Web Service

PNG画像をブラウザ上にアップロードするだけでファイルサイズを圧縮することができる「PunyPNG」

ブラウザ上でローカルに保存してある画像をアップロードするだけで簡単にファイルサイズを圧縮することができる「PunyPNG」を使ってみました。パソコンにインストールしなくてもいいのでこれはめっちゃ便利ですね。PNG以外にもJPGやGIFも圧縮できるみたいです。こういうツールを覚えておくと何かと作業も楽になりそうですね。

[ads_center]

使い方

使い方はとても簡単です。「UPLOAD IMAGES」のクリックして圧縮したい画像ファイルをアップロードするだけです。これだけで自動でファイルサイズが圧縮されます。

PunyPNGの使い方01

実際にアップロードしてみるとこんな感じでちゃんと圧縮されます。

PunyPNGの使い方02

「DOWNLOAD」をクリックすると圧縮したファイルをダウンロードできます。

なかなか圧縮率も高いのではないでしょうか。ブログでたくさん画像を使う人もこれを使えば簡単にファイスサイズを節約できるのでページの読み込みも速くなりそうですね。

Macでコピペを多用する時に絶対入れた方がいいアプリ「Kopypasta」を使ってみた前のページ

Googleニュースで自分の好きなキーワードのRSSを取得する方法次のページ

関連記事

  1. Chrome拡張機能「PageSpeed Insights」

    Web Service

    「PageSpeed Insights」のChrome拡張機能があったのでインストールしてみた

    以前ご紹介したWebサイトを高速化するためのGoogleツール「Pag…

  2. Web Service

    最大150枚の画像を一気にリサイズできる「Bulk Resize Photos」

    複数の画像を一気にリサイズすることができる便利なサービス「Bulk R…

  3. Web Service

    簡単にグラデーション、角丸、ボックスシャドウなんかを作成できるジェネレーター「CSS3 Genera…

    グラデーションや角丸、ボックスシャドウなどのCSS3コードを生成してく…

  4. CSS Color Chart

    Web Service

    CSSのカラーネーム、HEX、RGBを1クリックでコピーできるカラーチャート「CSS Color C…

    CSS Color Chartがとても便利だったのでご紹介します。とて…

  5. Web Service

    画像を右クリックから簡単にサイズやパス、容量などを確認できるChrome拡張機能「Image Pro…

    Web制作をしている時にプレビュー画面から手軽に画像サイズやパス(UR…

  6. Web Service

    CSSで多彩なエフェクトをつけることができるジェネレーター「CSSPainter」

    CSSで多彩なエフェクトをつけることができるジェネレーター「CSSPa…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ゴムの耳栓
  2. ライオンコーヒー(バニラマカダミア)
PAGE TOP