iPhoneデフォルトアプリ「天気」

Web Service

iPhoneのデフォルトアプリ「天気」が意外と使いやすかった

iPhoneにデフォルトで入っているアプリ「天気」が意外と使いやすかったので記事にしてみました。五日間先の天気を知ることができるし、時間別の天気も知ることができます。地域も複数登録しておくことができるので大体の天気はこれで確認できそうですね。もっと詳しい情報を知りたい時は以前ご紹介したそら案内の方が詳細を知ることができます。

[ads_center]

使い方

天気アプリ

このように、五日間先の天気や時間別の天気を知ることができます。もちろん、最高気温・最低気温もちゃんと表示されてますね。地域を登録するには、右下にあるアイコンをタップします。

地域を登録

左上にある「+」のアイコンから追加していくことができます。

シンプルな機能なので意外と使いやすいですね。今まであまり使ってこなかったんですが、サクっと確認したい時はこれで充分かと思います。

瞬時に呼び出すことができる

また、アプリをいちいち探して起動させる必要もなく、画面の上の方から下へスワイプさせることで瞬時に天気を表示させることができます。これがとても便利ですね。

週間天気も確認できる

天気の場所をスワイプすることでこのように週間天気も確認できます。

ということで、意外と使いやすいiPhoneのデフォルト天気アプリについてでした。

関連記事

  1. Web Service

    CSSでBorder Radiusだけのコードを生成してくれるジェネレーター「CSS Border …

    CSSでBorder Radiusだけのコードを生成してくれるジェネレ…

  2. Web Service

    日本にいる住所を英語の住所に簡単に変換してくれるWebサービス「JuDress」

    日本にいる住所を英語の住所に簡単に変換してくれるWebサービス「JuD…

  3. Web Service

    簡単にグラデーション、角丸、ボックスシャドウなんかを作成できるジェネレーター「CSS3 Genera…

    グラデーションや角丸、ボックスシャドウなどのCSS3コードを生成してく…

  4. Web Service

    住所や建物名を入力するとGoogleマップの座標を取得することができる

    地図上で、ある地点の座標を知りたいといった時があるかと思います。そんな…

  5. Web Service

    Webページを綺麗に読みやすくしてくれてエバノートにも保存できるChrome拡張機能「Clearly…

    Chromeで閲覧中のWebページやブログ記事を綺麗に読みやすくしてく…

  6. Web Service

    iPhoneアプリのRead it LaterがPocketにリニューアルしたので使ってみたらヤバか…

    ふと、iPhoneを弄っていたらアップデートできるアプリがあったのでし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Olli
  2. 単語帳メーカー(Flashcard Maker App)
  3. 1Password 7
  4. 風に揺れる草

Facebookページ

PAGE TOP