ヘボン式ローマ字

Web Service

ヘボン式ローマ字を使う時の注意事項や便利な一覧表、入力変換サービスなど

ヘボン式ローマ字を使う時の注意事項や便利な一覧表、入力変換サービスなどのご紹介。ローマ字を扱う時って結構ありますよね。例えばURLを決める時なんかもそうですよね。で、そんな時に迷うのが「ji」や「zi」どっちを使うのが正しいのかという問題。こんな時はヘボン式ローマ字で統一するのがよさそうです。日本のパスポートのローマ字氏名でも原則としてヘボン式が使われています。

[ads_center]

具体的な使い方

具体的にヘボン式を使う際に注意したい項目がいくつかあります。

【撥音】「ん」は「N」

「ん」は「N」で表記します。例えば「ずんだ」は「zunda」となります。パソコンでは「NN」と打って「ん」になることから「NN」で表記したくなりますが、ヘボン式では「N」になるので注意が必要です。

【促音】「っ」は子音を重ねる

促音の場合は子音を重ねて表記します。例えば「きっぷ」は「kippu」となります。

【長音】表記させない

長音はヘボン式では表記しません。例えば「ちゅうおう」は「chuo」となります。「○○おう」や「〇〇おお」の時は注意したほうがよさそうです。そういえば「東京」も「Tokyo」と書きますもんね。

ということで、全部覚えるのも大変という方は以下の一覧表や入力変換サービスなどを使えばいいかと思います。

関連記事

  1. Web Service

    iPhoneアプリのRead it LaterがPocketにリニューアルしたので使ってみたらヤバか…

    ふと、iPhoneを弄っていたらアップデートできるアプリがあったのでし…

  2. placekitten

    Web Service

    Webサイト作成時に可愛い猫のダミー画像を用意してくれる「placekitten」

    とても素敵なWebサービスがあったのでご紹介します。Webサイトを作成…

  3. Web Service

    エバノートにノートリンク機能があることを知らなかったので使ってみた

    エバノートにノートリンク機能なんてのがあるみたいですね。知らなかったで…

  4. Web Service

    iPhoneで人気のメールクライアント「Sparrow」を使ってみたのでメール設定など色々

    iPhone版のメールクライアント「Sparrow」を使ってみました。…

  5. Web Service

    iPhoneからWordPressの投稿や固定ページ編集、コメント承認もできるアプリ「WordPre…

    前回iPhoneからWordPressの記事を投稿、編集できるアプリ「…

  6. Chrome拡張機能「PageSpeed Insights」

    Web Service

    「PageSpeed Insights」のChrome拡張機能があったのでインストールしてみた

    以前ご紹介したWebサイトを高速化するためのGoogleツール「Pag…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. TAP-F27-2KP
  2. M32ミニ
  3. CITTA TT5.0
  4. Kindle Oasis

アーカイブ

PAGE TOP