Web Service

PNG画像をブラウザ上にアップロードするだけでファイルサイズを圧縮することができる「PunyPNG」

ブラウザ上でローカルに保存してある画像をアップロードするだけで簡単にファイルサイズを圧縮することができる「PunyPNG」を使ってみました。パソコンにインストールしなくてもいいのでこれはめっちゃ便利ですね。PNG以外にもJPGやGIFも圧縮できるみたいです。こういうツールを覚えておくと何かと作業も楽になりそうですね。

[ads_center]

使い方

使い方はとても簡単です。「UPLOAD IMAGES」のクリックして圧縮したい画像ファイルをアップロードするだけです。これだけで自動でファイルサイズが圧縮されます。

PunyPNGの使い方01

実際にアップロードしてみるとこんな感じでちゃんと圧縮されます。

PunyPNGの使い方02

「DOWNLOAD」をクリックすると圧縮したファイルをダウンロードできます。

なかなか圧縮率も高いのではないでしょうか。ブログでたくさん画像を使う人もこれを使えば簡単にファイスサイズを節約できるのでページの読み込みも速くなりそうですね。

関連記事

  1. Web Service

    テキストや画像はもちろん!手軽にiPhoneからエバノートにメモできるアプリ「Tap2Ever」を使…

    出先でちょっとしたメモなんかをサクっとエバノートにアップロードできるi…

  2. Web Service

    iPadで人気の手書きノートアプリ「Note Anytime」のiPhone版が登場したので使ってみ…

    iPadの手書きノートアプリとして話題となった「Note Anytim…

  3. ヘボン式ローマ字

    Web Service

    ヘボン式ローマ字を使う時の注意事項や便利な一覧表、入力変換サービスなど

    ヘボン式ローマ字を使う時の注意事項や便利な一覧表、入力変換サービスなど…

  4. Web Service

    自分の興味にあったニュースや記事を推薦してくれる「Gunosy(グノシー)」を使ってみた

    自分の興味に合うニュースや記事を推薦してくれるGunosy(グノシー)…

  5. HatebuReader

    Web Service

    はてブのタグを登録していつでも手軽にその最新記事をチェックできるiPhoneアプリ「HatebuRe…

    とても便利なiPhoneアプリがあったのでご紹介します。はてブで自分が…

  6. Web Service

    話題のiPhoneのTODO管理アプリ「Clear」を使ってみた

    いくつかの記事で話題になっていたTODO管理アプリのClearがいつの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Waterlogue
  2. macOS Mojaveのダークモード
  3. Olli
  4. 単語帳メーカー(Flashcard Maker App)

Facebookページ

PAGE TOP