ヘボン式ローマ字

Web Service

ヘボン式ローマ字を使う時の注意事項や便利な一覧表、入力変換サービスなど

ヘボン式ローマ字を使う時の注意事項や便利な一覧表、入力変換サービスなどのご紹介。ローマ字を扱う時って結構ありますよね。例えばURLを決める時なんかもそうですよね。で、そんな時に迷うのが「ji」や「zi」どっちを使うのが正しいのかという問題。こんな時はヘボン式ローマ字で統一するのがよさそうです。日本のパスポートのローマ字氏名でも原則としてヘボン式が使われています。

[ads_center]

具体的な使い方

具体的にヘボン式を使う際に注意したい項目がいくつかあります。

【撥音】「ん」は「N」

「ん」は「N」で表記します。例えば「ずんだ」は「zunda」となります。パソコンでは「NN」と打って「ん」になることから「NN」で表記したくなりますが、ヘボン式では「N」になるので注意が必要です。

【促音】「っ」は子音を重ねる

促音の場合は子音を重ねて表記します。例えば「きっぷ」は「kippu」となります。

【長音】表記させない

長音はヘボン式では表記しません。例えば「ちゅうおう」は「chuo」となります。「○○おう」や「〇〇おお」の時は注意したほうがよさそうです。そういえば「東京」も「Tokyo」と書きますもんね。

ということで、全部覚えるのも大変という方は以下の一覧表や入力変換サービスなどを使えばいいかと思います。

関連記事

  1. Web Service

    現在のブラウザサイズをリアルタイムで教えてくれる「What’s My Browser S…

    かなりシンプルでよさげなWebサービスがあったのでご紹介します。現在の…

  2. Web Service

    あとで読むサービス「Read it Later」をMacで快適に読むアプリ「ReadNow」

    iPhoneであとで読むアプリとしてRead it Laterを使って…

  3. Flat UI Colors

    Web Service

    フラットデザインに合う配色のカラーコードを取得できる「Flat UI Colors」

    流行のフラットデザインに合う配色を集めたツール「Flat UI Col…

  4. Web Service

    iPhoneの人気のカメラアプリ「プロカメラ」がすごくよかったのでその基本的な使い方

    iPhoneアプリで人気の高いカメラアプリ「プロカメラ」を使ってみまし…

  5. Web Service

    文字をペーストするだけで文字数をカウントしてくれるChrome拡張機能「文字数カウンタ」

    何気に入れておけば便利かと思ったのでインストールしてみました。文字をペ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Dyson Pure Cool Me
  2. ルック セレクション
  3. シルキーウインドモバイル
  4. アリエール パワージェルボール3D

アーカイブ

PAGE TOP