Web Service

WebサイトのタイトルとURLを簡単に取得できて自分用HTMLリンクも作成できるChrome拡張機能「Create Link」

現在見ているWebサイトのタイトルとURLを簡単に取得できたり、自分用のHTMLリンクも作成することができるChrome拡張機能「Create Link」をインストールしてみました。これはかなり便利ですね。以前、ご紹介した「Copy Title+URL to clipboard」と似たような拡張機能ですが、今回のは自分用のHTMLを作成できるという点が素晴らしいですね。

[ads_center]

使い方

Chromeにインストールすると、画面右上にアイコンが追加されます。

Create Linkをインストール

タイトルとURLを取得したいWebサイトを開いた状態で、このアイコンをクリックすると、以下の3つの項目が表示されます。

  • Plain text
  • HTML
  • mediaWiki

上記のいずれかをクリックすると、その項目の形式に合ったタイトルとURLを取得することができます。具体的にはこんな感じです。

↓ Plain text
bl6.jp http://bl6.jp/
↓ HTML
<a href="http://bl6.jp/">bl6.jp</a>
↓ mediaWiki
[http://bl6.jp/ bl6.jp]

で、この他にも「Configure」という項目から自分で好きな形式のリンクを作成することができます。

Configureを選択

Formatsという項目があるので、下にある「+」をクリックして、自分の好きな形式を作成します。

自分の好きな形式を作成

このように、自分がよく使う形式を登録しておくととても便利です。

自分用HTMLリンクを作成

登録して、再度、アイコンをクリックしてみると、以下のように先程登録した形式が選択できるようになります。

登録した形式が選択できる

ということで、ブログで記事を書いたりしていると、タイトルとURLのリンクが欲しい時って結構あったりするので、この拡張機能はかなり使う頻度がありそうです。自分のブログに合うHTML用のリンクを登録しておくと手間が省けてオススメです。

以下からインストールできます。

関連記事

  1. ブラウザメモ帳

    Web Service

    ブラウザメモ帳がとても便利

    ブラウザメモ帳はブラウザに直接メモが出来る便利なWebサービスです。ブ…

  2. Web Service

    サクっと簡単にクールなロゴを作成することができる「GraphicSprings」

    こういうサイトのおかげで誰でも簡単にプロが作ったようなロゴを作成するこ…

  3. Web Service

    画像を指定すれば色の値を教えてくれるジェネレーター「Color Palette Generator」…

    便利そうだったので使ってみました。画像のURLを指定すれば、その画像に…

  4. Spotifyでクロスフェードさせる設定方法

    Web Service

    Spotifyで曲と曲の境目をDJっぽくクロスフェードさせる設定方法

    最近よくSpotifyで音楽を聴いています。あまりにも便利なのでプレミ…

  5. Web Service

    これは凄い!色んなCSSを生成してくれるジェネレーター「Generate CSS」

    Generate CSSというジェネレーターが凄かったのでご紹介します…

  6. Web Service

    エバノートにノートリンク機能があることを知らなかったので使ってみた

    エバノートにノートリンク機能なんてのがあるみたいですね。知らなかったで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. M360bt
  2. BQ-CASE/1

アーカイブ

PAGE TOP