Web Service

Webページ全体を1クリックでキャプチャ出来るChrome拡張機能「Webpage Screenshot」

Webpage ScreenshotというChrome拡張機能を使ってみました。現在見ているWebページやページ全体をキャプチャ出来てとても便利です。撮ったページの気になる部分にテキストを入れたり罫線で囲んだり矢印もつけることができます。出来上がった画像はPNGで保存することができるので入れておいて損はないですね。以下使い方です。

[ads_center]

使い方

インストールしたら右上にアイコンが表示されるようになります。これをクリックすると、「見たままをスクリーンショット」か「ページ全てをスクリーンショット」を選ぶことができます。

Webpage Screenshot 使い方01

「見たままをスクリーンショット」で撮るとこんな感じで現在見てる箇所を撮ることができます。

見たままをスクリーンショット

「ページ全てをスクリーンショット」の場合はこんな感じでページ全体を撮ることができます。以下はPNGでダウンロードしたものです。Webデザインの参考になるページを撮っておきたい時なんかに使えそうですね。

ページ全てをスクリーンショット

画像にテキストを挿入したり矢印も簡単入れることができます。

画像を加工する

ということで、1クリックで簡単にキャプチャ出来るChrome拡張機能のご紹介でした。以下のサイトから利用することができます。

関連記事

  1. WebGradients

    Web Service

    CSSやPNG形式に対応した180種類のグラデーションを活用できる「WebGradients」

    WebGradientsは、180種類ものグラデーションが用意されたコ…

  2. flatuicolorpicker

    Web Service

    フラットデザインの色の見本(RGB、HEX)が豊富にある「flatuicolorpicker」

    フラットデザインを取り入れる上で難しいのが色の選択。実際にどのような色…

  3. Web Service

    WebサイトのタイトルとURLを簡単に取得できて自分用HTMLリンクも作成できるChrome拡張機能…

    現在見ているWebサイトのタイトルとURLを簡単に取得できたり、自分用…

  4. Web Service

    数多くのUIエレメントを検索することができる「UICloud」

    たくさんのUIエレメントを検索することができる「UICloud」がとて…

  5. Web Service

    黄金比を自動計算してくれる便利なツール

    サイトをデザインする時に黄金比を取り入れることによって見栄えが良くなり…

  6. Spotifyでクロスフェードさせる設定方法

    Web Service

    Spotifyで曲と曲の境目をDJっぽくクロスフェードさせる設定方法

    最近よくSpotifyで音楽を聴いています。あまりにも便利なのでプレミ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. M360bt
  2. BQ-CASE/1

アーカイブ

PAGE TOP