ヘボン式ローマ字

Web Service

ヘボン式ローマ字を使う時の注意事項や便利な一覧表、入力変換サービスなど

ヘボン式ローマ字を使う時の注意事項や便利な一覧表、入力変換サービスなどのご紹介。ローマ字を扱う時って結構ありますよね。例えばURLを決める時なんかもそうですよね。で、そんな時に迷うのが「ji」や「zi」どっちを使うのが正しいのかという問題。こんな時はヘボン式ローマ字で統一するのがよさそうです。日本のパスポートのローマ字氏名でも原則としてヘボン式が使われています。

[ads_center]

具体的な使い方

具体的にヘボン式を使う際に注意したい項目がいくつかあります。

【撥音】「ん」は「N」

「ん」は「N」で表記します。例えば「ずんだ」は「zunda」となります。パソコンでは「NN」と打って「ん」になることから「NN」で表記したくなりますが、ヘボン式では「N」になるので注意が必要です。

【促音】「っ」は子音を重ねる

促音の場合は子音を重ねて表記します。例えば「きっぷ」は「kippu」となります。

【長音】表記させない

長音はヘボン式では表記しません。例えば「ちゅうおう」は「chuo」となります。「○○おう」や「〇〇おお」の時は注意したほうがよさそうです。そういえば「東京」も「Tokyo」と書きますもんね。

ということで、全部覚えるのも大変という方は以下の一覧表や入力変換サービスなどを使えばいいかと思います。

関連記事

  1. PageSpeed Insights

    Web Service

    Webサイト高速化にするための必要項目を教えてくれるGoogleツール「PageSpeed Insi…

    Webサイトを高速化にするために必要な項目を教えてくれるGoogleツ…

  2. Web Service

    ChromeでクリックするだけでPocket (Formerly Read It Later)に保存…

    あとで読むためのWebサービスでPocketを使ってるんですが、Chr…

  3. Web Service

    iPhoneでWikipediaを調べるためのアプリ「Wikiamo」が便利すぎる

    最近色々調べものをする機会が多くて、何かiPhoneで便利なアプリでも…

  4. Web Service

    簡単にグラデーション、角丸、ボックスシャドウなんかを作成できるジェネレーター「CSS3 Genera…

    グラデーションや角丸、ボックスシャドウなどのCSS3コードを生成してく…

  5. Web Service

    iPadで人気の手書きノートアプリ「Note Anytime」のiPhone版が登場したので使ってみ…

    iPadの手書きノートアプリとして話題となった「Note Anytim…

  6. Web Service

    キャッチコピーや文章作成に便利!類語を教えてくれる「文章リライトツール」

    ブログを書いたりキャッチコピーをつくったり文章作成するひとにとって役立…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. macOS Mojaveのダークモード
  2. Olli
  3. 単語帳メーカー(Flashcard Maker App)
  4. 1Password 7

Facebookページ

PAGE TOP