Web Service

WebサイトのタイトルとURLを簡単に取得できて自分用HTMLリンクも作成できるChrome拡張機能「Create Link」

現在見ているWebサイトのタイトルとURLを簡単に取得できたり、自分用のHTMLリンクも作成することができるChrome拡張機能「Create Link」をインストールしてみました。これはかなり便利ですね。以前、ご紹介した「Copy Title+URL to clipboard」と似たような拡張機能ですが、今回のは自分用のHTMLを作成できるという点が素晴らしいですね。

[ads_center]

使い方

Chromeにインストールすると、画面右上にアイコンが追加されます。

Create Linkをインストール

タイトルとURLを取得したいWebサイトを開いた状態で、このアイコンをクリックすると、以下の3つの項目が表示されます。

  • Plain text
  • HTML
  • mediaWiki

上記のいずれかをクリックすると、その項目の形式に合ったタイトルとURLを取得することができます。具体的にはこんな感じです。

↓ Plain text
bl6.jp http://bl6.jp/
↓ HTML
<a href="http://bl6.jp/">bl6.jp</a>
↓ mediaWiki
[http://bl6.jp/ bl6.jp]

で、この他にも「Configure」という項目から自分で好きな形式のリンクを作成することができます。

Configureを選択

Formatsという項目があるので、下にある「+」をクリックして、自分の好きな形式を作成します。

自分の好きな形式を作成

このように、自分がよく使う形式を登録しておくととても便利です。

自分用HTMLリンクを作成

登録して、再度、アイコンをクリックしてみると、以下のように先程登録した形式が選択できるようになります。

登録した形式が選択できる

ということで、ブログで記事を書いたりしていると、タイトルとURLのリンクが欲しい時って結構あったりするので、この拡張機能はかなり使う頻度がありそうです。自分のブログに合うHTML用のリンクを登録しておくと手間が省けてオススメです。

以下からインストールできます。

Photoshopで画像一括リサイズPhotoshopでたくさんある画像を一括リサイズするやり方前のページ

Webページの長いタイトルを画面隅っこに表示させることができるChrome拡張機能「Show Title Tag」次のページShow Title Tag

関連記事

  1. Web Service

    住所や建物名を入力するとGoogleマップの座標を取得することができる

    地図上で、ある地点の座標を知りたいといった時があるかと思います。そんな…

  2. Web Service

    CSSでテキストを円や波のように配置してくれるジェネレーター「CSSWARP」を使ったみた

    面白そうなCSSジェネレーターがあったので使ってみました。好きなテキス…

  3. Web Service

    数多くのUIエレメントを検索することができる「UICloud」

    たくさんのUIエレメントを検索することができる「UICloud」がとて…

  4. Spotifyでクロスフェードさせる設定方法

    Web Service

    Spotifyで曲と曲の境目をDJっぽくクロスフェードさせる設定方法

    最近よくSpotifyで音楽を聴いています。あまりにも便利なのでプレミ…

  5. Web Service

    iPhoneで撮影した写真の個人情報などにモザイクや黒の塗りつぶしで隠すことができるアプリ「hide…

    iPhoneで撮影した写真で顔やメールアドレスなどの個人情報が写ってい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 冬用のふとん
  2. 田沢湖
  3. ゴムの耳栓
  4. ライオンコーヒー(バニラマカダミア)
PAGE TOP