketがMacのアプリでついに登場していたの…

  6. Web Service

    ボタン1つでCSSファイルを軽量化!圧縮や整形が簡単にできる「csCSSc」

    CSSファイルを簡単に圧縮したり整形したりできるツール「csCSSc」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Soundcore Ace A1
  2. cheero USB-C PD Charger 60W
  3. DY-S01
  4. OWL-QI10W04

アーカイブ

PAGE TOP