Web Service

PNG画像をブラウザ上にアップロードするだけでファイルサイズを圧縮することができる「PunyPNG」

ブラウザ上でローカルに保存してある画像をアップロードするだけで簡単にファイルサイズを圧縮することができる「PunyPNG」を使ってみました。パソコンにインストールしなくてもいいのでこれはめっちゃ便利ですね。PNG以外にもJPGやGIFも圧縮できるみたいです。こういうツールを覚えておくと何かと作業も楽になりそうですね。

[ads_center]

使い方

使い方はとても簡単です。「UPLOAD IMAGES」のクリックして圧縮したい画像ファイルをアップロードするだけです。これだけで自動でファイルサイズが圧縮されます。

PunyPNGの使い方01

実際にアップロードしてみるとこんな感じでちゃんと圧縮されます。

PunyPNGの使い方02

「DOWNLOAD」をクリックすると圧縮したファイルをダウンロードできます。

なかなか圧縮率も高いのではないでしょうか。ブログでたくさん画像を使う人もこれを使えば簡単にファイスサイズを節約できるのでページの読み込みも速くなりそうですね。

関連記事

  1. Web Service

    ATOK Pad(Mac)を使ってみたら呼び出しも簡単で使いやすかった

    ATOK Pad(Mac)をインストールしてみました。ちょっとしたメモ…

  2. Shazam

    Web Service

    【超便利】この曲なんだろうと思う曲を一発で教えてくれる便利なiPhoneアプリ「Shazam」

    個人的にすごい便利なiPhoneアプリを発見したのでご紹介します。「S…

  3. Web Service

    CSSで吹き出しをサクっと作ることができる便利なツール「cssarrowplease」

    CSSでとても簡単に吹き出しを作ってくれる便利なツール「cssarro…

  4. Web Service

    あとで読むiPhoneアプリ「Read It Later」の基本的な設定や簡単な使い方

    あとで読むためのiPhoneアプリ「Read It later」が流行…

  5. Web Service

    色々なブランドカラーの値を知ることができる「BrandColors」

    ちょっとした参考になりそうだったのでメモがてらご紹介します。色々なブラ…

  6. Web Service

    JavaScriptのソースコードを1クリックで簡単に圧縮してくれる「/packer/」を使ってみた…

    JavaScriptのコードを1クリックで簡単に圧縮してくれる便利なツ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 落ち葉と雪
  2. SOL001
  3. 末廣ラーメン

アーカイブ

PAGE TOP